LBJ ケネディの意志を継いだ男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
LBJ ケネディの意志を継いだ男
LBJ
LBJ (film).jpg
監督と主要キャスト
監督 ロブ・ライナー
脚本 ジョーイ・ハートストーン
製作 マシュー・ジョージ英語版
ティム・ホワイト
トレヴァー・ホワイト
ロブ・ライナー
リズ・グロッツァー
製作総指揮 マーティン・シェイファー
エリザベス・A・ベル
出演者 ウディ・ハレルソン
マイケル・スタール=デヴィッド英語版
リチャード・ジェンキンス
ビル・プルマン
ジェフリー・ドノヴァン
ジェニファー・ジェイソン・リー
音楽 マーク・シャイマン
撮影 バリー・マーコウィッツ
編集 ボブ・ジョイス
製作会社 アカシア・エンターテインメント
サヴィ・メディア・ホールディングス
スター・スローワー・エンターテインメント
キャッスル・ロック・エンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗 エレクトリック・エンターテインメント英語版
日本の旗 ツイン
公開 アメリカ合衆国の旗 2017年11月3日
日本の旗 2018年10月6日
上映時間 97分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $20,000,000[2]
興行収入 世界の旗 $2,507,181[3]
テンプレートを表示

LBJ ケネディの意志を継いだ男』(エル・ビー・ジェー ケネディのいしをついだおとこ、原題:LBJ)は、2016年アメリカ合衆国伝記映画。監督はロブ・ライナー、主演はウディ・ハレルソンが務めた。ジョン・F・ケネディ大統領暗殺を受け、副大統領から大統領になったリンドン・B・ジョンソンの苦悩を描いている[4]

ストーリー[編集]

リンドン・B・ジョンソンケネディ政権下で副大統領の座についていたが、その存在感の希薄さ故に政界では軽んじられる始末であった。不遇を託つ日々を送るジョンソンだったが、転機は突然訪れた。1963年11月22日、ケネディが演説中のダラス凶弾に倒れたのである。ジョンソンは副大統領から大統領に昇格することとなった。大統領の暗殺という事態に国内は混乱したが、ジョンソンは巧みな手腕で事態を収束させていった。しかし、ジョンソンにはケネディ以来の懸案が残っていた。それは公民権法の制定であった。人種差別の解消を願っていたジョンソンは公民権法の早期制定を目指していたが、議会では南部選出の議員を中心に壮絶な反対運動が繰り広げられていた。

本作は公民権法の制定に尽力したジョンソンの姿を描き出していく。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

製作[編集]

ジョーイ・ハートストーンが執筆した本作の脚本は2014年ブラックリスト入りを果たしていた[5]2015年6月16日、ロブ・ライナーが監督に、ウディ・ハレルソンが主演に起用されたとの報道があった[6]。7月22日、リチャード・ジェンキンスがキャスト入りした[7]。27日、ビル・プルマンが本作に出演することになったと報じられた[8]。8月19日、キム・アレンがジャクリーン・ケネディ役に起用されたとの報道があった[9]。9月14日、ジェニファー・ジェイソン・リーの出演が決まったと報じられた[10]

本作の主要撮影は2015年9月21日にニューオーリンズで始まり[11]、同年12月中に終了した[12]

公開・興行収入[編集]

2016年8月30日、エレクトリック・エンターテインメントが本作の全米配給権を購入したと報じられた[13]。9月9日、本作は第41回トロント国際映画祭でプレミアを迎えた[14][15]

本作は『マイティ・ソー バトルロイヤル』及び『バッド・ママのクリスマス』と同じ週に封切られ、公開初週末に100万ドルから130万ドルを稼ぎ出すと予想されていたが[16]、この予想は的中した。2017年11月3日、本作は全米659館で公開され、公開初週末に110万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場14位となった[17]

評価[編集]

映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには75件のレビューがあり、批評家支持率は55%、平均点は10点満点で5.7点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「『LBJ ケネディの意志を継いだ男』はリンドン・ジョンソンという人物の複雑な姿を把握し損ねている。一般的に言って、伝記映画は対象人物の人格とキャリアに存する狡猾な側面を好むものだが、同作はそれらを無視している。」となっている[18]。また、Metacriticには19件のレビューがあり、加重平均値は54/100となっている[19]

出典[編集]

  1. ^ LBJ ケネディの意志を継いだ男”. 映画.com. 2018年6月8日閲覧。
  2. ^ Biopics Get a Brief Boost at the Box Office”. 2018年6月8日閲覧。
  3. ^ LBJ (2017)”. 2018年6月8日閲覧。
  4. ^ LBJ ケネディの意志を継いだ男”. WOWOW. 2019年9月2日閲覧。
  5. ^ ‘Catherine The Great’ Leads The Blacklist 2014: Full List — Update”. 2018年6月8日閲覧。
  6. ^ Woody Harrelson to Play LBJ in Political Drama Directed by Rob Reiner”. 2018年6月8日閲覧。
  7. ^ Richard Jenkins Joins Woody Harrelson’s Lyndon Johnson Movie ‘LBJ’”. 2018年6月8日閲覧。
  8. ^ Bill Pullman Elected To Join Rob Reiner’s ‘LBJ’”. 2018年6月8日閲覧。
  9. ^ ‘LBJ’ Finds Its Jackie In Relative Newcomer Kim Allen”. 2018年6月8日閲覧。
  10. ^ Jennifer Jason Leigh To Portray Lady Bird Johnson in Rob Reiner’s ‘LBJ’”. 2018年6月8日閲覧。
  11. ^ Rob Reiner's 'LBJ' begins shooting in New Orleans, with Woody Harrelson starring”. 2018年6月8日閲覧。
  12. ^ Allison Tolman, Michaela Watkins Join Will Ferrell-Amy Poehler Comedy; LBJ Packs Cast As Production Starts”. 2018年6月8日閲覧。
  13. ^ Electric Entertainment, Global Pictures Media team on Rob Reiner's 'LBJ'”. 2018年6月8日閲覧。
  14. ^ Toronto To Open With ‘The Magnificent Seven’; ‘La La Land’, ‘Deepwater Horizon’ Among Galas & Presentations”. 2018年6月8日閲覧。
  15. ^ Film Review: ‘LBJ’”. 2018年6月8日閲覧。
  16. ^ 'Thor: Ragnarok' Targets $100M+ Domestic Debut, Kicking Off the Holiday 2017 Season”. 2018年6月8日閲覧。
  17. ^ November 3-5, 2017”. 2018年6月8日閲覧。
  18. ^ LBJ”. 2018年6月8日閲覧。
  19. ^ LBJ (2017)”. 2018年6月8日閲覧。