Ka-31 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Ка-31

Russian Navy Kamov Ka-31.jpg

カモフ Ka-31Ка-31)はソビエト海軍のために開発された軍用ヘリコプターであり、現在ではロシアインド早期警戒機として使用されている。NATOコードネームはヘリックスD(Helix-D)。

概要[編集]

Ka-60/62系列以外のすべてのカモフヘリコプターと同じく、Ka-31も同軸反転式メインローターを備えている。機体はカモフKa-27を基本としたものである。外見上の大きな特徴の第1は早期警戒用の大きなレーダーアンテナであり、使用中は回転しているが、それ以外の時は折りたたまれて胴体下に収納される。第2の特徴はコックピット下の大きな電子光学センサー装置の省略である。また、レーダーの邪魔にならないように降着装置は引込式になっている。

設計と開発[編集]

カモフ社(当時はカモフ設計局)は1980年に海軍用中型ヘリコプターKa-31の開発を開始し、1987年に初飛行を行った。この開発は、アントノフAn-71艦上早期警戒管制機がキャンセルされたことのへの対応であった。An-71はソ連海軍初の本格的航空母艦アドミラル・クズネツォフ」(当時は「トビリシ」の名で知られた)に配備されることを目的としていたが、ヤコブレフYak-44が採用されたためキャンセルされた。Yak-44はその後も開発が進められたが(最終的にはキャンセルされた)、ソ連海軍はそれまでの空白を埋める手段を欲し、海上での別の有効なAEWプラットフォームの研究を開始した。

MAKS 2007でのカモフ Ka-31

艦艇からのヘリコプター運用の豊富な知識に基づき、ソ連海軍は、すでにテスト済みで信頼性のあるカモフKa-27を選んだ。カモフ設計局はそのときKa-29の開発を進めていた。ニジュニイ・ノヴゴロド電波技術研究所は、すでに同じ設計(必要な変更は加えたが)のAn-71用レーダーの設計を行っていた。それらの要素は1980年に一体化され、Ka-29RLDと名づけられた。レーダー開発に時間がかかったため、初飛行が行われたのは1987年になってからだった[1]。Ka-29RLD/-31の生産型は結局原型のKa-29とは大きく異なるものとなった[2]

カモフ Ka-31の主な相違点は以下の通りである[3]

  • コックピットの下にあった大きな電子センサー装置の除去
  • MFDが2台追加されたことによるコックピットの拡大。
  • ASW能力の除去。
  • クロンシュタットKabris 12チャンネルGPSの追加。
  • エンジンの強化(クリモフTV3-117VMAR 2基)(Ka-27は、TV3-117BK)
  • レーダーC4ISRにパワーを供給するためのTA-8Ka APUの追加。
  • 250マイル以上の有効範囲を持つ16のチャンネルディジタル通信装置。

改良[編集]

Ka-29からの主な技術的変更点は、エンジンの換装、APUおよび最も重要な副油圧システムの追加である。レーダーはニジュニイ・ノヴゴロド電波技術研究所設計のE801M ”OKO”(「目」の意)である。

また配備された実用型には、テイルコーンの中に、サンクトペテルブルク/レニングラード電子研究所が設計したフライト・インフォメーション・レコーダーが装備されていた。その後Yak-44がキャンセルされたため、指揮管制に関するKa-29RLD/Ka-31の責任は一層重大なものとなった。

Ka-31は公式にはレーダーピケット機に分類されているが、数々のアップグレードが行われた結果、AWACS級の機体にまで格上げされている[4]

運用歴[編集]

開発と試験は1987年から本格的に始められたが、1980年代の終わりから1990年代初めにかけては政治的混乱と国防予算削減によって難航した。結局1995年になって、非常に限られた数のKa-31がロシア海軍に納入され、アドミラル・クズネッツオフ級航空母艦ソヴレメンヌイ級駆逐艦に配備された。

インド海軍1999年に4台、2001年に5台、Ka-31のレーダーを発注した。ヘリコプターの全面的生産は2002年に始まった。4機からなる最初のバッチは2003年4月にインド海軍に就役し、第2のバッチは2005年に納入された。

インド海軍は空母を保有しているが、Ka-31は空母や駆逐艦からだけでなく、陸上の海軍航空基地からも運用されている。インド海軍によるこの運用は、Ka-31の大きな欠陥、すなわち本機の運用にあたって求められる主たる要素である「行動範囲」の狭さを明らかにした。そのため、ヒンドスタン航空機はヘリコプターからヘリコプターへの燃料補給システムの試験を命じられ、おそらく改造を行ったものと思われる[要出典]。またインド海軍では、Ka-31は12チャンネルレシーバーに対応し、ディファレンシャルGPSを参照するオプションを持ったAbris GPSシステムを装備している。これはクロンシュタットが自ら設計したものである[5]

後のバッチに属する機体は、ディジタル地形マップ、地面近接警告、障害接近警告、事前プログラム経路自動ナビゲーション、フライト・スタビライゼーション、母艦(基地)への自動帰還・着地機能、それに機体の戦術的状況に関する情報を特徴としていた。

使用者[編集]

要目(Ka-31)[編集]

  • 乗員: 2 (パイロット + NSO)
  • 全長: 12.5 m
  • 翼幅: 14.50 m ×2
  • 全高: 5.6 m
  • 最大離陸重量: 12,200 kg
  • エンジン: イソトフ TV3-117VMAR ターボシャフトエンジン(1,633 Kw) ×2
  • 最高速度: 250 km/h
  • 巡航速度: 205 km/h
  • 航続距離: 324 海里
  • 上昇限度: 3,500 m

脚注[編集]

関連項目[編集]

同系列
同等機