LGA2066

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
LGA2066
Socket 2066 IMGP5870 smial wp.jpg
ソケット形式 LGA(ランド・グリッド・アレイ)
チップ形状 FC-LGA
コンタクト数 2066
バスプロトコル DMI3.0
Intel UPI
採用プロセッサ Skylake-X
Kabylake-X

LGA2066は、ランド・グリッド・アレイ (Land grid array) を採用したインテルCPUソケットである。LGA2011-v3の後継にあたる規格であり別名はSocket R4

概要[編集]

SkylakeマイクロアーキテクチャKaby Lakeマイクロアーキテクチャに使用され、ハイエンドデスクトップ向けのCPUソケットとなる。2017年5月30日に発表された。LGA2066は他のソケットと違いゲーミングPC、ハイエンドPCとして位置付けされており、外観はLGA2011-v3と比較するとやや潰れた長方形になっている。ランド(=平たい接点)が2066個になり、従来のソケットとの互換性はない。 またLGA2066より新しいハイエンドCPU、Core i9が採用される。最上位とされるCore i9 7980XEでは18コア36スレッドが実装されており前Broadwellマイクロアーキテクチャ の最上位モデル、Core i7 6950Xの10コア20スレッドを大きく上回っている。 またLGA2066から比較的低価格でハイエンドモデルのCore i5も投入される予定である。

DDR4 SDRAMを使用し、4チャンネル(CPUがi7-7740Xとi5-7640Xの場合は2チャンネル)までサポートする。

対応CPU[編集]

  • Core i9 10000 番台 (Cascade Lake-X)
  • Core i9 9000 番台 (Skylake-X Refresh)
  • Core i9 7900 番台 (Skylake-X)
  • Core i7 7900/7800 番台(Skylake-X)
  • Core i7 7600/7700 番台 (Kabylake-X)
  • Core i5 7600番台 (Kabylake-X)

関連項目[編集]