Kiss 〜a cote de la mer〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「Kiss 〜à côté de la mer〜」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
Kiss 〜à côté de la mer〜
岡村孝子スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル ファンハウス
プロデュース Takako Okamura
Yukio Hiasa
チャート最高順位
岡村孝子 アルバム 年表
Eau Du Ciel (天の水)
1989年
Kiss 〜à côté de la mer〜
(1990年)
After Tone II
(1990年)
『Kiss 〜a cote de la mer〜』収録のシングル
テンプレートを表示

Kiss 〜à côté de la mer〜』(キス ア・コーテ・デ・ラ・メール)は、岡村孝子の通算6枚目のオリジナルアルバム。1990年6月27日発売。発売元はファンハウス(現・ソニー・ミュージックレーベルズ)。

解説[編集]

1990年のオリコン年間アルバムヒットチャート第10位にランクインした。前作『Eau Du Ciel (天の水)』に続き、3作連続でオリコンのアルバム・ヒットチャートで第1位を獲得した(7月9日付)。

タイトルの「Kiss」について、辞書的な意味はたくさんあるが、言うなれば「自分自身に対する、いとおしさのキス」の意味であるとのちに語った[1]

前年のクリスマス・シーズンに発売された12枚目のシングル「天使たちの時」がアルバム初収録となった。ただし、本アルバム収録音源とシングル収録音源ではヴォーカルアレンジが異なっているため、シングル・ヴァージョンのサブタイトル「〜Time of the Angels〜」は本バージョンには付けられていない。ほか、収録曲の「心の草原」が13枚目のシングルとして同時発売された。カップリング曲も同じく収録曲の「Kiss」。当楽曲は、テレビ東京系テレビドラマ『僕が医者をやめた理由』の主題歌に起用されている。

そのほか、テレビなどに起用された主なタイアップは下記の通り。

  • 「満ち潮」は、東芝の企業コマーシャルソング。
  • 「空の彼方まで」は、郵政省(現・郵便事業株式会社)「レタックス」コマーシャルソング。

ラスト・ナンバーの「adieu」は、1992年頃にABCテレビの人気番組『探偵!ナイトスクープ』で鼈甲(べっこう)飴のネタをとりあげた際(この時の探偵は立原啓裕)、VTRの締めの部分でBGMとして流れたことがある[2]

2001年6月20日には、価格を改定したリニューアル盤が再発売された(規格品番:FHCF-2516)。

収録曲[編集]

  1. 心の草原(5:09)
  2. 終わらない夏(5:14)
    • それまで岡村の中で禁じ手にしていたというブラス・サウンドを、初めて取り入れた曲。
  3. Kiss(5:43)
  4. 満ち潮(5:21)
    • 東芝・企業CMイメージソング。
  5. 空の彼方まで(5:19)
  6. 青い日々(5:49)
  7. あの海へ今帰りたい(5:13)
  8. 天使たちの時(5:39)
  9. adieu(5:30)
全作詞・作曲: 岡村孝子
編曲: 萩田光男 M-2・3・4・8 、田代修二 M-1・5・6・7・9

関連作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ セレクション・アルバム『After Tone II』歌詞カードに掲載のライナーノーツ参照。
  2. ^ 「天使たちの時」にも『探偵!ナイトスクープ』と関係するエピソードがあるが、こちらは「天使たちの時 〜Time of the Angels〜」の項目を参照されたい。