LP 944-20

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
LP 944-20
星座 ろ座
視等級 (V) 18.50
変光星型 閃光星
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 03h 39m 35.2s
赤緯 (Dec, δ) -35° 25′ 41″
視線速度 (Rv) ?
固有運動 (μ) 赤経:324.18 ミリ秒/
赤緯:296.08 ミリ秒/年
年周視差 (π) 201.4 ± 4.2 ミリ秒
距離 16.19 ± 0.34 光年
(4.966 ± 0.104 パーセク
絶対等級 (MV) 20.02
物理的性質
半径 0.10 R
質量 0.06 M
自転周期 < 5 時間
スペクトル分類 M9.0 V
光度 0.000145 L
表面温度 ?
色指数 (B-V) ?
色指数 (U-B) ?
金属量[Fe/H] > 100%(太陽比)
年齢 3.2-6.5 ×108
別名称
別名称
2MASS J03393521-3525440, 2MASSW J0339352-352544, APMPM J0340-3526, BRI 0337-3535, BRI B0337-3535, LEHPM 3451, N3 9 ,NS 0339-3525
■Template (■ノート ■解説) ■Project

LP 944-20ろ座にある褐色矮星。太陽系から16光年の位置に存在する。はじめてフレア現象が観測された褐色矮星である。

概要[編集]

1975年にWillem Jacobがこの星を発見した当時は小さく暗い赤色矮星と考えられていた。1998年になってChris G. TinneyはLP 944-20の大気中にリチウムが存在することを発見した。恒星であれば核融合反応によりリチウムは速やかに失われるので、太陽の約6%という質量から考えてこの天体は褐色矮星であると判断された。

LP 944-20は重元素に富んでおり、非常に若い天体であると推測される。モデルからは4.75-6.50億年と計算されたが、空間運動からカストル運動星群に属しているとも考えられ、その場合はさらに若い3.20億年である。

フレア[編集]

誕生間もない褐色矮星は、重水素核融合を起こして輝く。しかし、重水素はわずかしか存在しないので、すぐに核融合反応は停止する。その後は核融合反応の余熱と重力収縮によって、わずかに赤外線を放射し冷えていく一方である。このように、褐色矮星は概して不活発であると考えられていた。

1999年12月5日、NASAのチャンドラX線観測衛星はLP 944-20からのX線フレア現象を2時間にわたって捉え、多くの天文学者を驚かせた(「吼えるネズミ」と表現された)。このフレア現象のエネルギーは、太陽の小規模フレアに匹敵するもので、木星で観測されたX線フレア現象と比較すると10億倍もの規模であった。

当初、フレアは持続的なものであり、エネルギー源は磁場のねじれと考えられたが、2001年にLP 944-20のフレア現象には休止期があることが発見され、磁場も赤色矮星と比較して弱いことがわかった。これを説明するものとして、星内部の乱流によって磁場が集積し、稀に激しいフレアを起こすと考えられた。

関連項目[編集]