Ken's Bar III

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Ken's Bar III
平井堅カバー・アルバム
リリース
録音 Bernie Grundman Mastering Tokyo
(マスタリング)
ジャンル J-POP
時間
レーベル アリオラジャパン
プロデュース 平井堅
チャート最高順位
平井堅 年表
JAPANESE SINGER
2011年
Ken's Bar III
(2014年)
THE STILL LIFE
2016年
テンプレートを表示

Ken's Bar III』(ケンズ バー・スリー)は、平井堅通算3枚目のコンセプト・カバー・アルバム2014年5月28日アリオラジャパンから発売された(ソニー・ミュージックエンタテインメント系列)。規格品番DVD-Video付の初回生産限定盤AがBVCL-590/591、ボーナス・ディスク(CD-DA)付の初回生産限定盤BがBVCL-592/593、通常盤がBVCL-594。

解説[編集]

インストゥルメンタルを除いて自作曲を封印し、ボーカリストに徹したカバー・アルバムの第3弾。通例通り、カバー中心であるがゆえに公式ディスコグラフィでは、「コンセプト・カヴァー・アルバム」という名称のカテゴリーで他のスタジオ・アルバムと分けられることがある。また本作は、デフスターレコーズからアリオラジャパンへレコードレーベルを移籍してから初となったCDアルバムである[2]。アルバムとしては、前作『JAPANESE SINGER』(2011年6月8日発売:DFCL-1786)から約3年ぶりとなり、本作発売日時点では21世紀に入ってから最長ブランクを経た作品となった[3]

本作のテーマについて、平井堅自身は「今回のテーマはずばり「トライ」。敢えて苦手な曲調や、1つの楽器と歌だけでどこまで出来るか等々、チャレンジ精神ビンビンで録音しました。」と述べている[4]ディスクジャケットニューヨークに実在するライブハウスで撮影され[5]、『Ken's Bar』(2003年12月10日発売:DFCL-1122)や『Ken's Bar II』(2009年5月27日発売:DFCL-1504)のディスクジャケットと同じ場所である[6]。前二作は黒を基調としたアートワークであったが、本作では白を全面に打ち出している。

CDパッケージは、DVD-Videoが付属した初回生産限定盤AとボーナスCD-DAが付属した初回生産限定盤B、通常盤の3種で発売された。初回生産限定盤Aのみ特殊ダブル紙ジャケット仕様で、2013年5月30日に日本武道館で行われた「Ken's Bar 15th Anniversary Special!!! Vol.1 LIVE VIEWING EDITION at 日本武道館」公演を収録したDVDと、別紙で収録内容を記載したフライヤーが封入されている。ほか、初回生産限定盤Bのみスリーブ・ケース仕様で、Blue Note Tokyo公演(2014年2月開催)でのライブ音源を収録したボーナスCDが封入されている。ライブ・アルバムの公式発売は1995年の歌手デビュー以来、初めてとなった。なお、ボーナスCDが付属する形態は、企画盤『Ken Hirai 15th Anniversary c/w Collection '95-'10 “裏 歌バカ”』(2010年11月10日発売:DFCL-1710/1712)に付属したディスク3の『Kh re-mixed up 2』以来である。ディスクジャケットは3種とも別カットが使用されている。

封入ブックレットには、音楽ライター(島田諭)によるライナーノーツが掲載された。また、収録曲のうち、「やつらの足音のバラード」がグローバルワークのコマーシャルソングに起用された。

楽曲エピソード

『Ken's Bar』では坂本九見上げてごらん夜の星を」、『Ken's Bar II』では美空ひばりStardust」と、故人の音声とデュエット仕上げで制作した音源が収録されたが、本作では過去にイベントでの共演があったロバータ・フラックとのデュエット「KILLING ME SOFTLY WITH HIS SONG」が収められた。

収録曲[編集]

CD-DA[編集]

初回生産限定盤A、初回生産限定盤B、通常盤共通
  1. Open(0分39秒)
  2. even if -instrumental-(4分22秒)
  3. 家族になろうよ(5分9秒)
  4. 順子(3分56秒)
    • 作詞・作曲: 長渕剛、編曲: 石成正人(ag
  5. WE'RE ALL ALONE (4分19秒)
  6. いとしのエリー(5分41秒)
  7. Love Is Blind(2分47秒)
  8. Intermission(1分12秒)
    • 作曲: 平井堅、編曲: 鈴木大(pf)
  9. Virtual Insanity(5分0秒)
  10. 切手のないおくりもの(3分37秒)
  11. タイミング(3分43秒)
  12. やつらの足音のバラード(3分5秒)
  13. KILLING ME SOFTLY WITH HIS SONG(4分32秒)
    • 作詞・作曲: Chales Fox・Norman Gimbel、編曲: Katreese Barnes
    • Collaboration with: Roberta Flack (vo) - アメリカ出身のソウル・シンガー
  14. マイ・ウェイ(5分51秒)
  15. Close(0分39秒)

DVD-Video[編集]

初回生産限定盤Aのみ
  1. even if
  2. 僕は君に恋をする
  3. 少女A(原曲歌唱: 中森明菜
  4. Overjoyed(原曲歌唱: スティーヴィー・ワンダー
  5. 桔梗が丘
  6. 瞳をとじて
  7. LIFE is...
  8. 告白
  9. なごり雪(原曲歌唱: かぐや姫
  10. 太陽と埃の中で(原曲歌唱: CHAGE and ASKA
  11. 君の好きなとこ
  12. 君はス・テ・キ
  13. POP STAR
  14. Love Love Love
  15. マイ・ウェイ

Bonus CD-DA[編集]

初回生産限定盤Bのみ
  • Ken's Bar BEST SONG COLLECTION -Live at Blue Note Tokyo-
  1. even if(6分21秒)
  2. 楽園(6分5秒)
  3. 告白(4分9秒)
  4. 瞳をとじて(6分1秒)
  5. LIFE is... (4分49秒)
  6. 僕は君に恋をする(5分27秒)
  7. 哀歌(エレジー)(5分37秒)
  8. 君の好きなとこ(5分28秒)
  9. KISS OF LIFE(5分17秒)
  10. POP STAR(5分20秒)
  11. Love Love Love(6分14秒)

原曲[編集]

ライブ「Ken's Bar」[編集]

Ken's Bar#ライブ「Ken's Bar」参照

脚注[編集]

  1. ^ 歌詞ブックレットに記載のない楽曲の各種演奏時間は、x-アプリにてリッピングした際に表示される時間とする。
  2. ^ CDシングルは、2014年4月2日に「グロテスク feat. 安室奈美恵」(BVCL-587)がアリオラジャパンから発売された。
  3. ^ 全キャリアを含めると、『Stare At』(1996年12月1日発売:SRCL-3718)から『THE CHANGING SAME』(2000年6月21日発売:SRCL-4854)間の約3年半が最長。
  4. ^ a b 『Ken's Bar III』収録曲を平井堅自身の一言コメント付きで発表!! - 2014年8月9日閲覧
  5. ^ 平井堅、15年目のKen’s Barでも変わらぬ歌バカぶり - 2014年8月9日閲覧
  6. ^ 平井堅、アートワークを語る - 2014年8月9日閲覧

関連項目[編集]