Let It Go (THE ALFEEの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
THE ALFEE > ディスコグラフィ > Let It Go (THE ALFEEの曲)
Let It Go
THE ALFEEシングル
初出アルバム『THE ALFEE SINGLE HISTORY VOL.VII 2009-2012(Original Instrumentalを除く)』
B面 冒険者たち -Beyond the Adventure

Beyond the Adventure
WEEKEND SHUFFLE〜華やかな週末〜 (Progressive Rock Arrange)
二人のSEASON (Hard Rock Arrange)
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
レーベル EXPRESS Virgin Music
作詞・作曲 高見沢俊彦
プロデュース THE ALFEE
チャート最高順位
  • 週間3位(オリコン
  • 登場回数6回(オリコン)
THE ALFEE シングル 年表
この愛を捧げて
(2009年)
Let It Go
(2011年)
生きよう
(2012年)
収録アルバムSINGLE HISTORY VII
Shining Run〜輝く道に向かって〜
(4)
Let It Go
(5)
冒険者たち -Beyond the Adventure
(6)
テンプレートを表示

Let It Go」(レット・イット・ゴー)は、2011年5月3日に発売されたTHE ALFEE60枚目のシングル。

概要[編集]

前作「この愛を捧げて」以来1年半振りのシングル。

「2011年大阪国際女子マラソン」イメージソング。

マラソンのイメージソングが表題曲となるのは3回目(単独タイアップでは2回目)。

前作同様、ジャケット写真とボーナストラックが異なる3種類で発売。(詳細後述)

ヴォーカルはAメロ:坂崎(一部桜井)、Bメロ:高見沢、サビ:桜井と、シングルタイトル曲では珍しく全メンバーがリードパートを持つ(同例は、1990年発売「FLOWER REVOLUTION」)。

オリコンチャートTOP3入りを果たしたが、1983年のブレイク後発売のシングルでは一番売上が低い。

本曲のオリジナルアルバムへの収録は見送られた。

収録曲[編集]

  1. Let It Go
    作詞・作曲:高見沢俊彦 編曲:THE ALFEE
  2. 冒険者たち -Beyond the Adventure
    作詞・作曲:高見沢俊彦 編曲:THE ALFEE with 本田優一郎
    「2011トライアスロン世界選手権シリーズ横浜大会」応援ソング
  3. "ボーナストラック(下記参照)"
  4. Let It Go 〜Original Instrumental〜

ボーナストラック[編集]

TOCT-45042[編集]

  • Beyond the Adventure
    作詞・作曲:高見沢俊彦/訳詞:北野 'JK' 順一/編曲:THE ALFEE with 本田優一郎

(1994年発売42枚目『エルドラド』収録『The Adventure Begins (English Version)』は訳詞者がリンダ・ヘンリックであるため、今回収録分と歌詞が異なる)

TOCT-45043[編集]

TOCT-45044[編集]

価格[編集]

  • 各¥1,000(税込)