L-39NG (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

L-39NG

L-39NG技術デモンストレーター

L-39NG技術デモンストレーター

  • 用途練習機
  • 設計者Flag of the Czech Republic.svg アエロ・ヴォドホディ英語版
  • 製造者Flag of the Czech Republic.svg アエロ・ヴォドホディ
  • 初飛行:2015年9月14日
  • 生産数:試作機が1機
  • 運用状況:開発中
  • 原型機L-39

L-39NGチェコの航空機メーカーであるアエロ・ヴォドホディがL-39を発展させて開発した練習機である。NGは次世代を表すNext Generationからとられている。運用コストが安いのが特徴であり、1時間の飛行あたりのコストは2,500USドル以下である[1]。顧客への出荷は2018年からを見込んでいる[1]

開発[編集]

アエロ・ヴォドホディが開発したL-159はコンポーネントにアメリカのものを多く使用してことから輸出への障害が発生していた。このため、アエロはL-159をベースに輸出の弊害となったコンポーネントを代替した上で改良を加えたL-169 AJTチェコ語版を開発し、2015年に初飛行させるとしていた[2]

2014年7月、アエロは同月に開催されたファーンボロー国際航空ショーにおいてL-169に代わる計画としてL-39NGプロジェクトを発表した[3]。アエロは2015年6月16日のパリ航空ショーで3つのローンチカスタマーを確保していると発表[1]、試作機は2015年9月14日に初飛行した[4]

2016年9月15日、アエロは開発の第一段階を完了し、新造機の開発に移行したことを発表した。この新造機は2017年半ばの飛行試験開始を見込んでおり、認証はその翌年に予定されている[5]

販売・サポート[編集]

2015年4月21日の時点で、ドラケン・インターナショナルは、L-39NGアップグレードプログラムをアエロ・ヴォドホディとウィリアムズ・インターナショナルと共同でアメリカ市場向けに提供を行うこととなっている。それ以外の航空機はチェコのエアロによって近代化される[1]

アエロは2016年6月16日にL-39NGプログラムのためのシミュレーション技術の主要なサプライヤーとなるVRグループとの覚書の締結を発表している。契約はより効果的なトレーニングを可能にする4レベルの訓練シミュレーションシステム、顧客およびチェコのLOMプラハチェコ語版戦術シミュレーションセンター間とのデータリンクの整備が含まれている[6]。販売に関してはオムニプル英語版が戦略的パートナーとなっており2016年2月5日に契約を結んだ[7]

派生型[編集]

フェーズ1
既存のL-39向けのアップグレードパッケージで、エンジンをイーウチェンコ AI-25からウィリアムズ FJ44-4Mに置き換える。また、アビオニクススイートをアップグレードする改修もパッケージに含めることができる[1]。エンジンが換装された理由は、原型のL-39が搭載していたAI-25エンジンにサポートの問題があったためである。また、FJ44が選ばれた理由は、軍用ではなく商用エンジンのため国際武器流通規定英語版の対象外であり、販売への影響が出ないことからである[8]
フェーズ2
新造機。FJ44-4Mを搭載し、新設計され燃料タンクを統合した主翼、新素材の使用により寿命や耐久性が向上された機体(15,000飛行時間)、ジェネシスエアロシステムズ社製多機能ディスプレイ3基とヘッドアップディスプレイによるフルグラスコックピットオープンアーキテクチャを採用した統合デジタル・モジュラーアビオニクス、NVGへの対応、仮想訓練システム、ゼロ・ゼロ射出座席など新しい脱出システム、新しいシングルピースのコックピット、5つのハードポイントなどを備える[1][9]

運用[編集]

採用[編集]

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

一部門であるブラックダイヤモンドが運用するL-39 6機に対してL-39NGアップグレードパッケージを適応する意向書を締結[6]

 チェコ

  • LOM プラハ
LOMはチェコ空軍のパイロットの訓練を請け負う国有企業でありパルドゥビツェ空港英語版の飛行訓練センターで運用する7機にL-39NGアップグレードパッケージを適応する。将来的には新造機の購入も検討している[6]

フランスの旗 フランス

  • ブライトリングジェットチーム英語版
腕時計メーカーブライトリングの「ブライトリング・ジェットチーム」が購入する意向書を締結[6]

セネガルの旗 セネガル

2018年4月5日、アエロ・ヴォドホディはセネガルからL-39NGを4機受注したと発表した。2020年と2021年に各2機を納品する。セネガル空軍がジェット機を導入するのは初めてで、新規製造のL-39NGの受注も初めてである[10]

検討[編集]

フランスの旗 フランス

運用するアルファジェットの後継としてL-39NGを検討中[11]

 ベトナム

運用中のL-39Z 10機およびL-39C 30機の後継としてYak-130とともに検討中[12]

仕様[編集]

コンセプトアート

出典: L-39 Next Generation web page[13][14]

諸元

性能

  • 最大速度: 775 km/h (420 KTAS) 高度6,000 m (20,000 ft)において
  • 航続距離: 2,590 km (1,400 nmi) 機内燃料のみ
  • 実用上昇限度: 11,500 m (38,000 ft)
  • 上昇率: 23 m/s (4,500 ft/min)

  • Gリミット: +8/-4 g

武装

  • 5つの外部ハードポイントに無誘導ロケット弾爆弾ガンポッドと偵察ポッドを含む1,200kgの武装を搭載可能。2つはウェットとなっており、570kgの増槽を装備可能。
テンプレートを表示
お知らせ。 使用されている単位の解説はウィキプロジェクト 航空/物理単位をご覧ください。

脚注[編集]