Lady ダイヤモンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Lady ダイヤモンド
Sexy Zoneシングル
初出アルバム『one Sexy Zone
B面 風をきって
High!! High!! People
勇気100%(通常盤)
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
レーベル ポニーキャニオン
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位オリコン
  • 2位 Billboard JAPAN HOT 100
  • Sexy Zone シングル 年表
    Sexy Zone
    2011年
    Lady ダイヤモンド
    (2012年)
    Sexy Summerに雪が降る
    (2012年)
    テンプレートを表示

    Lady ダイヤモンド」(レディ・ダイヤモンド)は、Sexy Zoneの2作目のシングル曲。2012年4月11日ポニーキャニオンから発売された。

    概要[編集]

    表題曲「Lady ダイヤモンド」は、『リアルスコープZ』のテーマソング[2]

    カップリング曲の「勇気100%」はテレビアニメ『忍たま乱太郎』のオープニングテーマ、「風をきって」はエンディングテーマ[3]

    High!! High!! People」はメンバーのマリウス葉が出演するTBS系列で2012年4月から6月までの深夜ドラマ『コドモ警察』の主題歌[4]

    初回限定盤A、Bと通常盤の3形態で発売。通常盤には初回プレス仕様が存在する[4]

    チャート成績[編集]

    2012年4月23日付オリコン週間シングルチャートで初動約11.6万枚を記録し、初登場1位にランクインした[5]。シングルの1位獲得はデビューから2作連続となり、これを達成したのはKis-My-Ft2(2011年12月26日付、「We never give up!」で達成)以来約4か月ぶり、10代の男性アーティストに限るとHey! Say! JUMP(2008年6月2日付、「Dreams come true」で達成)以来約3年11か月ぶりである[5]

    収録曲[編集]

    CD[編集]

    ※「勇気100%」以降、通常盤のみ収録。

    1. Lady ダイヤモンド [4:54]
      作詞:松井五郎、作曲:馬飼野康二、編曲:船山基紀
    2. 風をきって [4:33]
      作詞:松井五郎、作曲:馬飼野康二、編曲:CHOKKAKU
    3. High!! High!! People [4:27]
      作詞:作田雅弥、作曲:Takuya Harada、編曲:鈴木Daichi秀行
    4. 勇気100% [3:57]
      作詞:松井五郎、作曲・編曲:馬飼野康二
    5. Lady ダイヤモンド-Inst.-
    6. 風をきって-Inst.-
    7. High!! High!! People -Inst.-
    8. 勇気100% -Inst.-

    DVD[編集]

    初回限定盤A[編集]

    1. Lady ダイヤモンド」Music Clip

    初回限定盤B[編集]

    1. 「Lady ダイヤモンド」Making

    特典[編集]

    ※初回プレス仕様のみ

    • 「忍たま乱太郎」ステッカー
    • オリジナルトレーディングカード(ソロショット5種のうち1種封入)

    脚注[編集]

    [ヘルプ]
    1. ^ 一般社団法人 日本レコード協会|各種統計”. RIAJ. 2012年8月28日閲覧。
    2. ^ “Sexy Zoneバラエティー初レギュラー(2/2ページ)”. SANSPO.COM. (2012年3月17日). オリジナル2012年3月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120320034749/http://www.sanspo.com/geino/news/20120317/joh12031705060003-n2.html 2012年3月17日閲覧。 
    3. ^ 「忍たま乱太郎」4月からのテーマ曲を歌うのは、あの…!!”. アニメワールド+BLOG. NHK (2012年2月11日). 2013年4月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年3月17日閲覧。
    4. ^ a b Sexy Zone Official Site > DISCOGRAPHY”. Sexy Zone Official Site. 2012年3月21日閲覧。
    5. ^ a b “【オリコン】Sexy Zone、デビューから2作連続首位 10代男性4年ぶり”. オリコン. (2012年4月17日). http://www.oricon.co.jp/news/rankmusic/2010264/full/ 2014年9月28日閲覧。 

    関連項目[編集]