KOBE de 清盛 2012

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Kobe de Kiyomori2012 001.JPG

KOBE de 清盛 2012(こうべできよもり2012)とは、兵庫県神戸市2012年から2013年にかけて行われたイベント。

概要[編集]

平清盛 (NHK大河ドラマ) が放映されることを契機として、平清盛のゆかりの地である神戸市の魅力を発信し、神戸市の経済を活性化させることが目的とされていた[1]

KOBE de 清盛 2012の一環として、中央区にはドラマ館が、兵庫区には歴史館が設けられた。ドラマ館のオープン当日には松山ケンイチ深田恭子がサプライズ登場した[2]。神戸市によれば開催期間中には歴史観には31万人が、ドラマ館には26万人が来場していた[3]。歴史館の跡地はイオンモール神戸南となっている[4]。またPRキャラバン隊として神戸・清盛隊が結成された[5]

Sanyo5030"KIYOMORI".JPG

KOBE de 清盛 2012の開催期間中には、「KOBE de 清盛」1dayパスが発行されていた。これは、KOBE de 清盛 2012が開催されることにちなんで、関西圏の指定された区間の鉄道バスが一日に限り載り放題になるというものであった。ドラマ館・歴史館の入場券も付いていた[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 施策事例”. 総務省. 2019年5月27日閲覧。
  2. ^ 神戸に平清盛テーマ館-大河主演の松ケン・深キョンがサプライズ登場”. 神戸経済新聞. 2019年5月27日閲覧。
  3. ^ 過去最低視聴率でも…平清盛ドラマ館・歴史館に57万人”. 産経新聞社. 2019年5月27日閲覧。
  4. ^ 神戸・清盛隊が復活5周年 「平清盛900歳祭」の新プログラム発表も”. 神戸経済新聞. 2019年5月27日閲覧。
  5. ^ 神戸マラソン フレンドシップ走者に「清盛隊」の2人”. 神戸新聞NEXT (2018年5月9日). 2019年5月27日閲覧。
  6. ^ 「KOBE de 清盛」1dayパス”. 朝日新聞社. 2019年5月27日閲覧。