Lies and Truth

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Lies and Truth
L'Arc〜en〜Cielシングル
初出アルバム『True
B面 賽は投げられた
リリース
規格 8cmシングル
12cmシングル(再発)
ジャンル ポップス
ロック
時間
レーベル Ki/oon Sony Records
作詞・作曲 hyde (作詞)
ken (作曲)
プロデュース L'Arc〜en〜Ciel
西平彰、秦野猛行
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間6位(オリコン
  • 週間17位(再発盤・オリコン)
  • 1996年12月度月間13位(オリコン)
  • 登場回数20回(オリコン)
  • L'Arc〜en〜Ciel シングル 年表
    flower
    1996年
    Lies and Truth
    (1996年)

    1997年
    True 収録曲
    the Fourth Avenue Café
    (6)
    Lies and Truth ("True mix")
    (7)
    風にきえないで ("True" mix)
    (8)
    Clicked Singles Best 13 収録曲
    flower
    (2)
    Lies and Truth
    (3)

    (4)
    ミュージックビデオ
    Lies and Truth - YouTube
    (※) YouTube Music Premium限定
    テンプレートを表示

    Lies and Truth」(ライズ アンド トゥルース)は、日本バンドL'Arc〜en〜Cielの6作目のシングル。1996年11月21日発売。発売元はKi/oon Sony Records

    解説[編集]

    前作「flower」以来1ヶ月ぶりとなる1996年第3弾シングル。シングル発売3週間後の1996年12月12日にリリースされた4thアルバム『True』の先行シングルとしてリリースされた。

    翌年の11月4日をもってドラマーsakuraがL'Arc〜en〜Cielを脱退したため、“sakura在籍期間中の最後のシングル”となった。

    1996年にリリースされたシングル3作はいずれもチャートに入るポップスを意識し制作されており、表題曲が収録された前述のアルバムに関するインタビューでhydeは「僕らにやりたいことが山ほどあったから、ここでポップな曲での攻撃を覚え始めた[1]」と述べている。また、後年にkenはインタビューで「(L'Arc〜en〜Cielが)売れねえって声が聞こえた時、当時自分が一番曲を書いていたから、"曲が悪いんだろう"、"俺が悪いんだろう"、"そりゃ売れねえの作ってるよ、俺は"と思っていた。だから"じゃあ売れるの作りましょうか"っていう気分で『True』の制作にあたった[2]」と、当時セールスを意識していた背景について述懐している。

    収録曲[編集]

    1. Lies and Truth
      テレビ東京系番組『TOWER COUNTDOWN』テーマソング。
      メンバーが「案外サビが長く続くやつ」と言うほどにサビは長い。作曲者であるkenは、楽曲について「メロディ指向のものがチャート上位に入っていたから、意識的に書いた[2]」と述べており、セールスを意識した制作だったと述べている。シングルバージョンはフェードアウトで楽曲が終了する。
      ミュージック・ビデオ埼玉県入間市にある旧石川組製糸西洋館という古い洋館で撮影された。
      4thアルバム『True』には、イントロへのベース音・ドラム音やエンディングのメロディが追加され、完奏で終了する「"True" Mix」として収録。シングルバージョンは2001年発売のベストアルバムClicked Singles Best 13』に収録された。
    2. 賽は投げられた
      • 作詞:hyde / 作曲:ken / 編曲:L'Arc〜en〜Ciel & Takeyuki Hatano
      歌詞は環境破壊をテーマにしており、歌詞の中の「Mew is Dead」は当初「Cat is Dead」だったが制作途中で変更された。
      また、ライブで披露する際にタイトルに因み、hydeが客席にサイのぬいぐるみを投げるパフォーマンスがある。
      カップリング曲であるが、2006年に行われたライブ「15th L'Anniversary Live」の演奏曲目リクエスト投票で8位になった隠れた人気曲である。結果同ライブでは演奏されず、ライブでは1997年に行われたコンサートツアー「CONCERT TOUR '96〜'97 Carnival of True」以来演奏されていない。
    3. Lies and Truth (hydeless version)

    参加ミュージシャン[編集]

    カバー[編集]

    収録アルバム[編集]

    オリジナルアルバム
    • True』 (#1,アルバムバージョン)
    ベストアルバム

    脚注[編集]

    1. ^ 『ROCKIN'ON JAPAN』、p.71、2004年3月号、ロッキング・オン
    2. ^ a b 『ROCKIN'ON JAPAN』、p.63-p.64、2004年3月号、ロッキング・オン