KS鋼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

KS鋼(KSこう、英語: KS steel)は、コバルトタングステンクロム炭素を含む合金磁石鋼[1]、世界初の永久磁石[2]KS磁石鋼とも呼ぶ[3]

歴史[編集]

1916年、軍から「第一次世界大戦中なので外国から磁石鋼が輸入できないため、作ってほしい」という要請を受けて、鉄の磁性研究に取り組んだ[1][4]。その結果、1917年に東北帝国大学本多光太郎と高木弘によって発明され、世界最強の永久磁石鋼として脚光を浴びた。また、同年に特許出願し[5]、特許権を住友吉左衛門に無償で渡している[1]

このことにより、計測機器の性能を向上させ、工業発展に貢献し[6]、日本で磁石開発が盛んに行われるようになった[1]

1931年に東京帝国大学三島徳七がKS鋼の2倍の保磁力を有するMK鋼を開発するが、1934年の本多らによる新KS鋼は再び最強の磁石となった。

名前の由来[編集]

KSとは、本多らが所属する東北帝国大学臨時理化学研究所(後の金属材料研究所)に多額の研究費を寄付した住友吉左衛門(住友グループの前身・住友総本店店主、住友家第15代目当主)のイニシャルである[1]

構造[編集]

コバルトが約35%、タングステンが約5~8%、クロムが1.5~3.0%、炭素が0.8%が含まれている鉄の合金[6][7]

保磁力[編集]

当時の高性能磁石であったタングステン鋼(約70エルステッド)の約3倍の保磁力(250エルステッド)を有した[8]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e うえたに夫婦 (2019年11月1日). 歴史に残るにはワケがある!実験器具のゆかいな博物館 ビーカーくんとすごい先輩たち. 誠文堂新光社. pp. 96-99. 
  2. ^ 世界初の超強力『永久磁石』は日本人が開発” (日本語). ニッポン放送 ラジオAM1242+FM93. 2019年12月26日閲覧。
  3. ^ デジタル大辞泉. “KS磁石鋼(ケーエスジシャクコウ)とは” (日本語). コトバンク. 2019年12月26日閲覧。
  4. ^ 本多光太郎の代表的発明(KS鋼、新KS鋼)”. 2019年12月27日閲覧。
  5. ^ 本多光太郎のKS鋼特許 – 小山特許事務所” (日本語). 2019年12月26日閲覧。
  6. ^ a b 北九州イノベーションギャラリー|Kitakyushu Innovation Gallery & Studio [KIGS]”. kigs.jp. 2019年12月26日閲覧。
  7. ^ 日本国語大辞典,世界大百科事典内言及, ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典,デジタル大辞泉,百科事典マイペディア,世界大百科事典 第2版,日本大百科全書(ニッポニカ),精選版. “KS鋼(ケーエスこう)とは” (日本語). コトバンク. 2019年12月26日閲覧。
  8. ^ データベース|磁石はマグネットワールド【株式会社二六製作所】 - 本多光太郎が『KS鋼』を開発する”. www.26magnet.co.jp. 2019年12月26日閲覧。