Kerkerの方法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Kerkerの方法(Kerker method)は、セルフコンシステントな電子状態計算おいて、電荷密度を混合する方法の一つ[1]。パラメーターを適宜設定することにより、単純混合による方法より計算の収束を速くできる。ただし、速くならない場合もある。

この方法での電荷密度混合の表式は、電子状態の計算をセルフコンシステントに進める上で、そのための繰り返し計算におけるn回目の繰り返しでの電荷密度をρ(n)とすると、

 \rho (n+1) = \rho_{\mathrm{in}} (n) + \alpha { | \mathbf{G} |^2 \over { | \mathbf{G} |^2 + \lambda^2 } } \{ \rho_{\mathrm{out}} (n) - \rho_{\mathrm{in}} (n) \}

となる。G逆格子ベクトル、α、λは適当な定数である。電荷密度ρ(n)に付いている添え字in、outは、それぞれn回目の繰り返しでの入力と出力の電荷密度であることを意味している。λ=0の時、上式は、

 \rho (n+1) \, = \rho_{\mathrm{in}} (n) + \alpha \{ \rho_{\mathrm{out}} (n) - \rho_{\mathrm{in}} (n) \} = (1 - \alpha) \rho_{\mathrm{in}} (n) + \alpha \rho_{\mathrm{out}} (n)

となり。これは単純混合の表式となっている。定数、α、λは計算が速く収束するような値を選ぶが、それは扱う系や計算条件に依存する。

参考文献

[1] G. P. Kerker, Phys. Rev. B23 (1981) 3082.

関連項目


過去1時間の間にもっとも読まれた記事
Tv asahi 八木早希 浜田雅功 大曽根敬大 乳房縛り 大島優子 5月25日 尾瀬国立公園 英太郎 (新派俳優) 篠めぐみ 中原理恵 平岩紙 西城秀樹 宮澤佐江 片岡愛之助 (6代目) 菅野美穂 吉川麻衣子 海洋博公園 ミズバショウ 白鳥美鈴
「Kerkerの方法」のQ&A
1  マフラーに割りカラーが必要なのになくした場合…
2  GSX-Rのマフラーについて。
3  車検に使えるマフラー
モバイル版goo wikipedia提供中!
↓↓↓下記QRコードからアクセス↓↓↓
モバイル版goo wikipedia QRコード
Wikipedia記事検索について