LEVEL 4 (globeのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
LEVEL 4
globeスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
レーベル avex globe
チャート最高順位
ゴールドディスク
  • ゴールド(日本レコード協会
  • globe 年表
    PIANO globe〜globe piano collection〜
    2003年
    LEVEL 4
    (2003年)
    global trance best
    2003年
    『LEVEL 4』収録のシングル
    テンプレートを表示

    LEVEL 4』(レベル・フォー)は、globeの9枚目のフルアルバム。

    解説[編集]

    2003年3月26日に発売。発売元はavex globe。globeにYOSHIKIが加入した後に初めて発表されたオリジナルアルバムである。 但し、2002年11月27日にシングルとして発売していたseize the light以外はYOSHIKI作曲の楽曲が存在しない。なお、その後のglobeとYOSHIKIのコラボレーションに関してはglobe extremeの項を参照。

    「まず音色を制作する現場の人達が、僕らの作った音色を楽しんで欲しい」というコンセプトで制作された。小室の作業が立て込んでいる時はYOSHIKIがボーカルディレクションを行った[1]

    シンセサイザーはKORG KARMAAccess Virusシリーズ・Nord Lead3Elektron MachinedrummicroKORGRoland V-Synthをメインに使用された。「get it on now feat. KEIKO」「INSIDE feat. MARC」「blow」においては、Roland V-Synthに取り込んだKEIKOの声等をバリフレーズ機能等で作りこんで鳴らした[2]

    収録曲[編集]

    1. out of©control
      作詞・作曲・編曲:小室哲哉、MARC'S PART Words:MARC
      • メロディが一瞬でひらめいた後、歌詞も書き始めて3~4時間で出来た[1]
    2. get it on now feat. KEIKO
      作詞・作曲・編曲:小室哲哉、Rap Words:MARC
      • 同時発売したシングル曲
      • アルバムの中で最後に出来た曲[1]
    3. weather report
      作詞・作曲・編曲:小室哲哉、Rap Words:MARC
      • テーマは「携帯機器で全てを済ますような気になっている様なライフスタイルの歪み」を俯瞰で眺める主人公を書いた[1]
      • メロディは「TM NETWORKに近いポップな感じ」と称している[1]
    4. THE BOX
      作詞:KEIKO & TK 作曲・編曲:小室哲哉
      • テーマは「現代のライフスタイルの歪み」を書いた[1]
    5. this is the last night
      作詞・作曲・編曲:MARC
    6. INSIDE feat. MARC
      作曲・編曲:小室哲哉
      • 一部のメロディで使われているKEIKOの声はサンプリングではなく、音声合成である[1]
      • 「アイウエオ」と言ってもらったものを取り込めば、仮歌が作れる機械を1999年からある楽器メーカーと共同で開発していた。その試作機を使った[1]
    7. seize the light
      作詞:YOSHIKI/小室哲哉、作曲・編曲:YOSHIKI、Additional arrangrement:小室哲哉、Rap Words:MARC
      テレビ朝日系海外ドラマ「ダークエンジェル」日本イメージソング
    8. blow
      作曲・編曲:小室哲哉
      • 「INSIDE feat. MARC」と同じノウハウで作った[1]
      • テーマは「少し肩の力が抜けるように」作ることを心がけた[1]
    9. compass
      作詞:KEIKO、作曲・編曲:小室哲哉、Rap Words:MARC

    脚注[編集]

    1. ^ a b c d e f g h i j ソニー・マガジンズ刊『WHAT's IN?』2003年4月号133Pより。
    2. ^ リットーミュージック刊『キーボード・マガジン』2003年5月号より。