Kore:ct

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Kore:ct
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
活動期間 2018年 - 2019年
事務所 株式会社ライバー
共同作業者 コレコレ
メンバー
  • 依澄ちの
  • 白田ましろ
  • 人間一号
  • 水乃ゆうる
  • 恋搖ひより
  • 現実りずむ
  • 来栖しゅり

Kore:ct (コレ:クト)は、人気配信者コレコレによってプロデュースされていた日本女性アイドルユニットYouTuber[1]2019年8月26日、運営会社のpipipiと契約を解除したことによって活動を終了した。メンバーの恋搖ひよりは現在、Kore:ctの後継グループであるコレって恋ですか?で活動中であり、他メンバーの白田ましろ(日向しずく)、人間一号(碓氷みお)、現実りずむ(寿らな)は新グループエピねスタで2019年9月から活動を続けている[2]

概要[編集]

2018年9月当時、YouTubeのチャンネル登録者数70万以上を誇っていた人気配信者コレコレKore:ctという名前のアイドルグループをプロデュースし、デビューさせることを発表した。アイドル名Kore:ctの由来は、Korekore(コレコレ)の「Kore」とCorrectを混ぜて作った造語である[3]。プロデュースコンセプトは次世代ネット配信活動に向けて活躍できる女性タレントを育てるというもので、「コレコレガールズプロジェクト」にてコレコレオーディションなどを行なって、合格者の中からメンバーを選んだ[4]。グループは一期生、二期生という構成で作られており、普段は一期生が前に出て活躍して二期生が補欠として待機中という形であった。一期生には水乃ゆうる、白田ましろ、人間一号、依澄ちのがおり、二期生には現実りずむ、恋搖ひよりがいる[5]。(来栖しゅりも一期生として活動していたが2019年1月7日に脱退した。)グループ内にリーダーはいない。2019年4月に、第一弾シングルとして「ステンダ」をリリース。「ステンダ」にはコレコレの歌唱シーンもあり、YouTubeに上がっているMVは100万回再生を突破した(2020年7月現在)[6]

メンバー[編集]

メンバー名 読み方 メンバーカラー 誕生日
依澄ちの いずみ ちの 3月25日
白田ましろ しらた ましろ ピンク 1月23日
人間一号 ひとま いちごぅ 1月30日
水乃ゆうる みずの ゆうる 水色 6月1日
現実りずむ りあ りずむ 8月21日
恋搖ひより こはるひより 黄色 11月29日

出演[編集]

ウェブテレビ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Kore:ct - TOWER RECORDS ONLINE”. tower.jp. 2020年7月19日閲覧。
  2. ^ Inc, Natasha. “Kore:ctの元メンバーたちが新グループ「エピねスタ」を結成(動画あり)” (日本語). 音楽ナタリー. 2020年9月12日閲覧。
  3. ^ 「Kore:ct」の歌詞・動画・ニュース一覧|歌詞検索サイト【UtaTen】” (日本語). UtaTen. 2020年7月19日閲覧。
  4. ^ 「Kore:ct」の歌詞・動画・ニュース一覧|歌詞検索サイト【UtaTen】” (日本語). UtaTen. 2020年7月19日閲覧。
  5. ^ 「Kore:ct」の歌詞・動画・ニュース一覧|歌詞検索サイト【UtaTen】” (日本語). UtaTen. 2020年7月19日閲覧。
  6. ^ ステンダ  →新作MV公開中!!「友達以上恋愛未満」で検索!!または概要欄から!! - YouTube”. www.youtube.com. 2020年7月19日閲覧。
  7. ^ 前代未聞企画でマジギレ、号泣…!配信界の王“コレコレ”のオリジナル番組スタート” (日本語). post.tv-asahi.co.jp. 2020年9月12日閲覧。