Keyhole Markup Language

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

KML(けいえむえる、Keyhole Markup Language)は、アプリケーション・プログラムにおける三次元地理空間情報の表示を管理するために開発された、XMLベースのマークアップ言語である(Keyholeという語は、後にGoogle Earthとなるソフトウェアの旧名である。このソフトウェアは元々Keyhole社によって開発されたが、2004年にGoogleに買収された。"Keyhole"という語は、実際には30年前に開発された元祖「宇宙の眼」の軍事偵察システムである偵察衛星KHに因む)。

2008年4月にKML2.2版は、そのままOpen Geospatial Consortium, Inc (OGC) という地理情報システムオープンソース化を目指す団体の規格にOGC KMLとして取り入れられた[1]。この時点でKMLは何か他の語の略語ではないものとされ、Keyhole Markup Language は旧称との扱いとなった。

目次

KML文書

KML文書はテキスト形式で、Google EarthGoogle Maps、Google Mobileで表示する要素(目印、イメージ、ポリゴン、3次元モデル、説明など)を記述する。3次元モデルはCOLLADA形式で記述することができる。各地点は、常に緯度経度情報を持つ。それ以外に、"カメラ・ビュー"を構成するのに必要なティルト、カメラの向き、高度など、より詳細なデータを記述することもできる。KMLはGMLと同様の文法構造を持つ[1]。KMLで記述された情報の一部は、Google MapsやGoogle Mobileで表示することができない[2]

KMLファイルは、.kmlという拡張子を持つテキストファイルであり、しばしばZIPで圧縮された.kmzという拡張子を持つKMZファイルとして頒布される。KMZファイルを解凍すると、"doc.kml"というファイルが一つと、そのファイル中で参照されているオーバーレイ用のイメージ・ファイルやアイコン用のイメージファイルなどが出てくる。

KML文書の例:

 <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
 <kml xmlns="http://earth.google.com/kml/2.0">
 <Placemark>
   <description>New York City</description>
   <name>New York City</name>
   <Point>
     <coordinates>-74.006393,40.714172,0</coordinates>
   </Point>
 </Placemark>
 </kml>

KMLのMIMEタイプはapplication/vnd.google-earth.kml+xmlであり、KMZはapplication/vnd.google-earth.kmzである。

KMLにおける測地規準系

KMLは、座標の前提となる測地基準系の定義をサポートしていない。したがって、Geomatics(地理情報学?)測地学などの専門的な用途には用いることができない。

KMLを使用するアプリケーション

関連項目

  1. ^ OGC KML

過去1時間の間にもっとも読まれた記事
あべ静江 石ノ森章太郎 中村俊太 鈴木早智子 野村克也 長山洋子 北島三郎 森進一 三田明 桜田淳子 相田翔子 美輪明宏 青山和子 小林麻耶 西城秀樹 平沼紀久 伊東美咲 荻野目洋子 中村雅俊 五十嵐淳子
モバイル版goo wikipedia提供中!
↓↓↓下記QRコードからアクセス↓↓↓
モバイル版goo wikipedia QRコード
Wikipedia記事検索について