Lee and Lee Trust

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
リーアンドリートラスト
  • Lee and Lee Trust
種類 株式会社本社所在地

香港の旗 香港
24/F, Allied Kajima Bldg 138 Gloucester Rd Wanchai, Hong Kong

香港灣仔告士打道138號聯合鹿島大廈24樓設立 不明業種 金融業事業内容 投資代表者 Lee Seng Hui(李明治の長男)、Lee Seng Hwei(李明治の長女)、Lee Seng Huang(李明治の次男)総資産 不明従業員数 3名主要子会社 Allied Properties (H.K.) Limited関係する人物 李明治テンプレートを表示

リーアンドリートラスト (英文社名:Lee and Lee Trust.)、は、香港を拠点とする投資会社。1996年にサンフンカイの会長に就任した李明治の子供にあたる兄弟3名を受益者とする信託であり、この3名が傘下の企業グループを支配するために設けられた会社である。

会社概要[編集]

李明治の長男Lee Seng Hui(李成輝)、長女Lee Seng Hwei(李淑慧)、次男Lee Seng Huang(李成煌)の3名がDirectorを務める投資会社。 Lee Seng HuiはAllied Group LimitedならびにAllied Properties (H.K.) LimitedのCEOを務め、Lee Seng HweiはAllied Group LimitedのNon-Exective Directorを務め、Lee Seng HuangはサンフンカイのCEOを務める。 Lee and Lee Trustは、Allied Properties (H.K.) Limitedの株式の過半数(74.95%)を保有し、Allied Group LimitedAllied Properties (H.K.) Limitedの株式の過半数(74.99%)を保有し、Allied Properties (H.K.) Limitedサンフンカイの株式の過半数(61.43%)を保有する。 この3名の父親である李明治はサンフンカイが属する企業グループの基盤を築いた人物である。起業家や慈善家としても有名で、オーストラリアやフィリピンで不動産開発や鉄鉱石の掘削事業、ホテル経営などを手掛け、タイクーン(長者)とも呼ばれる。1990年には自身の慈善基金を設立している(福光基金会)。

相関図[編集]

SHKグループ相関図Investor Presentation----引用)

主要関係会社[編集]

関連項目[編集]

香港の企業一覧

脚注[編集]

[脚注の使い方]

Investor Presentation----参照)