Kord重機関銃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Kord重機関銃
12,7-мм пулемет Корд - Интерполитех-2011 01.jpg
Kord重機関銃
種類 機関銃
製造国 ロシアの旗 ロシア
設計・製造 デグチャリョフ設計局
仕様
種別 重機関銃
口径 12.7x108mm弾
装弾数 50発ベルトリンク
作動方式 ガス圧作動・ロテイティングボルト
全長 1,625mm(6P49)
1,980mm(6P50)
重量 27kg(6P49)
25kg(6P50)
32kg(6P57)
60kg(6P58)
80kg(6P59)
発射速度 650-750発/分
銃口初速 820-860m/秒
有効射程 2,000m
歴史
設計年 1990年代
配備期間 1998年-現在
バリエーション 派生型を参照
テンプレートを表示

Kord重機関銃(コードじゅうきかんじゅう、ロシア語: Пулемёт «Корд»Ковровские ОРужейники Дегтярёвцыの略称)は、1998年ロシアが制式採用した口径12.7mmの重機関銃である。

概要[編集]

ソビエト連邦時代にはNSV重機関銃が車載用の12.7mm重機関銃として使用されており、その生産工場はカザフ・ソビエト社会主義共和国に存在していた。1991年ソ連崩壊でカザフがカザフスタンとして独立すると、ロシアに対するNSVやその部品の供給が滞り、稼働率を維持できなくなってしまった。

これに対処するため、ロシアのデグチャリョフ設計局は、新型の歩兵支援・車載・対空用12.7mm重機関銃の設計を行い、1998年に制式採用された。

Kordの外見は前任のNSVに似ているが、ボルトのロッキング機構が垂直ティルト式からロテイティング式に変更されたりガス圧作動機構が変更されるなど内部構造が大きく変わっているほか、反動軽減用のマズルブレーキが装着されているのが外見上の大きな特徴である。

これらの改良によってNSVに比べて大きく反動が軽減されたため非常に高い命中精度を有し、遠距離狙撃能力も高められている。それでいながら、作動機構はソ連・ロシア製銃器の伝統に違わぬ信頼性の高さを有している。12.7mm口径の重機関銃としては非常に珍しいことではあるが三脚は必ずしも必要ではなく、二脚で支えて射撃することも可能である。

派生型[編集]

アルバレット-DMロシア語版に搭載されたKord 6P49
Kord 6P50機関部上面
6P49
車載型。6U37電気式トリガーを使用。
RWSアルバレット-DMロシア語版用の機銃にも採用されている。
6P50
歩兵運用型。
6P51
同軸機銃砲塔搭載型。6U37電気式トリガーを使用し、左側から給弾し前方に薬莢を排出する。
6P57(6P50-1)
歩兵運用型。6T19 バイポッドを使用。6T19はピストルグリップとスケルトンストックが一体となっているバイポッドで、-15°~+15°の範囲で仰角を調整可能。
6P58(6P50-2)
陣地設置・舟艇搭載型。6P57を6T16銃架に搭載。右側に排出した空薬莢の回収ボックスがある他、6T19のバイポッド部分を取り外して運用されている場合がある。
6P59(6P50-3)
陣地設置・舟艇搭載型。6P58の6T16銃架に支柱を取り付けた型。
6P60
歩兵運用型。6P57を6T20三脚に据えたモデル。

登場作品[編集]

ゲーム[編集]

バトルフィールドシリーズ
BF2
T-90Mi-17に搭載されて登場する。
BF2MC
T-90に搭載されて登場する。
BFBC
防盾付きのものが様々なマップに配置されているほか、T-90やVodnikに搭載されて登場する。
BFBC2
「KORD重機関銃」という名称で登場する。キャンペーンでは防盾付きで登場するが、マルチプレイでは防盾なしのものが登場するほか、T-90や輸送車両に搭載されている。
BF3
キャンペーンではテクニカルに、マルチプレイではT-90ABMP-2などの各種車両に搭載されている。また、T-90Aをアップグレードすることで同軸機銃として使用することも可能。
BF4
「.50 CAL」という名称で登場する。地上設置型や車載型など、様々な種類が登場する。

関連項目[編集]