KJ1 F・T・O

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
KJ1 F・T・O
関ジャニ∞スタジオ・アルバム
リリース
録音 2005年 - 2006年
ジャンル J-POP演歌・歌謡曲
ロック
レーベル テイチクレコード
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 2位(オリコン[1]
  • ゴールドディスク
  • プラチナ(日本レコード協会
  • 関ジャニ∞ アルバム 年表
    感謝=∞
    2004年
    KJ1 F・T・O
    (2006年)
    KJ2 ズッコケ大脱走
    2007年
    関ジャニ∞ スタジオ・アルバム 年表
    KJ1 F・T・O
    2006年
    KJ2 ズッコケ大脱走
    2007年
    『KJ1 F・T・O』収録のシングル
    1. 大阪レイニーブルース
      リリース: 2005年3月2日 (2005-03-02)
    2. 好きやねん、大阪。/桜援歌(Oh!ENKA)/無限大
      リリース: 2005年9月14日 (2005-09-14)
    3. 大阪ロマネスク
      リリース: 2006年6月7日 (2006-06-07)
    テンプレートを表示

    KJ1 F・T・O』(ケージェーワン エフ・ティー・オー)は、関ジャニ∞の1枚目のフル・アルバム2006年3月15日テイチクレコードから発売された[2]

    概要[編集]

    • 自身初となるフル・アルバムである[注 1]
    • 内博貴が脱退し、7人体制になって以降、初のアルバムである。
    • CDは初回限定盤、通常盤の2形態で発売。
    • シングル曲「大阪レイニーブルース」「好きやねん、大阪。/桜援歌(Oh!ENKA)/無限大[注 2]等、全形態共通で全14曲を収録[3]
    • タイトルは『ファンキー・タウン・オオサカ(Funky Town Osaka)』という意を含んでいる。尚、本作の表題曲「F・T・O」の歌詞に「Funky Town Osaka」が含まれている。
    • 初回限定盤の特典DVDには、「裏Spirits!!」と題し、2ndライブDVD『Spirits!!』のバックステージを収録[3]
    • 通常盤初回プレスには、グループ内のユニット、三兄弟の初のCDやオリジナルジャケットを封入[3]
    • 初回限定盤と通常盤初回プレスの2種類を買うと、プレゼントに応募出来た[4]
    • 2006年3月11 - 24日、本作の発売を記念し、東京・大阪・仙台の街頭ビジョンにて関ジャニ∞のスポット映像が放映された[4]

    各形態概要[編集]

    各形態限定曲
    曲名 形態
    プリン三兄弟 通常盤(初回プレス分)
    オニギシ(三兄弟)
    特典
    特典内容 形態
    特典DVD(詳細は「#特典DVD」を参照) 初回限定盤
    ロゴステッカー
    特典CD(詳細は「#特典CD」を参照) 通常盤(初回プレス分)
    『三兄弟』CDオリジナルジャケット

    販売形態[編集]

    • 発売日:2006年3月15日
      • 初回限定盤(TECI-1028:CD+DVD)
        • ロゴステッカー封入
      • 通常盤:初回プレス盤(TECI-1038、CD-60008:2CD)
        • 特典CD:『三兄弟』CD封入
        • 『三兄弟』CDオリジナルジャケット封入
      • 通常盤(TECI-1038:CD)
    • 発売日:2015年7月1日
    • 発売日:2019年7月12日
      • 通常盤:十五催ハッピープライス盤(JSNC-1581:CD)
        • 自身の配信アプリ『関ジャニ∞アプリ』対応のため、15%オフでの再発売。

    収録曲[編集]

    CD[編集]

    1. F・T・O
      • 本作の表題曲
    2. 悲しい恋
    3. 大阪ロマネスク
    4. 太陽の子供 - 横山裕村上信五丸山隆平大倉忠義
    5. Carnival - 丸山隆平・大倉忠義
    6. 無限大 (KJ1 mix)
    7. 果テナキ空 - 安田章大錦戸亮
    8. Heat is on
    9. ミセテクレ
      • RAP詞をメンバーの安田章大が制作している。
    10. 桜援歌 (Oh! ENKA) (KJ1 mix)
      • 3rdシングルの2曲目のアルバムバージョン
      • NHK教育アニメ『忍たま乱太郎』第17代目エンディングテーマ[9]
      • 出だしの台詞をシングルでは村上が務めていたが、本作では横山が務めた。
    11. それでイイんじゃない - 村上信五・錦戸亮・大倉忠義
    12. ONE - すばるBAND
      • 渋谷がボーカルを務めるグループ内のバンド「すばるBAND」名義の楽曲であり、作詞は同バンドに所属している「SUBARU」名義の渋谷が、作曲は同じく安田が制作しており、バンドとして編曲と演奏を担当している。
    13. 大阪レイニーブルース [ver.KJ1]
      • 2ndシングルのアルバムバージョン
      • シングルとは異なり、渋谷すばるのソロで始まり、脱退した内博貴のソロパートがすべて錦戸亮に差し変わっている。
    14. 好きやねん、大阪。
      • 3rdシングルの1曲目
      • ハウス食品『好きやねん』CMソング[9]
      • 表記はないが、シングル通常盤収録バージョンを収録。

    特典CD(通常盤 初回プレス)[編集]

    1. プリン - 三兄弟
      • 横山・渋谷・安田のグループ内のユニット「三兄弟」名義の楽曲であり、作詞は同ユニットに所属している「ユウ」名義の横山が、作曲は同じく「チパ」名義の安田が制作している[10]
    2. オニギシ - 三兄弟
      上述の同様、三兄弟の楽曲であり、作詞は横山が、作曲は安田が制作している。

    特典DVD(初回限定盤)[編集]

    1. 裏Spirits!!
      DVD『Spirits!!』の舞台裏の模様を収録。

    タイアップ[編集]

    ※表記は発売順

    メンバー作[編集]

    メンバー演奏曲[編集]

    ※アルバムクレジットより

    脚注[編集]

    [脚注の使い方]

    注釈[編集]

    1. ^ ミニアルバムである前作『感謝=∞』からは約1年5ヶ月振りのリリース
    2. ^ この内、「大阪レイニーブルース」、「桜援歌(Oh!ENKA)」、「無限大」はシングルとは異なるバージョンである。
    3. ^ a b 本作には「KJ1 mix」を収録。
    4. ^ a b c d 編曲は"すばるBAND"名義
    5. ^ a b "チパ"名義
    6. ^ a b c d 通常初回プレス盤のみ
    7. ^ 作詞は"SUBARU"名義
    8. ^ a b "ユウ"名義

    出典[編集]

    1. ^ “関ジャニ8 アルバムで31年ぶり快挙”. スポニチ Sponichi Annex. (2006年3月21日). オリジナルの2007年1月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070108060252/http://www.sponichi.co.jp:80/entertainment/special/2005jya/KFullNormal20060321040.html 2021年9月2日閲覧。 
    2. ^ “関ジャニ∞ 14万人動員”. デイリースポーツ. (2006年3月7日). オリジナルの2006年7月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20060721224205/http://www.daily.co.jp/gossip/2006/03/07/207436.shtml 2021年9月2日閲覧。 
    3. ^ a b c KJ1 F・T・O”. 関ジャニ∞ / IMPERIAL RECORDS. テイチクエンタテインメント (2006年). 2021年9月2日閲覧。
    4. ^ a b 関ジャニ∞(エイト)”. TEICHIKU RECORDS (2006年). 2006年4月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月2日閲覧。
    5. ^ a b @osaka_fc (2018年6月19日). "大阪観光テーマソングとして採用した「大阪ロマネスク」の楽曲を使用し、同楽曲のミュージックビデオ映像(全て大阪で撮影)を音楽とともに展開" (ツイート). Twitterより2021年9月2日閲覧
    6. ^ “関ジャニ∞、5年ぶりベストアルバム&6年連続5大ドームツアー決定”. ORICON NEWS. (2018年3月18日). https://www.oricon.co.jp/news/2107767/full/ 2021年9月2日閲覧。 
    7. ^ a b ダイブ・トゥ・ザ・フューチャー - ドラマ詳細データ”. テレビドラマデータベース (2006年). 2021年9月3日閲覧。
    8. ^ a b “SMAP剛と関ジャニ“初共演”「ロボッツ」で吹き替え”. SANSPO.COM. (2005年7月1日). オリジナルの2005年7月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20050703022401/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200506/gt2005070107.html 2021年9月2日閲覧。 
    9. ^ a b c d “関ジャニ∞ 7人で初新曲”. デイリースポーツ. (2005年8月19日). オリジナルの2005年12月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20051228221947/http://www.daily.co.jp/gossip/2005/08/19/184039.shtml 2021年9月2日閲覧。 
    10. ^ 関ジャニ∞(エイト) [プロフィール]”. TEICHIKU RECORDS (2006年). 2006年4月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月2日閲覧。