L・DK

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
本来の表記は「L♥DK」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
L♥DK
ジャンル 恋愛漫画
漫画
作者 渡辺あゆ
出版社 講談社
掲載誌 別冊フレンド
レーベル 別冊フレンドKC
発表号 2009年3月号 - 2017年9月号
巻数 全24巻
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

L♥DK』(エルディーケー)は、渡辺あゆによる日本漫画作品。『別冊フレンド』(講談社)にて2009年3月号から2017年9月号まで連載された。2019年7月時点で累計発行部数は1088万部を突破している[1]

2014年4月12日に1作目の映画『L♥DK』が、2019年3月21日には2作目の映画『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』がそれぞれ公開された。

あらすじ[編集]

一人暮らしをする女子校生・の隣室に越して来た、「王子」こと久我山柊聖。親友を無下に振った柊聖のことを冷徹な嫌な奴だと思っていた葵だったが、彼の優しい笑顔を見て、少しだけ見直す。ところが、あるハプニングで柊聖が葵の部屋で同居することになってしまう。

登場人物[編集]

※担当声優はドラマCD版のもの。

西森 葵(にしもり あおい)
声 - 小松未可子
生年月日:8月16日
アパートで一人暮らしをする高校2年生。親が転勤することになったが、転校するのが嫌で壮絶なバトルを繰り広げ、一人暮らしを認めてもらった。
柊聖の部屋のスプリンクラーを作動させてしまい、部屋の修繕が済むまでやむを得ず同居をすることになる。同居生活の中で、次第に柊聖のことを好きになっていき、親友・萌のアドバイスでその想いを自覚する。
久我山 柊聖(くがやま しゅうせい)
声 - 櫻井孝宏
生年月日:10月31日
学校の王子として女子生徒の目の保養になっているイケメン。葵をからかうのは日常茶飯事。
中学時代にバスケ部のOG・桜月(さつき)と付き合っていたが、彼女が柊聖の兄と結婚してしまい、新しい恋に前向きになれずにいる。
渋谷 萌(しぶや もえ)
声 - 日笠陽子
葵の親友。柊聖にラブレターを渡そうとするが「キモイ」と一蹴される。
久我山 絵里(くがやま えり)
柊聖の姉。
小嶺 翔太(こみね しょうた)
声 - 入野自由
1年生。入学前に文化祭に訪れた時に葵のことを好きになり、ストレートに告白する。柊聖の中学時代のバスケ部の後輩。
青田 ナオミ(あおた なおみ)
年齢不詳の国語教師。Gカップ。体のラインを強調する服を着る。婚活中で、柊聖に猛アタックする。
久我山 草樹(くがやま そうじゅ)
柊聖の兄。スクープ専門のフリーカメラマン。柊聖が中学時代に付き合っていた女性・桜月と結婚した。

書誌情報[編集]

単行本[編集]

  • 渡辺あゆ 『L♥DK』 講談社〈別冊フレンドKC〉、全24巻
    1. 2009年06月12日発売[2]ISBN 978-4-06-341625-1
    2. 2009年11月13日発売[3]ISBN 978-4-06-341650-3
    3. 2010年03月12日発売[4]ISBN 978-4-06-341672-5
    4. 2010年07月13日発売[5]ISBN 978-4-06-341694-7
    5. 2010年12月13日発売[6]ISBN 978-4-06-341725-8
    6. 2011年04月13日発売[7]ISBN 978-4-06-341741-8
    7. 2011年08月11日発売[8]ISBN 978-4-06-341753-1
    8. 2011年12月13日発売[9]ISBN 978-4-06-341775-3
      • CD付き特装版、ISBN 978-4-06-358361-8
    9. 2012年04月13日発売[10]ISBN 978-4-06-341793-7
    10. 2012年08月10日発売[11]ISBN 978-4-06-341812-5
    11. 2012年12月13日発売[12]ISBN 978-4-06-341831-6
    12. 2013年05月13日発売[13]ISBN 978-4-06-341859-0
    13. 2013年09月13日発売[14]ISBN 978-4-06-341876-7
    14. 2014年02月13日発売[15]ISBN 978-4-06-341902-3
    15. 2014年06月13日発売[16]ISBN 978-4-06-341923-8
    16. 2014年11月13日発売[17]ISBN 978-4-06-341951-1
    17. 2015年03月13日発売[18]ISBN 978-4-06-341972-6
    18. 2015年07月13日発売[19]ISBN 978-4-06-341992-4
    19. 2015年12月11日発売[20]ISBN 978-4-06-392022-2
    20. 2016年04月13日発売[21]ISBN 978-4-06-392037-6
    21. 2016年08月12日発売[22]ISBN 978-4-06-392056-7
    22. 2016年12月13日発売[23]ISBN 978-4-06-392092-5
    23. 2017年05月12日発売[24]ISBN 978-4-06-392115-1
    24. 2017年10月13日発売[25]ISBN 978-4-06-392133-5
      • ポストカード集&ステッカーセット付き特装版[26]ISBN 978-4-06-362381-9

小説[編集]

  • 里見蘭(著)・渡辺あゆ(原作・イラスト) 『小説L♥DK 柊聖'S ROOM』 講談社〈KCデラックス〉、全2巻
    1. 2013年09月13日発売、ISBN 978-4-06-376889-3
    2. 2015年07月13日発売、ISBN 978-4-06-377224-1

映画[編集]

第1作[編集]

L♡DK
監督 川村泰祐
脚本 松田裕子
原作 渡辺あゆ『L♡DK』
製作 木村元子
出演者 剛力彩芽
山﨑賢人
中尾明慶
岡本玲
高島礼子(特別出演)
福士誠治
桐山漣
石橋杏奈
藤井隆
白石美帆
音楽 遠藤浩二
主題歌 Honey L Days「君色デイズ」
撮影 北山善弘
編集 松尾浩
制作会社 ドリームプラス
製作会社 「L♡DK」製作委員会
配給 東映
公開 2014年4月12日
上映時間 113分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 4.2億円[27]
テンプレートを表示

2014年4月12日公開[28]。公開初週の土日2日間の成績は動員6万3,143人、興収7,345万円で、全国映画動員ランキング初登場5位(興行通信社調べ)[29]

キャスト(第1作)[編集]

スタッフ(第1作)[編集]

受賞(第1作)[編集]

  • 新語・流行語大賞トップテン(2014年) - 「壁ドン」が受賞。『L♡DK』が壁ドンの火付け役となったと評価されて、流行語大賞表彰式には山﨑賢人が登壇した[30]

第2作[編集]

L♡DK
ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。
監督 川村泰祐
脚本 江頭美智留
原作 渡辺あゆ『L♡DK』
製作 木村元子(企画プロデュース)
遠藤祐磨
吉良俊一郎
中林千賀子
製作総指揮 柳迫成彦
前田章利
出演者 上白石萌音
杉野遥亮
横浜流星
高月彩良
堀家一希
町田啓太
音楽 遠藤浩二
主題歌 上白石萌音×内澤崇仁(androp
「ハッピーエンド」
撮影 北山善弘
制作会社 ブースタープロジェクト
製作会社 「2019 L♡DK」製作委員会
配給 東映
公開 2019年3月21日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 3.8億円[31]
テンプレートを表示

L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』のタイトルで、第1作からキャストを一新した第2作が2019年3月21日に公開された[32]。キャッチコピーは「スキにさせてやる」、「スキでいろよ」。

2019年9月3日にBlu-rayとDVDリリース。

キャスト (第2作)[編集]

スタッフ (第2作)[編集]

  • 原作:渡辺あゆ『L♡DK』(講談社「別冊フレンド」刊)
  • 監督:川村泰祐
  • 脚本:江頭美智留
  • 音楽:遠藤浩二
  • 主題歌:上白石萌音×内澤崇仁(androp)「ハッピーエンド」(ユニバーサルJ
  • 挿入歌:SUPERNOVA「Everytime」(SV RECORDS)
  • 製作:村松秀信、吉崎圭一、間宮登良松、木下直哉、角田真敏、楮本昌裕、有馬一昭、松井智、芳賀正光
  • エグゼクティブプロデューサー:柳迫成彦、前田章利
  • 企画プロデュース:木村元子
  • プロデューサー:遠藤祐磨、吉良俊一郎、中林千賀子
  • 撮影:北山善弘
  • 照明:長谷川誠
  • 録音:原川慎平
  • 美術:五辻圭
  • 助監督:吉田和弘
  • ラインプロデューサー:鶴賀谷公彦
  • 音楽プロデューサー:津島玄一
  • 配給:東映
  • 制作プロダクション:ブースタープロジェクト
  • 製作:「2019 L♡DK」製作委員会(東映、電通、東映ビデオ、木下グループ、講談社、ユニバーサルミュージックイオンエンターテイメントハピネット、WAJA NEXT)

Blu-ray・DVD・小説 (第2作)[編集]

  • 講談社KK文庫「小説 映画 L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。」 (2019年2月14日、著:有沢ゆう希、ISBN 9784065140512)[33]
  • Blu-ray / DVD(2019年9月3日、BIXJ-0308 / BIBJ-3376)
    • 初回限定:アウタースリーブケース、ポストカード4枚セット
    • 特典DVD:メイキング、主題歌メイキング、舞台挨拶集(完成披露舞台挨拶/初日舞台挨拶/主題歌アコースティックライブ 付き舞台挨拶/大ヒット舞台挨拶/中学校サプライズ訪問/SUPERNOVA舞台挨拶)、チョコレートデコレーション対決、オフィシャルインタビュー、LDKチャレンジ、胸きゅんシーン集

イベント (第2作)[編集]

  • 2019年2月12日
    • 完成披露舞台挨拶(新宿バルト9)- 上白石萌音、杉野遥亮、横浜流星[34]
  • 2019年3月6日
    • 中学校サプライズ訪問(横浜市立万騎が原中学校)- 上白石萌音、杉野遥亮、横浜流星[35]
  • 2019年3月14日
    • 原宿イベント(竹下通り・JOL原宿)- 上白石萌音、杉野遥亮、横浜流星[36]
  • 2019年3月21日
    • 初日舞台挨拶(新宿バルト9[37][38]/イオンシネマ港北ニュータウン/横浜ブルク13)- 上白石萌音、杉野遥亮、横浜流星[39]
    • 公開記念LINE LIVE・ツイッターライブ・インスタライブ - 上白石萌音、杉野遥亮、横浜流星
  • 2019年3月23日
    • 関西・中部舞台挨拶(なんばパークスシネマ/梅田ブルク7[40]/イオンシネマ鈴鹿[41]/ミッドランドスクエアシネマ)- 上白石萌音、杉野遥亮、横浜流星
  • 2019年3月24日
    • 九州舞台挨拶(イオンシネマ筑紫野/Tジョイ博多[42]/ユナイテッドシネマ福岡ももち)- 上白石萌音、横浜流星
  • 2019年3月25日
    • 九州舞台挨拶(2019年3月25日、鹿児島ミッテ10)- 上白石萌音
  • 2019年3月28日
    • 主題歌アコースティックライブ 付き舞台挨拶(新宿バルト9)- 上白石萌音、androp[43]
  • 2019年4月2日
    • 大ヒット記念舞台挨拶(新宿バルト9)- 上白石萌音、杉野遥亮、横浜流星[44][45]
  • 2019年6月18日

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ “『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』Blu-ray&DVDのアウターケースやポストカードデザインが公開!”. アニメ!アニメ!. (2019年7月11日). https://animeanime.jp/release/prtimes/20190711/57743.html 2021年2月20日閲覧。 
  2. ^ L DK(1)”. 講談社. 2021年2月20日閲覧。
  3. ^ L DK(2)”. 講談社. 2021年2月20日閲覧。
  4. ^ L DK(3)”. 講談社. 2021年2月20日閲覧。
  5. ^ L DK(4)”. 講談社. 2021年2月20日閲覧。
  6. ^ L DK(5)”. 講談社. 2021年2月20日閲覧。
  7. ^ L DK(6)”. 講談社. 2021年2月20日閲覧。
  8. ^ L DK(7)”. 講談社. 2021年2月20日閲覧。
  9. ^ L DK(8)”. 講談社. 2021年2月20日閲覧。
  10. ^ L DK(9)”. 講談社. 2021年2月20日閲覧。
  11. ^ L DK(10)”. 講談社. 2021年2月20日閲覧。
  12. ^ L DK(11)”. 講談社. 2021年2月20日閲覧。
  13. ^ L DK(12)”. 講談社. 2021年2月20日閲覧。
  14. ^ L DK(13)”. 講談社. 2021年2月20日閲覧。
  15. ^ L DK(14)”. 講談社. 2021年2月20日閲覧。
  16. ^ L DK(15)”. 講談社. 2021年2月20日閲覧。
  17. ^ L DK(16)”. 講談社. 2021年2月20日閲覧。
  18. ^ L DK(17)”. 講談社. 2021年2月20日閲覧。
  19. ^ L DK(18)”. 講談社. 2021年2月20日閲覧。
  20. ^ L DK(19)”. 講談社. 2021年2月20日閲覧。
  21. ^ L DK(20)”. 講談社. 2021年2月20日閲覧。
  22. ^ L DK(21)”. 講談社. 2021年2月20日閲覧。
  23. ^ L DK(22)”. 講談社. 2021年2月20日閲覧。
  24. ^ L DK(23)”. 講談社. 2021年2月20日閲覧。
  25. ^ L DK(24)”. 講談社. 2021年2月20日閲覧。
  26. ^ L DK(24) 特装版”. 講談社. 2021年2月20日閲覧。
  27. ^ キネマ旬報』2015年3月下旬 映画業界決算特別号、92頁。
  28. ^ 剛力彩芽、山崎賢人と至近距離でドキドキ 「L・DK」ポスター公開”. 映画.com (2013年12月13日). 2013年12月13日閲覧。
  29. ^ 壬生智裕 (2014年4月15日). “『アナと雪の女王』がV5!『風立ちぬ』以来の100億超えも間近!【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ. 2014年4月16日閲覧。
  30. ^ “壁ドン”が流行語トップ10に! 胸キュン王子・山崎賢人が受賞”. ザテレビジョン (2014年12月9日). 2017年10月19日閲覧。
  31. ^ 『キネマ旬報』2020年3月下旬特別号 58頁。
  32. ^ “上白石萌音がキスシーンに初挑戦「穴があったら入りたい」…映画「LDK~」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2018年9月6日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20180905-OHT1T50295.html 2018年9月6日閲覧。 
  33. ^ 小説 映画 L DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。”. 講談社. 2021年2月20日閲覧。
  34. ^ 胸キュン対決で杉野&横浜の個性炸裂!映画『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』完成披露上映会レポート”. CinemaGene (2019年2月13日). 2021年8月12日閲覧。
  35. ^ 「L・DK」杉野遥亮と横浜流星、“モテ師匠”としてお手本に?横浜の中学を訪問”. 映画ナタリー. 2021年8月13日閲覧。
  36. ^ 「L・DK」上白石萌音、杉野遥亮、横浜流星が竹下通りに登場!原宿の思い出語る(写真24枚)”. 映画ナタリー. 2021年8月13日閲覧。
  37. ^ キャストも観客もド・ド・ド緊張!映画『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』初日舞台挨拶レポート” (日本語). CinemaGene (2019年3月22日). 2021年8月12日閲覧。
  38. ^ 映画『L♡DKひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』公開初日舞台挨拶 レポート”. Cinema Art Online (2019年3月21日). 2021年8月12日閲覧。
  39. ^ 映画『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』 公開記念舞台挨拶が開催決定!!” (日本語). 東映オフィシャルサイト. 2021年7月23日閲覧。
  40. ^ 横浜流星「キュンキュンを通り越して、ギュンギュンしてほしい」映画「L♡DK ひとつ屋根の下、『スキ』がふたつ。」大阪舞台挨拶”. ウォーカープラス. 2021年8月13日閲覧。
  41. ^ vol.88 『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』上白石萌音さん、杉野遥亮さん、横浜流星さん 鈴鹿・名古屋舞台挨拶”. cinema.co.jp. 2021年8月12日閲覧。
  42. ^ 【レポート&インタビュー】上白石萌音主演『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』”. ふくおかナビ. 2021年8月13日閲覧。
  43. ^ 上白石萌音の「L・DK」キスシーンにandrop内澤崇仁が「これは黙ってられない」”. 映画ナタリー. 2021年8月13日閲覧。
  44. ^ キャスト&監督、映画を通して感じた愛に感謝!映画『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』大ヒット舞台挨拶レポート♡” (日本語). CinemaGene (2019年4月3日). 2021年8月12日閲覧。
  45. ^ 上白石萌音&杉野遥亮、サプライズに涙 横浜流星「泣くなよ」<L・DK>”. モデルプレス. 2021年8月12日閲覧。
  46. ^ 『愛唄ー約束のナクヒトー』『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ』がふたつ』の2作品が、第22回上海国際映画祭で上映されることになりました”. 川村泰祐Twitter. 2021年8月13日閲覧。

映画『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』 (@loveldk) - Twitter