KanJam

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
KanJam (カンジャム) ゲーム風景

KanJam(カンジャム)は、4人のプレイヤーが2チームに別れ、1枚のフライングディスクと2台のゴール(缶)を用いて遊ぶアウトドアスポーツである。

歴史[編集]

アメリカ合衆国ニューヨーク州ノーストナワンダという都市で、チャーリーとポールの2人によってKanJamの歴史は始まった。

当時彼らは使い古したディスクをお互いに投げ合い、ゴミ缶の中に入れたり、当てたりして遊んでいた。

そのゲームの事をゴミ缶フリスビー(フリスビーはワーム・オー英語版登録商標)と呼んで熱心に遊んでいた彼らは、「これは皆もやるべきだ!」と、セールスに向けて歩み出す事になった。

販売を行っていく上で他のフライングディスクゲームと違った内容にする必要性を感じたチャーリーは、ゴミ缶の側面に穴を開け、そこにディスクを通すことが出来れば、インスタントウィンとするKanJam独自のルールを考え付いた。

その後、インスタントウィンという特徴が特許を得ることになる。

このルールのお陰で、点差が開いた場合でも、皆が最後まで熱中できるゲームになった。

その後、学校の体育の授業でKanJamが取り上げられたことがきっかけで、多くの子供達が商品を買い求め、全米そして全世界へと広がっていった。

進出済みの国及び地域は、ヨーロッパやカナダ、オーストラリア、ニュージーランド、カリブ海地域、日本である。

アメリカにおいては、7,000を超える学校で体育の授業に取り入れられている。

なお、日本においては2017年6月より、クロキ商事が代理店として販売を手がける。

ルール[編集]

4人のプレイヤーが、2チームに分かれて行う。

同じチームのパートナーは、50フィート(約15メートル)離れた缶のそばに立つ。

パートナーは交互に、ディスクを投げる(スロー)、またはコースを変更する(ディフレクト)役割を果たす。

一方のパートナーがディスクを投げ、もう一方のパートナーが必要に応じて、そのディスクのコースを変更し、ゴール缶に当てるか、その中に入れる。

両方のパートナーがそれぞれ一回ずつ投げ終えた後は、ディスクを相手チームに渡す。

投げたディスクが直接ゴール缶に当たった場合、またはコース変更によりゴール缶に当たる、またはその中に入った場合に得点になる。

得点方法とKanJamオリジナルルールとしては下記のとおりである。

  • ディンガー1点(コース変更者が、飛んできたディスクのコースを変更してゴール缶に当てる)
  • デュース2点(投げたディスクを直接ゴール缶に当てる)
  • バケット3点(コース変更者が、飛んできたディスクのコースを変更してゴール缶の中に落とす)
  • インスタントウィン即勝利(側面のスロットもしくは上部からゴール缶に直接入れる)

ゲームはちょうど21点を獲得したチームが勝利し、21点を超えた場合は現在の得点からその分を差し引きする。

(例:現在19点でバケット3点達成時は16点)

KanJamインストラクション参照