Kh-55 (ミサイル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Kh-55
H-55 AS-15 Kent 2008 G1.jpg
ウクライナ空軍博物館のKh-55
種類 空対地ミサイル
製造国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦/ロシアの旗 ロシア
設計 ラドゥガ設計局
性能諸元
ミサイル直径 0.514m
ミサイル全長 6.04m
ミサイル全幅 3.1m
ミサイル重量 1,250kg
射程 2,500km
推進方式 ターボファンジェット
誘導方式 地形等高線照合および慣性誘導
飛翔速度 マッハ0.48-0.77
テンプレートを表示

Kh-55ロシア語: Х-55)は、ソビエト連邦ラドゥガ設計局が開発した空対地ミサイル西側諸国においては、アメリカ国防総省(DoD)識別番号としてはAS-15NATOコードネームとしては「ケント」(Kent)と呼ばれた。

概要[編集]

1976年に開発が開始され、1982年にTu-95MSに搭載されて就役。同年代に開発され、世界的によく知られているアメリカトマホーク巡航ミサイルや、AGM-86の影響を少なからず受けていると見られており、それらは外見や弾頭の威力、射程などからうかがうことができる。

通常はTu-95や、Tu-160といった戦略爆撃機に搭載され、戦略核兵器の運搬手段として用いられる。Tu-95の場合、機種にもよるが爆弾倉内6連ロータリーランチャーに6発、外部に10発の最大16発程度、Tu-160では12発を搭載することができる。

発射されると小型の安定翼を展開し、ターボファンエンジンで推進する。500kgの通常弾頭型の他核弾頭型は200ktの威力を持ち、射程は約2,500kmである。また、潜水艦発射型および車輌による地上発射型も開発されている。

派生型[編集]

Kh-55(articles 120)
Kh-55OK(articles 121)
Kh-55SM(articles 125)
弾体左右にコンフォーマルタンクを装着。弾体最大幅0.77m、発射重量1700kg、射程3000km。弾頭はHE 500kgのみで核弾頭型はなし。
RK-55「グラナート」
艦・地上発射型。GRAUインデックスは3K10であった。地上発射型はSSC-X-4「スリングショット」(Slingshot)[1])、水中発射型はSS-N-21「サンプソン」(Sampson)のDoD識別番号・NATOコードネームを付された。
Kh-65SD
戦術巡航ミサイル。Kh-55SMで取り付けたコンフォーマルタンクを一体化したデザインに。弾体最大幅0.77m、発射重量1600kg。SALTⅡの戦略空中発射ミサイルの範疇外とするため射程を500~600kmに低減。Su-27MやSu-35にも搭載可。
Kh-65SE
対艦型。射程250~280km

運用国[編集]

ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦

ロシアの旗 ロシア

 ウクライナ

イランの旗 イラン

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 文林堂 世界の傑作機No.147 ツポレフTu-160ブラックジャック p.77~78

関連項目[編集]