Kleinman-Bylander近似

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Kleinman-Bylander近似(クレインマン・バイランダーきんじ)は、擬ポテンシャルの非局所部分の計算量をNの2乗のオーダーからNのオーダーまで減らす近似[1]。ここでNは、平面波基底の数(通常、N2のオーダーでの計算量は扱う系が大きくなれば膨大なものになる)。Kleinman-Bylanderの分離形とも言う。

擬ポテンシャルVps(r)は、局所部分と非局所部分とからなる。

 V_{ps} (r) = V_{local} + \sum_l | l \rangle V_{non-local}^l (r) \langle l |

ここで、 l \, 軌道角運動量、Vlocal(r)が局所部分、 V_{non-local}^l (r) \, が非局所部分である。rは動径方向の座標。この非局所部分を次のように分離するのが、Kleinman-Bylander近似である。

 V_{non-local}^{l, KB} (r) = { |V_{non-local}^l | \phi_l^{PS} \rangle \langle \phi_l^{PS} | V_{non-local}^l | \over { \langle \phi_l^{PS} | V_{non-local}^l | \phi_l^{PS} \rangle } }

φlPSは擬波動関数と言い、擬ポテンシャルを解くことによって得られる(擬似的な)波動関数である。上記の分離された形を使うことによって、逆格子空間で考えた非局所部分の和は、逆格子ベクトルGの数(平面波基底の数に相当)についてGG'の二重の和が必要であったものが、Gのみの一重の和のみでよくなる。

この近似を用いた場合の問題点は、バンド計算においてゴーストバンドが生じる危険があることである。2004年現在、これを完全かつ確実に排除する確たる指導原理はない。

参考文献

[1] L. Kleinman and D. M. Bylander, Phys. Rev. Lett., 48 (1982) 1425.

関連項目


過去1時間の間にもっとも読まれた記事
永井豪 ダウンタウン (お笑いコンビ) 東京都シルバーパス MALIA. 織田信長 長澤まさみ 差別用語 ポリテクニック 横山道代 三渡洲舞人 抵当権の処分の登記 川上哲治 松本人志 小林麻央 チャ・テヒョン 名車再生!クラシックカー・ディーラーズ 鳥取市 一二三慎太 玉島港 吉木りさ
モバイル版goo wikipedia提供中!
↓↓↓下記QRコードからアクセス↓↓↓
モバイル版goo wikipedia QRコード
Wikipedia記事検索について