KKR法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

KKR法とは、J. Korringa, W. Kohn, N. Rostokerらにより考案された全電子計算法のこと[1] [2]

彼らの名前の文字からKKR法と呼ばれるが、計算手法の基礎にグリーン関数が用いられることからグリーン関数法とも呼ばれる。

電子の散乱理論を基礎においており、グリーン関数とCPA近似との相性のよさから、この手法によりはじめてCPA近似が第一原理計算に導入され合金の計算などを可能にした。

脚注[編集]

  1. ^ J. Korringa, Physica, 13, 392 (1947).
  2. ^ W. Kohn and N. Rostoker, Phys. Rev. 94, 1111 (1954).

関連項目[編集]