KenKen

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
KenKen
出生名 金子賢輔
別名 犬兼都知事
生誕 (1985-12-30) 1985年12月30日(33歳)[1]
出身地 日本の旗 日本 東京都世田谷区下北沢[1]
ジャンル ロック
オルタナティブ・ロック
ハードコア・パンク
ミクスチャー・ロック
ファンク
ポスト・ロック
ジャズ・ロック
職業 ベーシスト
作詞家
作曲家
音楽プロデューサー
学生
担当楽器 ベース
ギター
ドラム
レーベル コロムビア
事務所 PARADOX Inc.
共同作業者 RIZE
Dragon Ash
獄門島一家
公式サイト KenKen Official Web Site
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ

KenKenケンケン、本名:金子 賢輔[2](かねこ けんすけ)、1985年12月30日[1] - )は、日本ベーシスト血液型はAB型。東京都世田谷区下北沢出身[1]

プロフィール[編集]

父はドラマーのジョニー吉長、母は歌手の金子マリ[3]、兄はドラマー金子ノブアキという音楽一家で育つ[2]世田谷区立代沢小学校に通い置いてあったドラムセットでドラムを始めるも、兄のライブでのドラムの上手さを見てドラムに飽き始めていた8歳の時に、兄と観ていたチャド・スミス(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)のドラム教則ビデオで観たフリーによるスラップ奏法に衝撃を受け、小学校に置いてあったベースで本格的にベースを始める[4] [5]。15歳の時に、下北沢ライブハウスを拠点にライブ活動を始める[2]2002年、17歳の頃から『アトリエz/BK4 Kenkenシグネチャーモデル』のプロトタイプを使用している[4][6]

数々のバンド活動やサポートを経て、2005年、『ベース・マガジン』(リットー・ミュージック)企画のオムニバスCDに参加。2006年4月、兄のいるRIZEに加入[2]。同年6月にコロムビアミュージックエンタテインメント傘下のトライアドからソロ・アーティストとしてもメジャー・デビュー[1]。RIZE,Dragon Ash, KenKen of INVADERS, SPEEDER-X, WAGDUG FUTURISTIC UNITY, THE STALIN Z, 二枚舌などのバンドにて活動している。FUZZY CONTROLの元メンバー。

原発問題・放射能問題についての団体「オペレーション・コドモタチ」の賛同者[7]

2016年N高等学校に第一期生として入学[3]

評価[編集]

2007年4月号『ベース・マガジン』の表紙を、過去最年少(21歳)で飾り、巻頭特集では「その実力が、若手筆頭と言っても過言でない」「若き低音のカリスマ」と紹介された[4]。同誌の2006年1月号2008年2月号2011年3月号でも他のベーシスト数名と共に表紙と巻頭特集に取り上げられているほか、2006年8月号、2007年7月号、12月号でも記事が掲載された[4][8]

『ロック・ジェット』誌 Vol.28(2007年6月発売)にも、レッド・ホット・チリ・ペッパーズへの思いなどを語ったインタビュー記事が掲載された[9]

参加バンド[編集]

  • JERK EGGPLANT(2001年 - 2004年)
  • SUPER Goooooood!(2002年 - ) - 高田エージ率いる総勢28人の大所帯バンド
  • 二枚舌(2002年 - ) - ATSUSHI(G,Vo)=番長、D.I.E.(Key)=主任、スティーブ・エトウ(Perc)=監督、KenKen(B)=若
  • STARS(2002年 - 2004年) - 鮫島巧(G)、U-TA★ROCK(Vo)、川野直輝(Dr)と組んだバンド
  • Screaming Soul Hill(2005年)
  • SHAG - SUGIZOのバンド
  • RIZE(2006年4月 - )
  • KENKEN of INVADERS - KenKenのソロ活動のバンド
  • TORCERSE(トルセルセ) - 実兄である金子ノブアキとのユニット
  • SPEEDER-X(2009年 - ) - 中村達也とのセッションユニット
  • FUZZY CONTROL - 結成時のメンバーであったが諸事情で脱退している。
  • Dragon Ash - サポートメンバー[10]。馬場育三が療養中および逝去後、ライブやレコーディングに参加している。
  • LIFE IS GROOVE - 2013年結成のスピードファンクバンド。KenKen(B,Vo)、ムッシュかまやつ(G,Vo)、山岸竜之介(G,Vo)[11]
  • 獄門島一家(2013年 - ) - アヴちゃん(Vo)、長岡亮介(G)、中村達也(Dr)、KenKen(B)[12]

作品[編集]

アルバム[編集]

  1. PARTY of INVADERS (2006年6月21日) - 18歳のときから作品の制作をはじめ、ドラム、ベース、ギター、プログラム、ヴォーカル全てを自身で演奏、アレンジ、プロデュースした。
  2. ARRIVAL of INVADERS (2007年10月24日) - 3枚組の通常盤と1枚の普及盤の2種類がある。湯川潮音等がゲスト参加。 

出演[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

  • 2017年3月26日、「凄腕アーティストが教えるベースの世界」『カミナリ』(RIZE)を演奏
  • 2018年3月18日、「音楽ギモンSP」視聴者からの音楽ギモン回答、ベース奏法実演解説、即興作曲の即興アレンジ

ラジオ[編集]

CM[編集]

参加[編集]

  • NTTドコモ『UFO』篇(2014年) - ベース・ギター・ドラムなど音楽担当[24]
  • ACジャパン2017年度全国キャンペーン「TOKYOだけじゃない」』(2017年) - テレビCM及びラジオCMにおいてベース演奏で参加[25][26]

監修・プロデュース[編集]

  • アプリ「KenKenが教えるベースギター#1」(2013年5月7日) - 全体・右手・左手のカメラ切替機能、スロー再生機能を搭載した映像でおぼえるベースギター教則アプリ[27]
  • さくら学院2014年度卒業ソング「仰げば尊し〜from さくら学院 2014〜」サウンドプロデュース(2015年)[28]
  • ミニベース(2016年)[29]
  • PS4(R) Lineup Music Video「Boost Your Play」ft. KenKen+アイナ・ジ・エンドBiSH)+鎮座DOPENESS(2017年)[30]

関連アーティスト[編集]

参考文献[編集]

  • 『KenKen interviews 2004--2014-LIFE IS GROOVE-』(KenKen(著)、ベース・マガジン編集部(編集)、リットーミュージック(2014年10月20日))

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e Biography”. KenKen Official Web Site. PARADOX. 2016年1月17日閲覧。
  2. ^ a b c d KenKen プロフィール”. TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード (2016年4月7日). 2017年9月21日閲覧。
  3. ^ a b 花 (2015年12月25日). “RIZE・KenKen、30歳で高校進学を決意 「学校に行っていない事が弱点だった」”. RBB TODAY. 2016年1月1日閲覧。
  4. ^ a b c d 『KenKen interviews 2004--2014-LIFE IS GROOVE-』KenKen(著),ベース・マガジン編集部(編集),リットーミュージック(2014年10月20日).2019年04月17日閲覧。
  5. ^ ハマ・オカモト&KenKen、リズム隊に着目した音楽番組でセッション
  6. ^ 熱いリクエストに応えKenKenシグネイチャーモデルついに登場!
  7. ^ 賛同者 オペレーション・コドモタチ 公式ブログ
  8. ^ 『ベース・マガジン』誌バックナンバー
  9. ^ 『ロックジェット』誌 Vol.28
  10. ^ Dragon Ash よりお知らせ”. Dragon Ash Official Website (2011年6月22日). 2011年7月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月21日閲覧。
  11. ^ LIFE IS GROOVE”. TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード (2015年8月28日). 2018年8月28日閲覧。
  12. ^ アヴちゃん新バンドに長岡亮介、KenKen、中村達也参加”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2013年7月19日). 2018年8月28日閲覧。
  13. ^ 映画『音量を上げろタコ!』、阿部サダヲ、KenKenらによる強烈バンドビジュアル独占公開”. rockinon.com. ロッキング・オン (2018年8月23日). 2018年8月28日閲覧。
  14. ^ ホルモン・上ちゃん、再びEテレ出演。今度はKenKenと棒倒し対決”. rockin' on.com. ロッキング・オン (2017年3月2日). 2017年11月7日閲覧。
  15. ^ RIZE公式Facebook・triberizenetの投稿(1322484264454947) - Facebook
  16. ^ JがEテレ「シャキーン!」に登場、KenKenとベースで「音棒倒し」対決”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2017年9月13日). 2017年11月7日閲覧。
  17. ^ KenKen×本田翼×古川雄輝が集結!『AVALON』最終回で“ぶっちゃけトーク”!?”. J-WAVE NEWS. J-WAVE (2019年3月25日). 2019年4月16日閲覧。
  18. ^ KenKenらナビゲーターのラジオ新番組、サウンドプロデュースは渋谷慶一郎”. 音楽ナタリー (2016年3月7日). 2016年3月12日閲覧。
  19. ^ 松岡、KenKen、満島、渡辺がラジオ新番組でバチバチ”. TOKYO HEADLINE (2016年3月7日). 2016年3月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月21日閲覧。
  20. ^ KenKenRIZEstaff (2018年3月26日). “【KenKen・ラジオ】京都にて4月から隔月でDJを務めるα-STATIONのニュープログラムがスタート!初回の放送は4月8日(日)、お聴き逃しなく!…”. Twitter. 2019年2月18日閲覧。
  21. ^ ベースヒーロー「KenKen」が DJを担当している番組「WEEKEND SHELTER」(偶数月担当)好評オンエア中!!”. エフエム京都 (2018年3月26日). 2019年2月18日閲覧。
  22. ^ 2017年DMC World DJ Championships英語版優勝者(史上最年少12歳)
  23. ^ 石川さゆり、SUGIZO、KenKenらがペプシCMで“怪物舞踏団”結成”. 音楽ナタリー (2018年4月12日). 2018年4月13日閲覧。
  24. ^ maki (2014年6月25日). “【エンタがビタミン♪】『RIZE』・KenKenが音楽を担当。ドコモCM『UFO』篇の“1人レコーディング”に反響。”. Techinsight. メディアプロダクツジャパン. 2018年8月28日閲覧。
  25. ^ TOKYOだけじゃない(全国キャンペーン)”. 公益社団法人ACジャパン. 2017年10月12日閲覧。
  26. ^ KenKen公式Twittr 2017年7月17日付
  27. ^ iPhone&iPad/Androidアプリ「KenKenが教えるベースギター#1」App Store&Google Playで発売中!”. kenkenweb (2013年). 2017年9月21日閲覧。
  28. ^ さくら学院、新曲はKenKenプロデュース「仰げば尊し」 3・25に新アルバム”. ORICON NEWS. オリコン (2015年1月9日). 2017年11月7日閲覧。
  29. ^ KenKen監修のミニベース完成。「音が良くて驚き!」”. BARKS (2016年4月29日). 2017年9月21日閲覧。
  30. ^ KenKen、PS4新作タイトル紹介映像曲をプロデュース。BiSHアイナ、鎮座DOPENESSも参加”. BARKS (2017年9月20日). 2017年9月21日閲覧。
  31. ^ http://www.jes1988.com/hao/topics_old.html
  32. ^ maki (2016年5月28日). “【エンタがビタミン♪】堂本剛 KenKenら最強ミュージシャンと『Mステ』圧巻ステージ”. Techinsight. メディアプロダクツジャパン. 2018年8月28日閲覧。
  33. ^ KenKen公式Twitter@kenken_rizeの2015年11月26日のツイート2018年8月28日閲覧。