Leetspeak monsters

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Leetspeak monsters
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ロック
J-POP
活動期間 2017年 -
レーベル GLK MUSIC
公式サイト [1]
メンバー D13(Vocal)
Yo'shmeer(Guitar)
Euskyss(Bass)
DieWolf(Drums)

Leetspeak monsters(リートスピークモンスターズ)は、日本ミクスチャー・ロックバンドである。2017年よりGLK MUSICに所属し、ヴィジュアル系バンドとしての活動を始める。墓場の街グレイヴタウン出身のモンスター達が結成したバンドというコンセプトの元、ハロウィンダーク・ファンタジーをテーマとしている。

概要[編集]

人間界とあの世の狭間にあるという墓場の街グレイヴタウンで墓場の案内人をしている骸骨D13が、フランケンシュタインYo'shmeer吸血鬼Euskyss狼男DieWolfを引き連れて、人間界でバンドを組んで活動しているというコンセプトで様々な楽曲を発表している。

以前はインディーズロックバンドLeetspeak monster(リートスピークモンスター)として数年間活動していた。2017年にGLK MUSICに所属した際に活動の場をヴィジュアル系シーンへと移し、Leetspeak monsters(リートスピークモンスターズ)へと改名。

ヒップホップファンクなどのブラック・ミュージックを感じさせるリズムに映画音楽ゴシックな要素を混ぜ込み、ラップも取り入れたミクスチャー・ロックスタイルの音楽性と、テーマパークアトラクションミュージカルを思わせるような確立された独特な世界観が特徴。

楽曲の中でボーカリストラッパーをゲストに迎えてコラボレーションする等、ヴィジュアル系バンドの中でも珍しい存在となっている。

2018年10月にはティム・バートン原作のミュージカルアニメーション映画「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」の劇中歌『This is Halloween』をカバーしている[1]

メンバー[編集]

D13(ガイコツ)[編集]

D13
別名 ドメ
生誕 2月13日
ジャンル ロック
J-POP
担当楽器 ボーカル
公式サイト D13 (@lsmD13) - Twitter
D13 (domme0213) - Instagram

D13(ディーサーティーン)。VocalRap作詞作曲担当。リーダー。2月13日生まれ。イメージカラーは。 墓場の街グレイヴタウンの案内人で、夜明けの番人『DAWN MAN』の13代目。クロウヒルの近くに建つDAWN MANの屋敷に住んでいる。「ドーンメン」の響きから「ドメ」と呼ばれることが増え、現在ではその呼び名が定着している。人間界での怪奇な出来事に興味を持ち、オカルト神秘学について研究しながら全国を飛び回って旅している。日本のお茶温泉を好む為、周りからおじいちゃん呼ばわりされることもしばしば。明るく楽天家、楽しいことが大好きな唄うガイコツ[2]

Yo'shmeer(フランケンシュタイン)[編集]

Yo'shmeer
別名 ヨッシュ
生誕 9月13日
ジャンル ロック
J-POP
担当楽器 ギター
公式サイト Yo'shmeer (@yoshmeer_gt) - Twitter

Yo'shmeer(ヨッシュミィア)。Guitarコーラス担当。9月13日生まれ。ヨッシュと呼ばれることが多い。イメージカラーは。2017年7月から加入。 元々は人間であったが、ある日突然雷に打たれて死亡 。グレイヴタウンマッドサイエンティスト、ヴィクター博士が死体を使って造り上げた人造人間ヴィジュアル系パンク・ロックをこよなく愛する男で、顔や身体に皮膚や布を縫い付けてオシャレを楽しむ一面もある。とにかくよく食べる。定期的に新たな知識や情報を脳にインストールしてアップデートしているが、デジタル製品の取扱いはわりと苦手である。普段はヴィクター・フランケンの実験室に住んでいる。以前はワンマンツアーやイベントで絵本の朗読をすることもあった[2]

Euskyss(ヴァンパイア)[編集]

Euskyss
別名 王子
生誕 12月7日
ジャンル ロック
J-POP
担当楽器 ベース
公式サイト ユースキス (@leet_bass) - Twitter
Euskyss (euskyss) - Instagram
著名使用楽器
  • ATELIER Z・M265# Euskyss MODEL

Euskyss(ユースキス)。Bass作詞作曲ミュージックシーケンサー担当。全ての楽曲の編曲も行なっている。12月7日生まれ。イメージカラーはグレイヴタウンの古城シャドウキャッスルに住みついた吸血鬼。中性的な出で立ちをしているが、ヴァンピール王国の王子でもあるので「吸血王子」と呼ばれる。王子と呼ばれることも多い。人間界のワイントマトジュースを気に入っているので血の代わりによく飲んでいるが、悪戯好きでたまにドSな一面も見せるので急に首筋を噛まれないように注意が必要。猫好きで、自身も猫のように気紛れでマイペースな性格。写真が趣味で、旅先で見つけた綺麗な風景などをよく写真に収めている。2018年12月には福岡のギャラリー「アートフレンズ」にて4日間の写真展を開催している[2]

DieWolf(狼男)[編集]

DieWolf
別名 ワンワン
生誕 8月27日
ジャンル ロック
J-POP
担当楽器 ドラム
公式サイト DieWolf (@LSM_drums) - Twitter

DieWolf(ダイウルフ)。Drums担当。8月27日生まれ。イメージカラーは黄色。 気高きオオカミの父と優しい狩人の母を持つハーフの人狼。立派な狼男にする為に人間界に旅立たせた結果、人間に「ワンワン」と呼ばれ可愛がられて犬のように人懐こくなってしまったので父親は頭を抱えている。楽しい時は舌を出したり、興奮して尻尾を振りながら遠吠えをする癖がある。ビールと肉が大好きで、グレイヴタウンの肉屋『Bony Chops』で購入したビーフジャーキーをまるでガムのようによく噛んでいる。普段は岩場の穴蔵に住んでいる[2]

旧メンバー[編集]

Mattünurg(マッツナーグ)。
ギターコーラス担当。グレイヴタウンの天才科学者、エリザベス博士によって造り上げられたサイボーグフランケンシュタイン。2017年5月の京都MUSEライブ後に脱退。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

タイトル 発売日 仕様 規格品番 収録曲(初回盤) 収録曲(通常盤) 最高順位(オリコン
1st Monster's Party 2017年3月15日 CD+DVD(初回盤)
CD(通常盤)
GLK-040
GLK-041
  1. Monster's Party
  2. We are zombies
  3. Footloose ghost

[DVD]
「Monster's Party」MUSIC VIDEO+オフショット映像

  1. Monster's Party
  2. We are zombies
  3. Growling
2nd This is Halloween 2018年10月3日 CD+DVD(初回盤)
CD(通常盤)
GLK-064
GLK-065
  1. This is Halloween
  2. The Beginning
  3. Make your treat

[DVD]
「This is Halloween」MUSIC VIDEO

  1. This is Halloween
  2. The Beginning
  3. Jack-O'-lantern
53位
(インディーズチャート 4位)
3rd 13th Friday night 2019年4月3日 CD+DVD(初回盤)
CD(通常盤)
GLK-070
GLK-071
  1. 13th Friday night
  2. Escort feat.milk
  3. Life

[DVD]
「13th Friday night」MUSIC VIDEO+オフショット映像

  1. 13th Friday night
  2. Escort feat.milk
  3. Before you cry
64位
(ROCKシングルランキング 9位)

フルアルバム[編集]

タイトル 発売日 仕様 規格品番 収録曲 最高順位(オリコン
1st Monster's Theater -ゴシック盤- 2018年7月11日 CD+DVD GLK-056
  1. Wonderland
  2. Welcome to Grave Town
  3. Cheeky devil
  4. mind control
  5. Thunderman
  6. Black Cat(Midnight Cat Remix)
  7. Jack
  8. The wizard Said laughing
  9. What do you want?
  10. Oh,Eliza
  11. Crimson Sky
  12. Checkmate
  13. Turn off the radio!
  14. The world is unfair

[DVD]
「Wonderland」MUSIC VIDEO+オフショット映像

90位
1st Monster's Theater -ファンタジー盤- 2018年7月11日 CD GLK-057
  1. Dawn song
  2. Night at the museum
  3. Sweet Nightmare
  4. Black Cat
  5. Dance Dance
  6. Dead man's Love
  7. Witch's House
  8. Eat the moon
  9. Devour weak self
  10. Ghost behind you
  11. Good night, moon light
  12. Love in the Dark
  13. Red-nosed Pierrot
  14. Here the march of the ghost
108位

ミニアルバム[編集]

タイトル 発売日 仕様 規格品番 収録曲(初回盤) 収録曲(通常盤) 最高順位(オリコン
1st Storyteller in the Strange Night 2017年9月20日 CD+DVD(初回盤)
CD(通常盤)
GLK-048
GLK-049
  1. Spice of life
  2. Black owl
  3. Scarecrow
  4. Hiding in the bandage
  5. Theater of memory

[DVD]
「Black owl」MUSIC VIDEO+オフショット映像

  1. Black owl
  2. Hiding in the bandage
  3. Give me your sweet blood
  4. Scarecrow
  5. Spice of life
  6. Theater of memory
2nd Mixtures night between Life and Death 2018年3月21日 CD+DVD(初回盤)
CD(通常盤)
GLK-054
GLK-055
  1. Greenman
  2. Mask
  3. Haunted Mansion
  4. Countdown feat.アグラ神楽
  5. Ashes to Ashes

[DVD]
「Greenman」MUSIC VIDEO+オフショット映像

  1. Greenman
  2. Mask
  3. Haunted Mansion
  4. Countdown feat.アグラ神楽
  5. Death Eater
  6. Ashes to Ashes
112位

ライブ[編集]

ワンマンライブツアー[編集]

年月 ツアータイトル 公演日・会場
2018年5月 - 6月 Leetspeak monsters 1st ONEMAN TOUR Life and Death Tour 〜生者と死者の夜〜

全3公演

  1. 5月5日 名古屋R.A.D
  2. 5月6日 大阪PANHEAD GROOVE
  3. 6月3日 高田馬場CLUB PHASE
2018年11月 - 12月 Leetspeak monsters ONEMAN TOUR 2018『Welcome to Monster's Theater』

全7公演

  1. 11月4日 小倉FUSE
  2. 11月9日 岡山CRAZYMAMA2ndRoom
  3. 11月10日 大阪Bigtwin Diner SHOVEL
  4. 11月16日 今池CLUB 3STAR
  5. 11月17日 金沢AZ
  6. 11月25日 TSUTAYA 0-WEST
  7. 12月6日 福岡DRUM SON
2019年4月 - 6月 Leetspeak monsters ONEMAN TOUR『Welcome to Monster's Theater 2019』〜迷い子を導く月夜の旅〜

全11公演

  1. 4月26日 福岡DRUM SON
  2. 5月1日 西川口Hearts
  3. 5月3日 仙台enn 2nd
  4. 5月6日 札幌COLONY
  5. 5月8日 新潟GOLDENPIGS BLACK STAGE
  6. 5月9日 金沢AZ
  7. 5月17日 岡山CRAZYMAMA2ndRoom
  8. 5月18日 梅田Zeela
  9. 6月1日 名古屋ell.SIZE
  10. 6月3日 広島SECOND CRUCH
  11. 6月11日 恵比寿LIQUIDROOM

脚注[編集]

[ヘルプ]