LaLa

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
LaLa(ララ)
ジャンル 漫画雑誌
読者対象 少女
刊行頻度 隔月刊月刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
定価 470円(2014年6月号以降)
出版社 白泉社
編集長 佐藤一哉[1][2]
雑誌名コード 09205
刊行期間 1976年7月 -
発行部数 76,833部(2021年4月 - 2021年6月日本雑誌協会調べ)
レーベル 花とゆめコミックス
姉妹誌 LaLa DX、××LaLa
ウェブサイト 白泉社オンライン
テンプレートを表示

LaLa』(ララ)は、白泉社の発行する月刊少女漫画雑誌。発売日は毎月24日(発行月の前々月)。

歴史[編集]

創刊[編集]

1976年7月に隔月刊誌として創刊された[3][4][5]。創刊号は山岸凉子の「花の精たち」というイラストが表紙を飾った[5][6]。創刊時の表紙について、成田美名子は「枠の中に入っていて、すごくおしゃれ。当時はこういうデザインがなかったので、すごく新鮮」だと語っている[7]。創刊当時の誌名は『花とゆめ LaLa』であり[5]、価格は260円。初代編集長は小長井信昌が務めた[5]。キャッチフレーズは「ビューティフルなまんが雑誌」であった[7]。創刊号は24万8千部で、売行きは97.3パーセントという驚異の数字であったため、売り切れる店が続出したという[5]

創刊後[編集]

創刊からちょうど1年後の1977年7月に同年9月号をもって月刊化され、誌名も『LaLa』へと変更された[5]。それから1年の間、表紙を萩尾望都が担当した[5]

1979年7月、初の増刊号である『LaLa2月大増刊』が刊行される[5]。現行の姉妹誌には、隔月刊誌『LaLa DX』(1985年創刊時は季刊)がある。両誌の沿革および既に休刊した増刊誌・派生誌に関しては後述を参照。

単行本は、白泉社の総合レーベル「花とゆめコミックス」より刊行されている。

かつては『遙かなる時空の中で』や『金色のコルダ』など、ネオロマンスシリーズのコミカライズ作品が掲載されていたが、『ARIA』(講談社)に掲載された。

2016年7月23日から8月2日まで、創刊40周年を記念して原画展「美しい少女まんがの世界」を開催[5][7]

2018年より本誌の電子版の配信が開始[5]

特徴[編集]

誌名について、「多くの読者に愛されるよう、親しみやすい」名称にするために4つの由来がある[5]。姓名判断から「外国の女の子の名前」、「口ずさみやすく馴染みの深い「歌声」」、「『ドクトル・ジバゴ』のヒロインの名前」より「名作」、「当時のフランスの少女たちにポピュラーな人形の名前」より「かわいい人形」の4つ[5]

初代編集長の小長井信昌によると、創刊時は『花とゆめ』よりやや上の読者層で「マンガ読みのための雑誌」を想定していた[5]。しかし小長井のコンセプトである「オタクとかマニア向に偏しない、『わかりやすくおもしろい』という、マンガへのかねての私の持論は絶対外さないように」していたという[5]

マンガ研究者のヤマダトモコによると、創刊ごろの本誌は「当時注目の漫画家がほかの雑誌では描けない作品をLaLaで描く」といった様子で「新しいことをしている雑誌という印象」であったという[6]。「少女マンガの世界が恋愛一辺倒みたいになっていたころに、それとは違うタイプの作品がたくさん載っていた」と語っている[6]

歴代編集長[編集]

  • 小長井信昌(1976年(創刊[5]) - )
  • 鈴木浩介( - 2021年[8]
  • 佐藤一哉(2021年[1][2] - )

現在の掲載作品[編集]

2021年11月号現在。

作品名 作者(作画) 原作者など 開始号 備考
なつめゆうしんちよう夏目友人帳 みとりかわ ゆき緑川ゆき 2007年09月号 LaLa DX』より移籍
かくえんへひいしつたあす学園ベビーシッターズ とけいの はり時計野はり 2009年11月号
あかかみのしらゆきひめ赤髪の白雪姫 あきつき そらたあきづき空太 2011年11月号 LaLa DX』より移籍
かわいいたぬきもらくしやない可愛いたぬきも楽じゃない かわくち けい河口けい 2017年05月号
きみははるにめをさます君は春に目を醒ます しま あさと縞あさと 2017年07月号
てんとうけものかたり天堂家物語 さいとう けん斎藤けん 2018年02月号 LaLa DX』より移籍
てんせいあくしよのくろれきし転生悪女の黒歴史 とうか あきはる冬夏アキハル 2018年10月号
りはあすりはあすリバース×リバース あまの しのふ天乃忍 2020年03月号
このきようあいはてんさいてすこの凶愛は天災です ゆめき みつる夢木みつる 2020年04月号
すえなかくよろしくおねかいします末永くよろしくお願いします いけ しゆんこ池ジュン子 2020年05月号
きかいしかけのまりい機械じかけのマリー あきもと あきあきもと明希 2020年08月号
みみすくとよるのおうミミズクと夜の王 すすき ゆう鈴木ゆう こうきよく いつき紅玉いづき(原作) 2020年11月号 コミカライズ
おしようおめさめのしかんてすお嬢、お目覚めの時間です かし やえこ樫八重子 2021年03月号
りゆうおうのかけひめ龍皇の影姫 おおそら あきら大宙晃 2021年09月号
しおのまち塩の街 ゆみ きいろ弓きいろ ありかわ ひろ有川ひろ(原作) 2021年10月号 コミカライズ
こんやくしやはてきあいのふり婚約者は溺愛のふり なかの えみこ仲野えみこ 2021年11月号

過去の掲載作品[編集]

あ行[編集]

か行[編集]

さ行[編集]

た行[編集]

な行[編集]

は行[編集]

ま行[編集]

や行[編集]

ら行[編集]

わ行[編集]

映像化作品[編集]

コミカライズを除くオリジナル作品に限る。

劇場アニメ[編集]

作品 公開年 原作 アニメーション制作 備考
綿の国星 1984年[5] 大島弓子 虫プロダクション

実写映画[編集]

作品 公開年 原作 監督 備考
櫻の園 1990年[5] 吉田秋生 中原俊
2008年[5]
桜蘭高校ホスト部 2012年[5] 葉鳥ビスコ 韓哲

テレビアニメ[編集]

作品 放送年 原作 アニメーション制作 備考
みかん・絵日記 1992年[5] 安孫子三和 日本アニメーション テレビアニメのタイトルは『みかん絵日記』[5]
彼氏彼女の事情 1998年[5] 津田雅美 GAINAXJ.C.STAFF
オコジョさん 2001年[5] 宇野亜由美 RADIX テレビアニメのタイトルは『しあわせソウのオコジョさん』[5]
桜蘭高校ホスト部 2006年[5] 葉鳥ビスコ ボンズ
獣王星 2006年[5] 樹なつみ ボンズ
ヴァンパイア騎士 2008年(第1期、第2期)[5] 樋野まつり スタジオディーン
夏目友人帳 2008年(第1期)[5] 緑川ゆき ブレインズ・ベース
2009年(第2期) テレビアニメのタイトルは『続 夏目友人帳』
2011年(第3期) テレビアニメのタイトルは『夏目友人帳 参』
2012年(第4期) テレビアニメのタイトルは『夏目友人帳 肆』
2016年(第5期) 朱夏 テレビアニメのタイトルは『夏目友人帳 伍』
2017年(第6期) テレビアニメのタイトルは『夏目友人帳 陸』
花咲ける青少年 2009年[5] 樹なつみ ぴえろ
会長はメイド様! 2010年[5] 藤原ヒロ J.C.STAFF
赤髪の白雪姫 2015年[5] あきづき空太 ボンズ
学園ベビーシッターズ 2018年[5] 時計野はり ブレインズ・ベース

OVA[編集]

作品 発売年 原作 アニメーション制作 備考
八雲立つ 1997年[5] 樹なつみ スタジオぴえろ
火宵の月 1998年[5] 平井摩利 フォーサム

テレビドラマ[編集]

作品 放送年 原作 備考
っポイ! 1999年[5] やまざき貴子
桜蘭高校ホスト部 2011年[5] 葉鳥ビスコ
お迎えです。 2016年[5] 田中メカ

新人賞[編集]

1976年7月に、新人漫画賞である「アテナ大賞」(後の「白泉社アテナ新人大賞」)が『花とゆめ』との共催で新設[5]。初回は水野英子が審査委員長、山岸凉子美内すずえ和田慎二、『LaLa』編集長が審査委員を務めた[5]。同賞は1976年から2012年まで開催され、2013年以降は「白泉社少女まんが新人大賞」としてリニューアルされた。受賞作品は開催の翌年2月号に掲載される。

新人賞として、毎月開催される「LMSララまんが家スカウトコース」と、4月・8月・12月に開催される「ララまんがグランプリ」を主宰。また、かつては「ララまんがスクール」を主宰していた。

発行部数[編集]

  • 1978年6月:公称30万部[9]
  • 1979年7月:公称30万部[10]
  • 1980年7月:公称30万部[11]
  • 1981年9月:公称30万部[12]
  • 1982年12月:公称400,000部[13]
  • 1984年4月:公称450,000部[14]
  • 1985年3月:公称450,000部[15]
  • 1986年3月:公称350,000部[16]
  • 1987年3月:公称350,000部[17]
  • 1988年3月:公称350,000部[18]
  • 1989年2月:公称380,000部[19]
  • 1990年2月:公称380,000部[20]
  • 1991年2月:公称380,000部[21]
  • 1991年4月 - 1992年3月:公称380,000部[22]
  • 1992年4月 - 1993年3月:公称380,000部[23]
  • 1993年4月 - 1994年3月:公称380,000部[24]
  • 1996年1月 - 12月:推定21万部[25]
  • 1997年1月 - 12月:推定20万部[26]
  • 1998年1月 - 12月:推定22万部[27]
  • 1999年1月 - 12月:推定23万部[28]
  • 2000年1月 - 12月:推定20万部[29]
  • 2003年9月1日 - 2004年8月31日:166,750部[30]
  • 2004年9月1日 - 2005年8月31日:173,583部[30]
  • 2005年9月1日 - 2006年8月31日:171,750部[30]
  • 2006年9月1日 - 2007年8月31日:170,833部[30]
  • 2007年10月1日 - 2008年9月30日:173,750部[30]
  • 2008年10月1日 - 2009年9月30日:178,667部[30]
  • 2009年10月1日 - 2010年9月30日:169,542部[30]
  • 2010年10月1日 - 2011年9月30日:160,250部[30]
  • 2011年10月1日 - 2012年9月30日:155,950部[30]
  • 2012年10月1日 - 2013年9月30日:144,609部[30]
  • 2013年10月1日 - 2014年9月30日:137,934部[30]
  • 2014年10月1日 - 2015年9月30日:130,359部[30]
  • 2015年10月1日 - 2016年9月30日:126,500部[30]
  • 2016年10月1日 - 2017年9月30日:120,675部[30]
  • 2017年10月1日 - 2018年9月30日:106,250部[30]
  • 2018年10月1日 - 2019年9月30日:101,250部[30]
  • 2019年10月1日 - 2020年9月30日:86,125部[30]

関連誌[編集]

従来の別冊・増刊など各誌の再編が始まり、1983年には姉妹誌の季刊『LaLa DELUXE』(のち『LaLa DX』)が創刊[5]

他方、それまでの『LaLa大増刊』を引き継いで同1985年夏に登場した『LaLaスペシャルWendy』は、翌1986年夏に『LaLaスペシャルCindy』に改題し、1987年には短編特集の増刊『Short Stories』も登場するなど、約2年間にわたって題号や発行周期に混乱が見られたが、1988年に季刊の『LaLa Club』(『LaLa SPRING Club』など)に一本化して1990年まで刊行した。1991年には『LaLa'』に再改題して計3回刊行したのを最後に、季刊増刊誌は一時消滅した。

のち『Lunatic LaLa』(1994年-1996年、年2回刊)、『LaLaスペシャル』(2004年-2010年、初期は年刊・後期は不定期刊)などが登場している。

年代別関連誌
  • LaLa大増刊(1979年[5] - :不定期刊[5]
  • LaLa DELUXE(1983年:単発刊行[5]、1985年 - 1986年:不定期刊)[31][32][33] →1987年に『LaLa DX』に誌名変更[5]
  • 別冊LaLa(1982年[5] - 1984年:季刊[5]、1984年[5] - 1985年[5]:隔月刊[5][34][35]
  • My LaLa(1984年 - 1985年:不定期刊)[36]
  • LaLa DX(1987年 - 1995年:季刊、1995年 - 刊行中:隔月刊)[32][33]
  • LaLaスペシャルWendy(1985年[5] - 1986年:不定期刊)[37] →1986年に『LaLaスペシャルCindy』に誌名変更[5]
  • LaLaスペシャルCindy(1986年 - 1988年:季刊)[38]
  • LaLa CLUB(1989年[5] - )
  • LaLa’(ララダッシュ)(1991年[5] - :不定期刊[5]
  • LunaticLaLa(1994年[5] - :不定期刊[5]
  • LaLa Special(2004年[5] - :不定期刊[5]
  • 黒LaLa(2011年[5][39]:単発刊行)
  • 白LaLa(2011年[5][40]:単発刊行)
  • トリコロールLaLa(2012年[5]):『青LaLa』[5][41]、『赤LaLa』[5][42]、『白LaLa』[5][43]の3号が刊行。
  • AneLaLa(2013年[44] - 2014年[45]:季刊、2014年[46] - 2017年[47]:隔月刊):季刊時代は1月・4月・7月・10月発行の前月5日発売。隔月刊時代は偶数月発行の前月5日発売。2013年6月5日発売の2013年『LaLa』7月号増刊(創刊号)から[44]2014年6月5日発売の『LaLa』7月号増刊まで季刊[45]。2014年9月5日発売の10月号より隔月刊[46]。2017年9月5日発売の10月号で休刊[48]、WEBへ移行。
  • LaLaファンタジー(2013年[5]
  • ××LaLa(2021年[49] - ):電子雑誌[49]。2021年3月24日配信開始[49]

参考文献[編集]

  • 白泉社発行月刊LaLa総目次[1]
  • コミックホームズ 白泉社系少女マンガ作品データベース[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b “にざかな「4ジゲン」16年の連載に幕、葉鳥ビスコ「ホスト部」描き下ろしカラーも”. コミックナタリー (ナターシャ). (2021年7月21日). https://natalie.mu/comic/news/437848 2021年7月21日閲覧。 
  2. ^ a b “白泉社全誌合同マンガ投稿サイト「マンガラボ!」2周年記念6月期MVP決定&続々ブログ更新!”. PR TIMES (PR TIMES). (2021年7月21日). https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000568.000046848.html 2021年7月21日閲覧。 
  3. ^ 国立国会図書館サーチ|書誌詳細|Lala(白泉社)1976 ※同資料では「1巻1号(昭和51年9月)」と記載。
  4. ^ 楽天ブックス LaLa(ララ)2014年09月号[雑誌]- 白泉社(2014年12月29日時点のアーカイブ)※7月24日発売の同年9月号表紙にて「LaLa 38th ANNIVERSARY!」と記載。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj bk bl bm “LaLa創刊45周年!夢中になったあのキャラクター、忘れられないあのシーンを生んだ“ビューティフルなまんが雑誌”の歴史を振り返る”. コミックナタリー (ナターシャ). (2021年5月24日). https://natalie.mu/comic/pp/lala45th 2021年7月23日閲覧。 
  6. ^ a b c “LaLa45周年特集|マンガ研究者、オタク女性ライター、マンガ家マネジメント会社広報が語るLaLaホープ作品、“強くておもしれー女”と上品さの共存”. コミックナタリー (ナターシャ). (2021年7月21日). https://natalie.mu/comic/pp/lala45th_05 2021年7月23日閲覧。 
  7. ^ a b c “LaLa原画展、本日から!40年の歴史に鳥嶋和彦や成田美名子も驚嘆”. コミックナタリー (ナターシャ). (2016年7月23日). https://natalie.mu/comic/news/195589 2021年7月23日閲覧。 
  8. ^ “マンガ誌編集長が選ぶ、2020年のイチオシ作品”. コミックナタリー (ナターシャ). (2021年3月5日). https://natalie.mu/comic/column/416418 2021年5月8日閲覧。 
  9. ^ メディアリサーチセンター『雑誌新聞総かたろぐ 1979年版』参照。
  10. ^ メディアリサーチセンター『雑誌新聞総かたろぐ 1980年版』参照。
  11. ^ メディアリサーチセンター『雑誌新聞総かたろぐ 1981年版』参照。
  12. ^ メディアリサーチセンター『雑誌新聞総かたろぐ 1982年版』参照。
  13. ^ メディアリサーチセンター『雑誌新聞総かたろぐ 1983年版』参照。
  14. ^ メディアリサーチセンター『雑誌新聞総かたろぐ 1984年版』参照。
  15. ^ メディアリサーチセンター『雑誌新聞総かたろぐ 1985年版』参照。
  16. ^ メディアリサーチセンター『雑誌新聞総かたろぐ 1986年版』参照。
  17. ^ メディアリサーチセンター『雑誌新聞総かたろぐ 1987年版』参照。
  18. ^ メディアリサーチセンター『雑誌新聞総かたろぐ 1988年版』参照。
  19. ^ メディアリサーチセンター『雑誌新聞総かたろぐ 1989年版』参照。
  20. ^ メディアリサーチセンター『雑誌新聞総かたろぐ 1990年版』参照。
  21. ^ メディアリサーチセンター『雑誌新聞総かたろぐ 1991年版』参照。
  22. ^ メディアリサーチセンター『雑誌新聞総かたろぐ 1992年版』参照。
  23. ^ メディアリサーチセンター『雑誌新聞総かたろぐ 1993年版』参照。
  24. ^ メディアリサーチセンター『雑誌新聞総かたろぐ 1994年版』参照。
  25. ^ 『1997年版 出版指標年報』全国出版協会推定発行部数
  26. ^ 『1998年版 出版指標年報』全国出版協会推定発行部数
  27. ^ 『1999年版 出版指標年報』全国出版協会推定発行部数
  28. ^ 『2000年版 出版指標年報』全国出版協会推定発行部数
  29. ^ 『2011年版 出版指標年報』全国出版協会推定発行部数
  30. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 日本雑誌協会マガジンデータによる1号当たり平均部数。
  31. ^ 国立国会図書館サーチ|書誌詳細|ララ・デラックス : ララ特別編集(白泉社)1983 ※同資料では「1983年8月」の初号のみ記載。
  32. ^ a b 国立国会図書館サーチ|書誌詳細|Lala DX(白泉社)1985 ※同資料では「1985年no.1」からの記載。
  33. ^ a b NDL-OPAC - 所蔵詳細 - 請求記号:Z32-744 ※同資料では「1985年no.1」からの記載。
  34. ^ 国立国会図書館サーチ|書誌詳細|別冊Lala : 別冊ララ(白泉社)1983
  35. ^ 国立国会図書館サーチ|書誌詳細|別冊Lala(白泉社)1984
  36. ^ 国立国会図書館サーチ|書誌詳細|My lala (白泉社)1984
  37. ^ 国立国会図書館サーチ|書誌詳細|Wendy Lalaスペシャル(白泉社)1985
  38. ^ 国立国会図書館サーチ|書誌詳細|Cindy Lalaスペシャル(白泉社)1986
  39. ^ “藤原ヒロら参加の「黒LaLa」発売!11月には「白LaLa」も”. コミックナタリー (ナターシャ). (2011年9月9日). https://natalie.mu/comic/news/56287 2021年7月23日閲覧。 
  40. ^ “黒に続く増刊・白LaLaに、あきづき空太、弓きいろら執筆”. コミックナタリー (ナターシャ). (2011年11月10日). https://natalie.mu/comic/news/59429 2021年7月23日閲覧。 
  41. ^ “青春たっぷり「青LaLa」にあきづき空太、藤原ヒロら新作”. コミックナタリー (ナターシャ). (2012年7月10日). https://natalie.mu/comic/news/72638 2021年7月23日閲覧。 
  42. ^ “情熱の増刊「赤LaLa」に草川為、弓きいろ、マツモトトモら”. コミックナタリー (ナターシャ). (2012年9月10日). https://natalie.mu/comic/news/76239 2021年7月23日閲覧。 
  43. ^ “白LaLaに田中メカ、斎藤けんら珠玉のファンタジー22本”. コミックナタリー (ナターシャ). (2012年11月9日). https://natalie.mu/comic/news/79681 2021年7月23日閲覧。 
  44. ^ a b “AneLaLa本日発売!津田雅美、葉鳥ビスコらの大人な一面が”. コミックナタリー (ナターシャ). (2013年6月5日). https://natalie.mu/comic/news/92109 2021年7月23日閲覧。 
  45. ^ a b “AneLaLa隔月刊化!樋野まつりが姫と野武士描く新作も”. コミックナタリー (ナターシャ). (2014年6月5日). https://natalie.mu/comic/news/118234 2021年7月23日閲覧。 
  46. ^ a b “小山荘のきらわれ者続編、彰吾たちが大学生に”. コミックナタリー (ナターシャ). (2014年9月5日). https://natalie.mu/comic/news/125317 2021年7月23日閲覧。 
  47. ^ AneLaLa:白泉社のマンガ誌が休刊 “お姉さん版”「LaLa」”. MANTANWEB. 株式会社MANTAN (2017年9月5日). 2021年7月23日閲覧。
  48. ^ “白泉社の大人ガール向けマンガ誌・AneLaLa休刊、津田雅美「ヒノコ」は完結”. コミックナタリー (ナターシャ). (2017年9月5日). https://natalie.mu/comic/news/247378 2021年7月23日閲覧。 
  49. ^ a b c “白泉社から××LaLa誕生!vol.1は弓きいろ、ふじつか雪、小椋アカネらがいちゃラブ描く”. コミックナタリー (ナターシャ). (2021年3月24日). https://natalie.mu/comic/news/421518 2021年7月23日閲覧。