LW (レーダー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
RAWL-02
インド海軍デリー」搭載機
1022型レーダー
イギリス海軍アーク・ロイヤル」搭載機(艦橋上部の大型アンテナ

LWシリーズは、オランダのシグナール社(現在のタレス・ネーデルラント社)が開発した2次元レーダーのシリーズ。長距離での対空警戒を目的としたLバンドレーダーであり、「L」は空を意味する"Lucht"、「W」は警戒を意味する"wacht"に由来する[1]

概要[編集]

第1世代としては、巡洋艦向けのLW-01駆逐艦向けのLW-02が開発された。LW-01は、メーカー呼称ではSGR-114/06と称されており、11メートル×4.88メートルという巨大なアンテナによって、幅1度という鋭いビームを生成することができた。LW-02は、メーカー呼称ではSGR-114/12と称されており、アンテナは7.8メートル×4.25メートルに小型化されて、ビーム幅は2.2度となった。また、LW-02を元にアンテナ回転速度を変更した派生型としてLW-03も開発されたほか、カナダでは、LW-03のアンテナとAN/SPS-12の送信機を組み合わせたSPS-501が開発された[1][2]

LW-02/03の後継とされたのがLW-04である。楕円形アンテナを採用しており、また、デジタル式の移動目標表示(MTI)英語版技術が導入されている。最大探知距離は、レーダー断面積2m²の目標に対して222km(高度16,764m)であった[1]

LW-05は発表されておらず、LW-06およびLW-07は地上用である[1]

第3世代機として発表されたのがLW-08である。LW-07と同じパルス圧縮技術が適用されており、35,69マイクロ秒のパルスから、短距離分解能を重視して、長いチャープを伴う1マイクロ秒のパルスに圧縮されている。また、本機のピーク出力は150キロワットと比較的低いにも関わらず、平均出力は5.1キロワットとかなり高い部類に属する。この平均出力は、パルス幅1マイクロ秒、PRF 1,000ppsの通常のレーダーであれば、ピーク出力5.1メガワットに相当するものである。最大探知距離は、レーダー断面積2m²の目標に対して269km(高度25,900m)、最低探知距離は2kmであった。また、探知可能な目標の最大速度はマッハ5である[1][2]

なお、カナダ海軍ではSPQ-502として制式化されているほか、民生用の航空交通管制レーダーとしてはLAR-2と称されている。インドの国営軍需メーカーであるバーラト・エレクトロニクス英語版においてもRAWL-02の名称でライセンス生産され、インド海軍艦船にも広く採用されている[3][4]。また、イギリスの1022型レーダー英語版は、本機の送信機と、マルコーニ社製のより鋭いビームを形成できるアンテナを組み合わせたものである[2]

諸元表[1][2]
LW-02 LW-08
周波数 Lバンド
ビーム幅 2.2度
ピーク出力 500kW 150kW
ゲイン 31dB 30dB
パルス幅 (a) 2マイクロ秒
(b) 5マイクロ秒
(a) 35マイクロ秒
(b) 69マイクロ秒
PRF (a) 500pps/(b) 250pps (a) 1,000pps/(b) 500pps
最大探知距離/高度 185km/18,000m
航空機に対して)
269km/25,900m
RCS 2m²の場合)
精度 n/a 測角:2.2度
測距:91m
アンテナ回転速度 1-10rpm 7.5/15rpm
アンテナ寸法 7.8×4.25m 7.9×4.85m
アンテナ重量 953kg 1,500kg

採用国と搭載艦[編集]

 アラブ首長国連邦海軍

  • コルテノール級フリゲート(LW-08)

 イギリス海軍

 インド海軍

 インドネシア海軍

 オーストラリア海軍

 オランダ海軍


参考文献[編集]

  1. ^ a b c d e f Norman Friedman (1981). Naval Radar. Naval Institute Press. pp. 212-213. ISBN 9780870219672. 
  2. ^ a b c d Norman Friedman (1997). The Naval Institute guide to world naval weapon systems 1997-1998. Naval Institute Press. pp. 313-315. ISBN 9781557502681. http://books.google.co.jp/books?id=l-DzknmTgDUC. 
  3. ^ タレス・ネーデルラント社公式サイト(フランス語)
  4. ^ Defenseworld.net(英語)

関連項目[編集]