Koshi Inaba LIVE 2016 〜enIII〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
稲葉浩志 > Koshi Inaba LIVE 2016 〜enIII〜
Koshi Inaba LIVE 2016
〜enIII〜
稲葉浩志ライブ・ビデオ
リリース
録音 2016年3月6日
日本武道館(ボーナス映像除く)
ジャンル J-POP
ロック
レーベル VERMILLION RECORDS
プロデュース 稲葉浩志
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン・DVD/音楽)[1]
  • 週間1位(オリコン・Blu-ray/音楽)[2]
稲葉浩志 映像作品 年表
Koshi Inaba LIVE 2014 〜en-ball〜
2015年
Koshi Inaba LIVE 2016 〜enIII〜
2016年
テンプレートを表示

Koshi Inaba LIVE 2016 〜enIII〜』(コウシ・イナバ・ライブ・トゥエンティ・シックスティーン・エン・スリー)は、日本音楽ユニットB'zボーカリスト稲葉浩志の4作目の映像作品。2016年8月3日VERMILLION RECORDSから発売された。

概要[編集]

5枚目のソロ・シングル「」発売後、『Koshi Inaba LIVE 2014 〜en-ball〜』以来、アリーナツアーとしては『Koshi Inaba LIVE 2010 〜enII〜』から約5年ぶりとなるライブツアー『Koshi Inaba LIVE 2016 〜enIII〜』から、日本武道館公演を完全収録した映像作品。

また、ボーナス・トラックとして日替わりで演奏された6曲を収録[3]

初回生産分にはライブ・バックステージなど未公開写真を収めたフォトブックレットが付属しており、三方背ブックケース仕様となっている。

付属のブックレットには、「Saturday」の歌詞が掲載されており、関連作品で掲載されているのは本作だけである[注 1]

メンバー[編集]

収録映像曲[編集]

ツアーファイナル 日本武道館公演[編集]

  1. Saturday
    2年前に開催された『Koshi Inaba LIVE 2014 〜en-ball〜』のエンディングSEであり、ライブ初演奏。
  2. oh my love
  3. Okay
  4. photograph
    ライブ初演奏。
  5. くちびる
    Inaba Koshi LIVE 2004 〜en〜』以来12年ぶりの演奏。
  6. GO
    ライブ初演奏。「水平線」と日替わりで演奏されていたが、武道館公演のみ両曲演奏された。
  7. 水平線
  8. I AM YOUR BABY
    『Inaba Koshi LIVE 2004 〜en〜』以来12年ぶりの演奏。
  9. 念書
  10. 今宵キミト
    1番サビよりステージ左右の花道に観客が登場する。
  11. ハズムセカイ
    前曲に引き続き花道に観客が登場する。
  12. Sẽno de Revolution
    『Inaba Koshi LIVE 2004 〜en〜』以来12年ぶりの演奏。
  13. BLEED
    演奏の前に稲葉による朗読が流れてイントロに繋がる。
  14. 水路
  15. Symphony #9
  16. Receive You [Reborn]
    JUONのギターソロからイントロに繋がる。
  17. SAIHATE HOTEL
    ライブ初演奏。間奏でコール&レスポンスが行われる。
  18. 正面衝突
    コリーのベースソロからイントロに繋がる。
  19. Here I am!!
  20. 本編ラストナンバー。
  21. 風船
    ここからアンコール。『B'z LIVE-GYM Pleasure'97 -FIREBALL-』以来19年ぶりの演奏であり、自身のソロライブでは初演奏である。
  22. 遠くまで
  23. 愛なき道
    『Inaba Koshi LIVE 2004 〜en〜』以来、アンコールラストナンバーとして演奏された。

エンドロールでは本ツアーのエンディングSEとして流された未発表曲(タイトル不明)が使用されている。

ボーナス映像[編集]

  1. 赤い糸
    山梨公演のみ演奏された。
  2. Touch
    仙台公演のみ「赤い糸」に替わって演奏され、以降の公演は「水平線」と「GO」が日替わりで演奏された。
  3. LOVE LETTER
    仙台公演のみ「I AM YOUR BABY」に替わって演奏された。
  4. 不死鳥
    ライブ初演奏。「photograph」と日替わりで演奏された。
  5. Stay Free
    山梨・仙台公演のみアンコールラストナンバーとして演奏された。
  6. CHAIN
    「愛なき道」と日替わりでアンコールラストナンバーとして演奏された。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ ただし、music.jpでは歌詞が公開されている[4]

出典[編集]

  1. ^ Koshi Inaba LIVE 2016 ~enIII~ (DVD)”. ORICON NEWS. オリコン. 2020年1月19日閲覧。
  2. ^ Koshi Inaba LIVE 2016 ~enIII~ (Blu-ray)”. ORICON NEWS. オリコン. 2020年1月19日閲覧。
  3. ^ “B'z稲葉浩志「enIII」を映像作品化、日替わり曲のボーナス映像も”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2016年6月17日). http://natalie.mu/music/news/191195 2020年1月19日閲覧。 
  4. ^ Saturday / 稲葉浩志 の歌詞”. music.jp. エムティーアイ. 2020年1月19日閲覧。