Legacy Fighting Championship

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Legacy Fighting Championship
設立 2009年
主催 レガシー・プロモーションズ
本部 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テキサス州ヒューストン
代表者 ミック・メイナード
サイト 公式サイト
テンプレートを表示

Legacy Fighting Championship(レガシー・ファイティング・チャンピオンシップ、略称Legacy FCLFC)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体。

テキサス州を拠点に活動し、アマチュア大会「Legacy Amateur Series」とキックボクシング大会「Legacy Kickboxing」も運営している。試合はAXS TVによって全米に中継されている。

概要[編集]

2006年オーストラリア人のミック・メイナードが前身の大会「Lonestar Beatdown」を設立。2009年に妻のアンドレアと共に「Legacy Fighting Championship」を創設した[1]

2013年、元ボクシング女子世界王者ホリー・ホルム北京オリンピックレスリング金メダリストのヘンリー・セフードと契約した。

2014年4月、女子王座の認定を開始。

2015年1月、キックボクシング大会「Legacy Kickboxing」を設立。

2015年5月、AXS TVが主催した「RFA」との対抗戦「AXS TV Fights: RFA vs. Legacy Superfight」が開催され、1勝3敗で負け越した[2]

2017年、代表のミック・メイナードが「UFC」のマッチメーカーに就任したため、「RFA」と合併し[3]、妻のアンドレアは合併後の新団体「LFA」の財務担当に就任した[4]

ルール[編集]

試合場はケージで行い、NJSACB制定の共通ルールに準拠。

階級・王座[編集]

階級 重量区分
ヘビー級 -265 lbs: -120.2 kg
ライトヘビー級 -205 lbs: -93.0 kg
ミドル級 -185 lbs: -83.9 kg
ウェルター級 -170 lbs: -77.1 kg
ライト級 -155 lbs: -70.3 kg
フェザー級 -145 lbs: -65.8 kg
バンタム級 -135 lbs: -61.2 kg
フライ級 -125 lbs: -56.7 kg

脚注[編集]