Kdebindings

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

kdebindingsは様々なプログラミング言語KDEアプリケーションを開発するためのKDEのパッケージである。

概要[編集]

kdebindingsによりKDE4で利用できるようになるプログラミング言語に PythonRubyC#などがある。PythonバインディングはPyKDE 、RubyバインディングはKorundum、C#バインディングはKimonoである。Qtライブラリで、これらに対応するものはそれぞれ、PyQt、QtRuby、Qyotoである。これ以外にもPHPLuaVisual Basic似のKBasicのサポートが開発されている。

これらの言語バインディングを提供するために、SMOKE、Kross、QtScriptやSIPが使われている。SmokeはQtRuby、PerlQtやQyotoで利用されているライブラリである。Krossスクリプトフレームワーク用のPython、Ruby、Javaプラグインはそれぞれ、KrossPython、KrossRuby、KrossJavaと呼ばれている。

KDE4[編集]

KDE3で用いられていた DCOPバインディングであるdcopperl、dcoppython、dcopc、dcopjavaはそれぞれD-Busを用いたperldubs、pythondbus、qdbusと、QtJambiで置き換えられた。JavaScriptをサポートするkjsembedはKDELibsに移動した。