LM-GTE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フェラーリ・488 GTE(2017年)

LM-GTE(エルエム-ジーティーイー)とは、レーシングカーの車両規則の一つである。グループGT2の発展。

概要[編集]

フォード・GT(2016年)

グループGT2が2011年に耐久レース用規定に発展して誕生した。ただし、FIAのグループ~という呼称は消滅し、カテゴリから外されている。規則上の名称は「”ル・マン”耐久グランドツーリングカー」。

グループGT3同様性能調整を用いるが、FIA/ACOの裁量に不満が多かったため、2016年から性能調整決定から人間性を排したアルゴリズムを用いている(計算式などは非公表)[1]

ベース車両となる市販車は2シーターあるいは2×2シーターのクーペで、大規模メーカーの場合は連続する12ヶ月間で200台、小規模メーカーは25台の生産が必要。しかしフォードGTのように、FIA/ACOの許可を得られれば市販車の生産前にホモロゲーションを取得することも可能である。エンジンの排気量は自然吸気は5500cc、過給器付きは4000ccまで[2]

かつてACOはグループGT3との統合をSROにもちかけたが結局破談となり、空力開発の自由度を上げることで差別化して決着した[3]

WECではLMP1の高コスト化やGT3人気の後押しもあって多数のマニュファクチャラーの参入を見せており、2017年からLM-GTEプロクラスがワールドカップから世界選手権へと格上げされた。

一方でアマチュアにはGT3ほどの人気は無く、WECの姉妹カテゴリであるアジアン・ル・マン・シリーズではLM-GTE車両は採用されていない。

歴史[編集]

  • 2011年 - グループGT2の発展として誕生。
  • 2014年 - グループGT3との統合を図るも頓挫。
  • 2016年 - リアオーバーハングの空力開発を大幅に緩和。
  • 2017年 - マニュファクチャラー増加に伴い、WECのLM-GTEプロクラスがワールドカップから世界選手権に格上げされる。

ホモロゲーション取得車両一覧[編集]

参戦可能なレース[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]