LOCKS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
LOCKS
GARNET CROWスタジオ・アルバム
リリース
録音 2007年2008年
ジャンル J-POP
レーベル GIZA studio
プロデュース GARNET CROWKANONJI
チャート最高順位
  • 週間5位(オリコン
  • 登場回数6回(オリコン)
GARNET CROW 年表
THE TWILIGHT VALLEY
2006年
LOCKS
2008年
STAY 〜夜明けのSoul〜
2009年
『LOCKS』収録のシングル
  1. 風とRAINBOW/この手を伸ばせば
    リリース: 2007年2月21日
  2. 涙のイエスタデー
    リリース: 2007年7月4日
  3. 世界はまわると言うけれど
    リリース: 2007年11月14日
テンプレートを表示

LOCKS』(ロックス)は、GARNET CROWの6枚目のアルバム2008年3月12日に発売。

解説[編集]

前作『THE TWILIGHT VALLEY』から1年5ヶ月振りとなるアルバム。初回限定盤A(CDDVD)、初回限定盤B(CD+DVD)、通常盤(CDのみ)の合計3形態でのリリースとなる(3形態同時発売は初)。なお、パッケージのジャケットやレーベルデザイン等はそれぞれ異なるが、CDの収録内容は3形態共通である。初回限定盤に付属するDVDの収録内容はAとBそれぞれ異なっており、初回限定盤AのDVDには2007年10月20日京都仁和寺で行われたスペシャルライブから3曲が、初回限定盤BのDVDにはPV3曲が、それぞれ収録されている。

本作のリリースは前年に発売されたシングル「世界はまわると言うけれど」に封入されていたフライヤーで告知されていたが、「LOCKS(仮)」と仮タイトルであり、発売日も2008年初春だった。その後2008年1月に公式ホームページで正式なタイトルと発売日が発表された。2008年2月13日にはGARNET CROWのオフィシャルサイト内に『LOCKS』特設サイトがオープンし、アルバム紹介の他、中村由利によるライナーノーツ等が公開された。

作品のテーマとして「ピュア」と「エバーグリーン」を掲げており、中村曰く「愛を込めたアルバム」と語っている。タイトルは中村曰く「リスナーと自分たちの音楽とがいつまでも繋がっていられるように、ロック(施錠)されているという思いを込めて付けた」「6枚目とロックの語感を掛けた」とコメントしている。

また発売に際して、TSUTAYA各店舗での予約先着購入特典としてアナザージャケット仕様のTSUTAYA onlineアクセスカードが配布される他、TSUTAYAおよびTSUTAYA onlineとの連動キャンペーンが行われた。

初回限定盤AのDVDに収録されている仁和寺でのスペシャルライブは、完全版での発売の要望が多かったため同年12月17日にライブDVD『GARNET CROW Special live in 仁和寺』が発売された。また、初回限定盤BのDVDに収録されている「もう一度 笑って」のPVは本作のために撮り下ろされたもので、撮影時の様子は『LOCKS』特設サイトにて公開された。

収録曲[編集]

全曲、作詞:AZUKI七 作曲:中村由利 編曲:古井弘人

  1. 最後の離島
  2. 涙のイエスタデー (album ver.)
    25thシングルのアルバムバージョン。読売テレビ日本テレビ系アニメ『名探偵コナン』オープニングテーマ
  3. 世界はまわると言うけれど
    26thシングル。読売テレビ・日本テレビ系アニメ『名探偵コナン』エンディングテーマ
  4. もう一度 笑って
    TBS『デジ@缶』2008年3月度エンディングテーマ
  5. この手を伸ばせば (album ver.)
    24thシングル「風とRAINBOW/この手を伸ばせば」収録曲のアルバムバージョン。テレビ東京系アニメ『メルヘヴン』エンディングテーマ
  6. doubt
  7. 風とRAINBOW
    24thシングル「風とRAINBOW/この手を伸ばせば」収録曲。テレビ東京系アニメ『メルヘヴン』オープニングテーマ
  8. ふたり
  9. Mr.Holiday
  10. The first cry
  11. Love is a Bird

初回特典DVD収録内容[編集]

初回限定盤A[編集]

『GARNET CROW Special live in 仁和寺』

  1. まぼろし
  2. Holy ground
  3. 世界はまわると言うけれど

初回限定盤B[編集]

Music Clip

  1. 世界はまわると言うけれど
  2. 涙のイエスタデー
  3. もう一度 笑って

関連項目[編集]