KM-MARKIT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
KM-MARKIT
別名 ケムマキ、煙巻
生誕 (1976-12-16) 1976年12月16日(42歳)
出身地 日本の旗 東京都
ジャンル ヒップホップ
職業 MC
活動期間 1998年 -
事務所 RAIDERMUZIK RECORDS
テンプレートを表示

KM-MARKIT(ケムマキ、1976年12月16日 -)は、東京都出身のミュージシャン

<プロフィール>[編集]

2005年、ポニーキャニオンよりアルバム"VIVID"でメジャーデビュー。倖田來未、久保田利伸、ZEEBRA、Full Of Harmony等のアーティストの楽曲へ参加する。2006年9月、日本初のスノーボード映画「bd」に主題歌を提供。2006年12月、セカンドアルバム"MARK OUT"を発表。2011年、自身がプロデュースするHIPHOPグループ「THE RAIDERS」のアルバムをリリース。更に作家としても活動を開始し、w-inds.、KEITA、SHOW、防弾少年団等のアーティストの楽曲を制作する。

<ディスコグラフィー>[編集]

ソロ作品[編集]

  • VIVID(2005年4月)
  • MARK OUT(2006年12月)(テレビ東京系「流派-R」2006年12月度オープニングテーマ/テレビ東京系 「怒りオヤジ3」 エンディング/日本海テレビ系 「プリン・ス」 エンディングテーマ "バカヤROW feat.VERBAL"収録)

参加楽曲[編集]

  • Doytena 2000 (LIBRO feat. ARK, KEMUMAKI, DOBINSKI)
    LIBRO 「胎動」 トラック7 (1998年12月25日)
  • THE SHOW CASE (THREE THE HARD WAY) (LOW IQ 01 × ZEEBRA & UBG FAMILY)
    オムニバス 「MAD MAXX」 トラック5 (2000年2月19日)
  • BEAT BOXING (ZEEBRA featuring KM-MARKIT)
    ZEEBRA 「BASED ON A TRUE STORY」 トラック5 (2000年6月14日)
  • 嘘八百 (三善/善三 feat. MICADELIC,INDEMORAL, KM-MARKIT, MINE神-HOLD, BACKGAMMON, DOBINSKI)
    三善/善三 「三善的大魔境」 トラック14 (2000年12月20日)
  • ONEWAY (KM-MARKIT)
    オムニバス 「N」 トラック8 (2001年11月20日)
  • URBAN BARBARLIAN GUERRILLA (UBG)
    オムニバス 「GUERRILLA GROWING PLATINUM」 トラック2 (2002年6月19日)
  • CHANGE THE GAME (DJ OASIS feat. K DUB SHINE, ZEEBRA, 童子-T, UZI, JA飛龍, O.J & S.T, KM-MARKIT)
    オムニバス 「Change The Game」 トラック1 (2002年12月18日)
  • G.Y.M (feat. OJ & ST, KM-MARKIT, BRZ)
    オムニバス 「NEW DEAL PRESENTS SHOW and PROVE」 トラック3 (2003年5月8日)
  • Stop the Violence (DJ YUTAKA feat. ZEEBRA, UZI, O.J & S.T, KM-MARKIT)
    DJ YUTAKA 「UNITED NATIONS III」 トラック3 (2003年9月26日)
  • THE TRAINING DAY (DJ MASTERKEY feat. ZEEBRA, UZI, OJ & ST, KM-MARKIT, CHINO)
    DJ MASTERKEY 「DADDY'S HOUSE VOL.3」 トラック7 (2005年1月26日)
    DJ MASTERKEY 「ADVENTURE OF DADDY'S HOUSE」 ディスク1 トラック4 (2006年6月7日)
  • Hot Stuff (倖田來未 feat. KM-MARKIT)
    倖田來未 「Hot Stuff feat. KM-MARKIT」 トラック1 (2005年4月13日)
    アルバム「secret」、オムニバスアルバム「STARZ presented by rhythm zone」にも収録
  • unreliable (小柳ゆき feat. KM-MARKIT remixed by FIRSTKLAS)
    オムニバス 「LOVE IS THE MESSAGE」 トラック3 (2005年5月21日)
  • IT'S ALL A G[@]ME (UBG REMIX) (ZEEBRA FEAT. GOTZ, CHINO, SUMI AND KM-MARKIT)
    ZEEBRA 「Street Dreams」 トラック3 (2005年6月1日)
  • MUSIC TRIBE (Full Of Harmony featuring Q, KM-MARKIT)
    Full Of Harmony 「DRAMA」 トラック2 (2006年1月11日)
  • Taste Of Honey (ZEEBRA feat. CO-KEY & KM-MARKIT)
    ZEEBRA 「The New Beginning」 トラック6 (2006年2月15日)
  • 久保田利伸/ Club Happiness (Brothahood Version feat.KM-MARKIT)

久保田利伸 「FOR REAL?」トラック12(2006年3月1日)

  • miray / BOX SEAT feat. KM-MARKIT

miray「miray」トラック1(2010年8月4日)

<WORKS>[編集]

<w-inds.>

・“FLY HIGH” (2012)(日本テレビ系「ハッピー Music」2月度オープニングテーマ)(日本テレビ系「ゲーマーズTV 夜遊び三姉妹」2月度エンディングテーマ)/作詞

・“Put your hands up !!!” (2012) (シングル”FLY HIGH”収録)/作詞

・“Superstar” (2012)(9thアルバム”MOVE LIKE THIS”収録)/作詞

・“SAY YES” (2012)(9thアルバム”MOVE LIKE THIS”収録)/作詞


<KEITA>

・”Magic feat. AKLO” (2013)(日本テレビ系「One Tree Hill」 セカンドシーズン エンディングテーマ)(1stアルバム”SIDE BY SIDE”収録)/作詞

・”Turn it up” (2013)(1stアルバム”SIDE BY SIDE”収録)/作詞

・”Hey Love” (2013)(1stアルバム”SIDE BY SIDE”収録)/作詞

・”One More Time” (2013)(1stアルバム”SIDE BY SIDE”収録)/作詞


<SHOW(羅志祥)>

・”Fantasy” (2014)(3rdシングル) /日本語詞作詞


<防弾少年団(BTS)>

・”NO MORE DREAM -Japanese Ver.-” (2014) /日本語詞作詞

・”進撃の防弾 -Japanese Ver.-” (2014) /日本語詞作詞

・”いいね! -Japanese Ver.-” (2014) /日本語詞作詞

・”BOY IN LUV -Japanese Ver.-” (2014) /日本語詞作詞

・”N.O -Japanese Ver.-” (2014) /日本語詞作詞

・”JUST ONE DAY -Japanese Ver.-” (2014) /日本語詞作詞

・”Danger -Japanese Ver.-” (2014) /日本語詞作詞

・”MISS RIGHT -Japanese Ver.-” (2014) /日本語詞作詞

・”THE STARS” (2014) /作曲・作詞・日本語詞作詞

・”JUMP -Japanese Ver.-” (2014) /日本語詞作詞

・”いいね!Pt.2~あの場所で~” (2014) /日本語詞作詞

・”WAKE UP” (2014) /日本語詞作詞

・”FOR YOU” (2015)(日本テレビ系『徳井と後藤と麗しのSHELLYが今夜くらべてみました』6月エンディングテーマ)(5thシングル) /日本語ラップ詞作詞

・”ホルモン戦争 -Japanese Ver.-” (2015) /日本語詞作詞

・”Let Me Know -Japanese Ver.”- (2015) /日本語詞作詞

・”I NEED U -Japanese Ver.-” (2015) /日本語詞作詞

・”DOPE ‐超ヤベー! -Japanese Ver.-” (2015) /日本語詞作詞

・”フンタン少年団 -Japanese Ver.-” (2015) /日本語詞作詞

・”RUN -Japanese Ver.-” (2016) /日本語詞作詞

・”Butterfly -Japanese Ver.-” (2016) /日本語詞作詞

・”Good Day” (2016) /日本語ラップ詞作詞

・”FIRE -Japanese Ver.-” (2016) /日本語詞作詞

・”SAVE ME -Japanese Ver.-” (2016) /日本語詞作詞

・”ペップセ -Japanese Ver.-” (2016)) /日本語詞作詞

・”Wishing on a star” (2016) /日本語ラップ詞作詞

・"EPILOGUE: Young Forever -Japanese Ver.-” (2016)) /日本語詞作詞

・”血、汗、涙 -Japanese Ver.-” (2017)(読売テレビ(日本テレビ系)全国ネット「ダウンタウンDX」5月度エンディングテーマ)(8thシングル) /日本語詞作詞

・”Not Today -Japanese Ver.-” (2017) /日本語詞作詞

・”Spring Day -Japanese Ver.-” (2017) /日本語詞作詞

・”MIC Drop -Japanese Ver.-” (2017) /日本語詞作詞

・”DNA -Japanese Ver.-” (2017) /日本語詞作詞

・”Best of Me -Japanese Ver.-” (2018) /日本語詞作詞

・”Go Go -Japanese Ver.-” (2018) /日本語詞作詞

・”Fake Love -Japanese Ver.-” (2018) /日本語詞作詞

・”Airplane pt.2 -Japanese Ver.-” (2018) /日本語詞作詞

・"Boy With Luv - Japanese Ver.-" (2019) /日本語詞作詞

・"Idol - Japanese Ver.-" (2019) /日本語詞作詞

<SWAY>

“NAKED” (2018) /作詞・作曲


<LEAD>

“Shampoo Bubble” (2017) /ラップ作詞

“Drop in the Box” (2019) /作曲


<SAMUEL>

・”SIXTEEN -Japanese Ver.-” (2018) /日本語詞作詞

・”Candy -Japanese Ver.-” (2018) /日本語詞作詞


関連項目[編集]