Licca

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Licca
ジャンル J-POP
活動期間 2002年 - 2003年
レーベル
事務所 ホリプロ
共同作業者 久保こーじ
旧メンバー

Licca(リッカ)は、日本の女性アイドルユニット2002年リカちゃん生誕35周年を記念して、ホリプロ所属の酒井彩名あびる優木南晴夏の3人で結成された[1][2]タカラ(現:タカラトミー)公認・久保こーじプロデュースによる期間限定ユニットである。

タカラ側としては男性層に対してリカちゃんの認知度を高める、ホリプロ側としては女性歌手グループを補強する狙いで結成された[3]

メンバー[編集]

詳細は各項目を参照。

名前 愛称 プロフィール
酒井 彩名
(さかい あやな)
AYANA[4]
あびる 優
(あびる ゆう)
YU[4]
木南 晴夏
(きなみ はるか)
HARUKA[4]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

1. get back(2002年3月27日

  • 通常盤(品番 : UMCK-5056)と3万セット限定生産盤(品番 : UMDK-9020)の2形態でのリリースで、後者にはリカちゃん人形キーホルダー(Liccaバージョン)が付属。
  • オリコン週間シングルランキングで69位を獲得。発売後2週間で1万枚を突破[3]

2. GOOD LOVE(2002年7月17日

  • 品番はUMCK-5064。
  • オリコン週間シングルランキングで97位を獲得。

3. 夢みるシャンソン人形〜今度逢うときはもっと〜2003年3月26日

  • 品番はUMCK-5084。
  • オリコン圏外

アルバム[編集]

1. GRADUATION(2003年3月26日)

  • [CD+DVD]の形態でのリリース。品番はUMCK-1158。
  • シングル曲やメンバーのソロ曲(各1曲)を含む8曲を収録。
  • オリコン圏外

参加作品[編集]

発売日 タイトル 収録曲 備考
2007年04月25日 リカちゃん わたしたちのアイドル 10. 永遠の少女たちへ〜Licca 25th Anniversary Song リカちゃん40周年を記念したコンピレーション・アルバム
2011年04月27日 moe・son〜やっぱ萌えるのはアイドルでしょ!〜 9. get back 1990年代後半から2000年代前半までに活動していたアイドルユニットの楽曲を集めた作品。

脚注[編集]

  1. ^ “酒井彩名、あびる優、木南晴夏がユニット「Licca」結成”. SANSPO.COM. (2002年3月27日). オリジナルの2003年10月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20031005165255/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200203/g_top2002032705.html 2015年5月4日閲覧。 
  2. ^ “酒井彩名、あびる優、木南晴夏のアイドルユニット「Licca」が石丸電気ソフトワンでイベント開催”. ASCII.jp (角川アスキー総合研究所). (2002年3月12日). https://ascii.jp/elem/000/000/329/329773/ 2020年4月3日閲覧。 
  3. ^ a b 「『リカちゃん』35歳 ブランド成熟 男性もねらえ 芸能界・遊園地とコラボ」『日経流通新聞』2002年4月23日付、24頁。
  4. ^ a b c “タカラ、リカちゃん35周年事業計画を発表――アイドルから1億円リカちゃんまで”. ASCII.jp (角川アスキー総合研究所). (2002年2月28日). https://ascii.jp/elem/000/000/329/329550/ 2020年4月3日閲覧。