KNOCK OUT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

KNOCK OUT(ノックアウト)は、2016年に旗揚げされたキックボクシングイベント。ブシロード子会社・株式会社キックスロードが、運営を担当している。肘打ち有り、首相撲の膝蹴り有りの純キックボクシングルールで開催されている。

『選手のチケット手売り禁止』『観客が疲れずに観れるよう試合数は1大会で6~7試合』『キックボクシングの上位概念を作る』というテーマを掲げて旗揚げされた。

2017年1月から毎週金曜日23時からTOKYO MXとアプリのエムキャスにてレギュラー番組『キックボクシングKNOCKOUT!』を放送、その後BS11ぎふチャンテレビ和歌山三重テレビびわ湖放送tvk北陸放送でもそれぞれ放送を開始している。

概要[編集]

元キックボクサー・小野寺力が、主催を務めていた「NO KICK NO LIFE」にブシロードが参加し、新たに運営母体となる子会社を設立。「撃つ!蹴る!斬る!」をコンセプトとしてスタートした。

国内はもちろん、世界から強豪を集めパンチ・キック・ヒジ・ヒザありルールで、最強を決めるという旗印のもと立ち上げ。2016年9月14日にKNOCK OUTイベント発表記者会見が渋谷 O-EASTで行われ、那須川天心梅野源治が出席。また、初の公式戦として森井洋介 vs 髙橋一眞のキックボクシングマッチが行われた。

2016年12月5日には、東京ドームシティホールで旗揚げイベント「KNOCK OUT vol.0」が開催[1]。旗揚げ戦には、梅野源治那須川天心T-98長島☆自演乙☆雄一郎らが参戦[1]

2016年12月31日、「ブシロード10周年祭開催記念『劇場版ヴァンガ×ミルキィ×KNOCKOUT特番』」内のコーナーとして21時20分から22時まで「vol.0」のダイジェストを放送[2]

2017年1月1日23時からTOKYO MXにて旗揚げ大会『KNOCK OUT vol.0』の完全版が放送。1月からはTOKYO MXにて毎週放送のレギュラー番組が放送開始。2月12日には大田区総合体育館で第2回イベントが開催。12月には両国国技館に初進出。

2019年4月29日を最後に小野寺がプロデューサーを退任[3]。5月20日に山口元気が新プロデューサーに就任した[4]。また新たに声優の相羽あいながオフィシャルサポーターに就任した[5]。山口が代表を務めるREBELSとは業務提携という形となる[5]

ルール[編集]

  • 3分3Rまたは3分5Rで行われる、肘打ち・クリンチが認められた伝統のキックボクシングルール(K-1は肘打ちがない。ただし特別ルールによって肘打ち使用が制限される場合がある。)。ラウンド間のインターバルは1分。
  • 勝敗はレフェリーの判断によるノックアウト、テクニカルノックアウト、失格と、ジャッジによる判定の4種類で決する。
  • 判定はジャッジ3名による採点制。最終ラウンド後に集計し、ポイントの多い選手を2名以上のジャッジの同意により判定勝利とする。
  • 同時ノックアウト、もしくはジャッジ3名の採点により勝負が決定しない場合に引き分けとする。
  • ダウンして10秒以内に立ち上がれない、立ち上がった場合でも戦意がないと判断された場合、ノックアウトとする。3回のダウンでもノックアウトとなる。
  • 負傷などにより試合続行不可能とレフェリーが判断した場合、テクニカルノックアウトとする。セコンドがタオルを投入した場合にもレフェリー、もしくよりテクニカルノックアウトとする。
  • 反則となるのは、頭突き・投げ技・関節技。なお、クリンチに関しても消極的な場合は反則となるが、レフェリーによる制止の指示に従った場合は有効となる[6]

大会一覧[編集]

KNOCK OUT本戦

  • 2016年12月5日 KNOCK OUT vol.0東京ドームシティホール
  • 2017年
    • 2月12日 KNOCK OUT vol.1(大田区総合体育館
    • 4月1日 KNOCK OUT vol.2(大田区総合体育館)
    • 6月17日 KNOCK OUT vol.3(東京ドームシティホール)
    • 8月20日 KNOCK OUT vol.4(大田区総合体育館)
    • 10月4日 KNOCK OUT vol.5(後楽園ホール
    • 12月10日 KING OF KNOCK OUT 2017 両国(両国国技館
  • 2018年
    • 2月12日 KNOCK OUT FIRST IMPACT(大田区総合体育館)
    • 4月14日 KNOCK OUT SAKURA BURST(川崎市スポーツ・文化総合センター(カルッツかわさき))
    • 5月3日 KNOCK OUT 2018 OSAKA 1st(大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)第2競技場)
    • 6月8日 KNOCK OUT 2018 SURVIVAL DAYS(後楽園ホール)
    • 8月19日 KNOCK OUT SUMMER FES 2018(大田区総合体育館)
    • 9月8日 KNOCK OUT 2018 OSAKA 2nd(大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)第2競技場)
    • 10月7日 KNOCK OUT 2018 cross over(後楽園ホール)
    • 12月9日 KING OF KNOCK OUT 2018 両国国技館(両国国技館)
  • 2019年
    • 2月11日 KNOCK OUT 2019 WINTER「THE ANSWER IS IN THE RING」(大田区総合体育館)
    • 4月29日 KNOCK OUT 2019 SPRING「THE FUTURE IS IN THE RING」(ベルサール高田馬場
    • 8月18日 K.O CLIMAX 2019 SUMMER KICK FEVER(大田区総合体育館)
    • 10月4日 KNOCK OUT×REBELS(後楽園ホール)
    • 11月1日 KNOCK OUT 2019 BREAKING DAWN(後楽園ホール)

ROAD TO KNOCK OUT

  • 2017年5月10日 ROAD TO KNOCK OUT.1(渋谷TSUTAYA O-EAST
  • 2017年7月20日 ROAD TO KNOCK OUT.2(渋谷TSUTAYA O-EAST)
  • 2019年1月16日 ROAD TO KNOCK OUT.3(渋谷TSUTAYA O-EAST)

テーマ曲[編集]

ラウンドガール[編集]

前身である「NO KICK NO LIFE」と同様グラビアアイドルが務め、旗揚げ戦である「Vol.0」では岸明日香桜井奈津安枝瞳青山ひかるの4名が担当した[7]。「Vol.1」では安枝、青山が続投。AKANE、小田飛鳥が加わった[8]。その後安枝は古坂大魔王との結婚を機に放送席ゲストに配置換えとなり、安枝が産休に入ってからは古坂が放送席に登場するようになった。

青山は新体制に変わってからもラウンドガールで登場している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 9.14キックボクシング新イベント「KNOCK OUT」(ノックアウト)発表記者会見レポート - KNOCK OUT・2016年9月15日
  2. ^ ブシロード10周年祭開催記念「劇場版ヴァンガ×ミルキィ×KNOCKOUT特番」”. TOKYO MX (2016年12月24日). 2016年12月24日閲覧。
  3. ^ KNOCK OUT小野寺力プロデューサー退任に関するお知らせ KNOCK OUT 2019年4月29日
  4. ^ KNOCK OUT新体制発表記者会見 全容レポート公開! KNOCK OUT 2019年5月20日
  5. ^ a b 【会見】KNOCK OUTが新体制を発表!REBELS・山口氏がプロデューサーに就任し元女子レスラーの相羽あいながサポーターへ!日菜太も参戦!” (日本語). バトル・ニュース. 2019年6月15日閲覧。
  6. ^ http://www.knockout.co.jp/rule/ 大会ルール | キックボクシングイベント KNOCK OUT(ノックアウト)
  7. ^ 【KNOCK OUT】グラドルラウンドガールたちが観客をノックアウト”. eFight 【イーファイト】 (2016年12月6日). 2016年12月16日閲覧。
  8. ^ 【KNOCK OUT】元AKB姉妹グループメンバーがラウンドガールに”. eFight 【イーファイト】 (2017年2月7日). 2017年2月13日閲覧。