LIFE 6 SENSE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
LIFE 6 SENSE
UVERworldスタジオ・アルバム
リリース
録音 2010年 - 2011年
ジャンル ロック
オルタナティヴ・ロック
ミクスチャー・ロック
ポップ・ロック
時間
レーベル gr8!records
プロデュース UVERworld
平出悟
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 2011年6月度月間7位(オリコン)
  • 2011年度上半期28位(オリコン)
  • 2011年度年間49位(オリコン)
ゴールドディスク
  • ゴールド(日本レコード協会
  • UVERworld アルバム 年表
    LAST
    2010年
    LIFE 6 SENSE
    (2011年)
    THE ONE
    2012年
    『LIFE 6 SENSE』収録のシングル
    1. クオリア
      リリース: 2010年9月15日
    2. NO.1
      リリース: 2010年11月24日
    3. MONDO PIECE
      リリース: 2011年4月6日
    4. CORE PRIDE
      リリース: 2011年5月11日
    テンプレートを表示

    LIFE 6 SENSE』(ライフ・シックス・センス)は、UVERworldの6枚目のオリジナルアルバム2011年6月1日gr8!recordsから発売された。

    概要[編集]

    今回のアルバムは、"6枚目"のアルバムや"6月"発売、一部の楽曲に"6人目"のメンバーであるSEIKAが参加やメジャーデビュー"6年目"と、何かと6に関係する事が多く、その意味も込めと「LIFE 6 SENSE」と、タイトルに6を入れた[1]

    今作の収録曲のうち、3曲(「いつか必ず死ぬことを忘れるな」、「一石を投じるTokyo midnight sun」、「ace of ace」)が今作のリードトラックとなっており、3曲とも「CORE PRIDE」のPV同様に神奈川県川崎市宮前区にあるAvaco Studio(さぎ沼スタジオ)での生演奏が使われたPVが製作されている。同スタジオで撮影されたPVや収録風景をまとめた番組が、今作の発売から約一ヶ月後の2011年7月2日MUSIC ON! TVで放送された。その映像は後の7thアルバム「THE ONE」の初回生産限定盤のDVDに収録されている。

    2011年5月31日付のオリコンアルバムデイリーチャートでは、2位を獲得。初日だけで約4万枚を売り上げ、前作の『LAST』を約1万枚上回った。また、6月13日付の週間アルバムチャートでも95,235枚の初動売上を記録し、「LAST」で記録した81,210枚を上回り初登場2位を記録した。

    2011年度の年間順位では49位を記録し、UVERworldのアルバム作品の年間順位では最高を記録した。

    キャッチコピーは『まだまだ、行けるぞ。

    収録内容[編集]

    CD
    1. CORE PRIDE[4:18]
      • 作詞:TAKUYA∞ / 作曲:TAKUYA∞ , 彰 / 編曲:UVERworld , 平出悟
      19thシングル。TBS・MBS系アニメ『青の祓魔師』オープニングテーマ。
      仮タイトルは「SIX」。
    2. いつか必ず死ぬことを忘れるな[3:48]
      • 作詞:TAKUYA∞ / 作曲:TAKUYA∞ , 彰 / 編曲:UVERworld , 平出悟
      仮タイトルは「LIFE」。アルバム自体は6月の発売であるが、この楽曲自体は同年3月11日に起こった東日本大震災よりも前に作成されている。大震災の影響もあり、このアルバムに収録すべきかどうかを話されたが、今だからこそ収録すべき楽曲として、収録されるに至ったというエピソードもある。真太郎曰く「このアルバムを通して、メッセージが一番ストレート」。
    3. 一石を投じるTokyo midnight sun[4:20]
      • 作詞:TAKUYA∞ / 作曲:TAKUYA∞ / 編曲:UVERworld , 平出悟
      TAKUYA∞が高校生くらいの頃から好きだったR&BHIP HOPのルーツをベースに作曲された。
    4. ace of ace[3:20]
      • 作詞:TAKUYA∞ / 作曲:TAKUYA∞ / 編曲:UVERworld , 平出悟
      三重県にある鈴鹿サーキットからイメージを膨らませ完成した曲。今作の楽曲の中で真太郎がドラムで苦戦した一曲でもあり、イメージ通りのドラムをするのが難しかったと話す。「47/47 TOUR 2011」ではアルバム発売前から既に披露された。
    5. NO.1 (album ver.)[4:54]
      • 作詞:TAKUYA∞ / 作曲:UVERworld / 編曲:UVERworld , 平出悟
      17thシングルのアルバムバージョン。
    6. クオリア
      • 作詞:TAKUYA∞ / 作曲:UVERworld / 編曲:UVERworld , 平出悟
      16thシングル。映画『劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-』主題歌。
    7. シークレット[3:48]
      • 作詞:TAKUYA∞ / 作曲:TAKUYA∞ , 彰 / 編曲:UVERworld , 平出悟
      TAKUYA∞の男友達の実体験から歌詞が綴られた。
    8. 勝者臆病者[3:20]
      • 作詞:TAKUYA∞ / 作曲:TAKUYA∞ / 編曲:UVERworld , 平出悟
      メンバー曰く「真面目にふざけた曲」。
    9. 6つの風 (album ver.)[3:26]
      • 作詞:TAKUYA∞ / 作曲:UVERworld / 編曲:UVERworld , 平出悟
      17thシングル「NO.1」収録曲のアルバムバージョン。
    10. 一億分の一の小説[4:34]
      • 作詞:TAKUYA∞ / 作曲:UVERworld / 編曲:UVERworld , 平出悟
      歌詞はファンから貰った小説を読んだ時にあったある出来事をもとに書かれた。歌詞は東北地方太平洋沖地震発生後に書かれた。作曲中に何度もアレンジ変え、当初作っていた曲から大きく姿を変えた曲。自分たちの納得する形になるまで練り続けられた。信人曰く「展開も多く、それをまとめるのが大変だった」。
    11. MONDO PIECE[5:28]
      • 作詞:TAKUYA∞ / 作曲:UVERworld / 編曲:UVERworld , 平出悟
      18thシングル。本来はシングルカットされず、今作のみに収録される予定であった。
      仮タイトルは「3peace」「辿り着くべき場所」。
    12. 白昼夢[3:20]
      • 作詞:TAKUYA∞ / 作曲:UVERworld / 編曲:UVERworld , 平出悟
      東北地方太平洋沖地震発生後に歌詞が書かれた曲の一つ。TAKUYA∞曰く「いつもと違う歌い方なのは、上手さや喉を鳴らす場所を意識せずとにかく大きい声を出すように心がけたから」。嫌な出来事を忘れさせる歌ではなく、嫌な出来事に立ち向かって行けるようにという思いを込めて作詞された。

    初回生産限定盤[編集]

    DVD
    1. Music Video
      GOLD」、「クオリア」、「NO.1」、「MONDO PIECE」のPVを収録。
    2. special core abilities [short edition]
      以前UVERworldの公式HPにて公開されていた「core abilities」の短縮版。2010年に行われた全国ライブツアー「UVERworld LAST Tour 2010」の国立代々木競技場 <第一体育館>でのライブ映像とインタビューを織り交ぜた映像になっている。
    3. LAST Tour 2010 Zepp Tokyo 2010.07.07 Digest
      「UVERworld LAST Tour 2010」の追加公演で行われたZepp Tokyoでのライブ映像のダイジェスト版。

    出典[編集]