LibreOffice Calc

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
LibreOffice Calc
LibreOffice 6.1 Calc Icon.svg
LibreOffice 5.1 Calc (Tango).png
開発元 The Document Foundation
初版 2011年1月25日(7年前) (2011-01-25
最新版
"最新版"

6.1.3 - 2018年11月5日(8日前) (2018-11-05[1]

"安定版"
6.0.7 - 2018年11月5日(8日前) (2018-11-05[1]
対応OS クロスプラットフォーム
サポート状況 開発中
種別 スプレッドシート
ライセンス GNU LGPL v3MPL v2[2]
公式サイト www.libreoffice.org/discover/calc/
テンプレートを表示

LibreOffice Calc(リブレオフィス・カルク)は、フリーかつオープンソーススプレッドシートである。オフィススイートLibreOfficeに含まれるアプリケーションの1つで、The Document Foundationによって開発が行われている。

LibreOffice Calcは、標準のファイルフォーマットとしてODFを採用している。

特徴[編集]

  • OOXMLの読み書き[3]
  • PDFのエクスポート[4]
  • SVGのインポート[3]
  • Excel2016の一部バージョンでのみ使用できたSWITCH,TEXTJOIN,IFS関数などが使用可能。
  • スタイルと書式設定がLibreOfficeWriterだけでなくCalcでも使用可能。(Excelと同様)
  • Excelと違い「LibreOfficeMath」で積分記号などを含めた数式を、「テキストベースで簡単に」入力する事がが可能。またDrawのファイルを差し込むこともできる。
  • 常に最新の状態にCalcをアップデートしておくと、Excelと違いユーザー間で同じ関数を使用できる。
  • Excelと違い、ドイツ製のソフトウェアであるためミリ単位での表の修正が可能。

マニュアル等[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Release Notes” (2018年11月5日). 2018年11月6日閲覧。
  2. ^ Licenses”. The Document Foundation. 2018年8月4日閲覧。
  3. ^ a b Feature Comparison: LibreOffice - Microsoft Office”. The Document Foundation. 2018年8月4日閲覧。
  4. ^ Export as PDF”. The Document Foundation. 2018年8月4日閲覧。

関連項目[編集]