LS電線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
LS電線株式会社
LS Cable & System, Ltd.
LS Cable & System logo.svg
種類 株式会社
本社所在地 大韓民国の旗 韓国
京畿道安養市東安区虎溪洞1026-6
LSタワー12-17F
設立 1962年5月
業種 電気機器
法人番号 5700150000427 ウィキデータを編集
事業内容 超高圧ケーブル、光通信ケーブル等各種電線製造
代表者 代表取締役会長:具滋烈(ク・ジャヨル)
代表取締役社長:孫鐘鎬(ソン・ジョンホ)
売上高 連結:6兆6,000億ウォン
単体:1兆4,773億ウォン
(2008年3月)
総資産 連結:5兆1000億ウォン
単体:3兆1,163億ウォン
(2008年3月)
従業員数 単体:1,850人
(2008年3月)
決算期 3月31日
主要株主 株式会社LS
主要子会社 スーペリア・エセックス
LS-ニッコー・カッパー
外部リンク http://www.lscable.co.kr/
特記事項:2003年にLGグループから独立。
テンプレートを表示

LS電線株式会社(エルエスでんせん、英文社名:LS Cable & System, Ltd.)は京畿道安養市に本社を置く電線メーカー。

電線で住友電気工業に次ぐ世界4位。LGグループから独立したLSグループの中心となる企業で、LSグループはともに独立したGSグループと兄弟の関係である。

主力製品・事業[編集]

  • 電力ケーブル
  • 光通信ケーブル
  • 電線素材コイル
  • 通信線製品

主要事業所[編集]

  • 本社 - 京畿道安養市東安区虎溪洞1026-6 LSタワー12-17F
  • 安養事業場 - 京畿道安養市東安区虎溪洞 555番地
  • 亀尾事業場 - 慶尚北道亀尾市工团洞190番地
  • 仁洞事業場 - 慶尚北道亀尾市真坪洞643番地

沿革[編集]

主要関係会社[編集]

独占に対する規制から、2005年にLGグループは石油化学やコンビニエンスストアなどの部門をGSグループとして、LG電線グループなどの部門をLSグループとして分離した。「LS」とは"Leading Solution"の略とされるが、具会長は「系列分離以降、新たに出発する意味で名前を変えた」とし、「LGと根っこが同じで、LGの伝統と長所を継承するとの点で“L”の字を残した」としている。

国内グループ企業[編集]

  • LS産電朝鮮語版
  • LS-ニッコー・カッパー(日本のJX金属との合弁会社)
  • LS Mtron
  • GAONケーブル(カオン電線)
  • E1英語版
  • YESCO(旧極東都市ガス)
  • スーペリア・エセックス