Liar! Liar!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
B'z > 作品リスト > Liar! Liar!
Liar! Liar!
B'zシングル
初出アルバム『SURVIVE
B面 ビリビリ
リリース
規格 8cmシングル
ジャンル
時間
レーベル Rooms RECORDS
作詞・作曲
プロデュース 松本孝弘
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位 (オリコン)
  • 1997年10月度月間1位 (オリコン)
  • 1997年11月度月間11位 (オリコン)
  • 1997年度年間20位 (オリコン)
  • B'z シングル 年表
    • Liar! Liar!
    • (1997年)
    SURVIVE 収録曲
    Survive
    (3)
    Liar! Liar!
    (4)
    ハピネス
    (5)
    ミュージック・ビデオ(Short ver.)
    「Liar! Liar!」 - YouTube
    テンプレートを表示

    Liar! Liar!」 (ライアー! ライアー!)は、日本音楽ユニットB'zの楽曲。1997年10月8日にRooms RECORDSより23作目のシングルとして発売された。

    概要[編集]

    9thアルバム『SURVIVE』からの先行シングル。

    発売当初はノンタイアップであり、リリースからしばらくしてからタイアップがついた。リリース後にジャケット写真のB'zをアニメイラストにしたステッカーが封入されているバージョンも7万枚限定で発売された[2]

    この作品のCMでは「稲葉が腹話術を行う」、「松本がバーで飲む」、「2人がヒッチハイクをする」という一風変わったものが放送された。

    オリコンでは『Liar! Liar!/ビリビリ』と両A面シングルとして扱われているが[3]、公式では「Liar! Liar!」の単独A面である。

    『FIREBALL』と同様にオリコンではミリオンには届かなかったが、日本レコード協会の集計ではミリオンセラーを達成している[1]

    収録曲[編集]

    1. Liar! Liar! (3:22)
      打ち込み音やギターリフを多用した楽曲で、当時のインタビューで本人たちは「原点回帰」とコメントしている。
      歌詞は社会風刺を取り込んだもの[4]
      元々はアルバム『SURVIVE』からの先行シングルがなかなか決まらずならば新曲を作ろうとのことで、アルバム制作の最後に急遽製作された[5][6]
      松本がメロディーを作り始めた3、4日後には歌詞やアレンジも完成し[6]、前作「Calling」とは対照的に、当時のB'z史上最短時間で完成した。
      PV米国ルイジアナ州ニューオーリンズ[7]、9月9日と10日の2日間で撮影された[8]
      メガデスマーティ・フリードマンが日本のロックに傾倒するきっかけとなった曲である[9]
    2. ビリビリ (3:33)
      打ち込みのベースと山木秀夫によるドラム・ループを使用した楽曲[8]
      レコーディングには、ボグナー英語版のギター・アンプが使用された[8]
      徳永暁人とのセッションでアルバム制作の初期の段階に完成していた。
      ライブ未演奏のままである。

    タイアップ[編集]

    参加ミュージシャン[編集]

    収録アルバム[編集]

    Liar! Liar!

    ビリビリ

    ライブ映像作品[編集]

    Liar! Liar!

    脚注[編集]

    [脚注の使い方]
    1. ^ a b GOLD ALBUM他 認定作品 1998年3月度(98年2月21日〜98年3月20日)」『THE RECORD』第462号、日本レコード協会、1998年5月、 9頁。
    2. ^ MUSIC FREAK MAGAZINE - B'z Dictionary(「限定」の項)”. エムアールエム. 2019年11月24日閲覧。
    3. ^ B'zのCDシングルランキング”. ORICON NEWS. オリコン. 2013年7月24日閲覧。
    4. ^ mfm I 2013, p. 57.
    5. ^ 『be with!』第35巻、B'z Party、1997年9月。
    6. ^ a b 『be with!』第79巻、B'z Party、2008年10月。
    7. ^ 青木優 (2013年). 『B'z The Best XXV 1988-1998』のアルバム・ノーツ [MUSIC VIDEOのライナーノーツ(初回限定盤に付属)]. VERMILLION RECORDS.
    8. ^ a b c mfm I 2013, p. 53.
    9. ^ マーティ・フリードマンが語るJ-POPの魅力” (日本語). GQ JAPAN. 2020年6月1日閲覧。

    参考文献[編集]

    • 『music freak magazine & Es Flash Back B'z XXV Memories I』エムアールエム、2013年。

    関連項目[編集]