Lights (globeのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Lights / Lights2
globeスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
トランス
レーベル avex globe
プロデュース Tetsuya Komuro & globe
チャート最高順位
  • 週間2位(Lights・オリコン
  • 週間2位(Lights2・オリコン)
  • 2002年度年間71位(Lights・オリコン)
ゴールドディスク
  • ゴールド(Lights・日本レコード協会
  • ゴールド(Lights2・日本レコード協会)
  • globe アルバム 年表
    outernet
    (2001年)
    Lights
    Lights2

    (2002年)
    global trance 2
    (2002年)
    『Lights/Lights2』収録のシングル
    テンプレートを表示

    Lights』(ライツ)は、2002年に発売されたglobeの7枚目、及び8枚目のフルアルバム2月6日リリースの『Lights』と、4月17日リリースの『Lights2』がある。

    解説[編集]

    小室一人で自己流のプリプロダクションからミックスダウンまでを担当した。サポートミュージシャンも起用せず、生のアコースティックギターに聞こえる音もRoland Fantomを使っている。アルバムのコンセプトは「自分が広めてしまったも同然のJ-POPのお約束を少しずつ崩したい」「『Aメロ→Bメロ→サビ』の定番方式ではなく、『Aメロ→Bメロ→Aメロ』でヒット曲を作りたい」「ラストの『Many Classic Moments (epilogue)』をまだ続くような雰囲気で締めて、1枚目に戻って聴き直して、globeの世界に浸って欲しい」としている[1][2]

    Lights

    シングル「Many Classic Moments」と同時リリース。シングルには別バージョンが収録されている。

    KEIKOの提案で1stアルバム「globe」を聴き直し、「globeが求めるもの・求められているもの・変わったもの・変わらなかったもの」を見つめ直す所からスタートした[3]

    Lights2

    「Lights」完成後3日間のオフの直後、2002年5月3日に放映される「globe&シャガール 絵と音楽のファンタジー~赤と青の伝説~」に合わせつつ、当時小室の中にあった発想を「練り上げるのではなく、出し惜しみせずに出し切りたい」という意向もあり、大部分のレコーディングはパリStudio Guillaume Tellで行われた。そのため、MARCはこの状況を「作らなきゃ間に合わないモード」と例え、焦るあまり詞が1行も進まず、1度は全てを投げ出して遊びに行ってしまった。しかしそのおかげで別の視点が持てて、一気に詞を書くのがはかどった[4]

    OVER THE RAINBOW」は別バージョンが収録されている。

    『Lights2』は『Lights』連動Boxケース仕様であり、『Lights』のケースがそのまま入るようになっている。『Lights2』の曲番号は、『Lights』からの通し番号がふられている。

    収録曲[編集]

    Lights[編集]

    1. Many Classic Moments
      作詞・作曲・編曲:小室哲哉 Rap words:MARC
      表記は無いがアルバムバージョン。
      シングルバージョンよりもアウトロが遅くフェードアウトする。
    2. Merry Go Round
      作詞・作曲・編曲:小室哲哉
      通常のJ-POPの楽曲構成を一切無視して制作した[5]
    3. What's the justice?
      作詞:KEIKO&MARC 作曲・編曲:小室哲哉
      テレビ東京アニメサイボーグ009」オープニングテーマ
      表記は無いがアルバムバージョン。
    4. genesis of next
      作詞:小室哲哉&MARC 作曲・編曲:小室哲哉
      テレビ東京系アニメ「サイボーグ009」エンディングテーマ
      表記は無いがアルバムバージョン。
    5. Come Into Existence
      作詞:MARC 作曲:小室哲哉 編曲:MARC
      MARCにバックトラックの素材を全て渡し、どれを使うかを全てMARCが選び、小室は音色の選択とミックスダウンをサポートした。MARCは正月返上でPro Toolsで63ch使って色んな音色を入れたが、アルバム全体に対してのバランスを考えていなかったために、最初はサイケデリックトランス調のアレンジになってしまい、実際には小室による直接的なアレンジが2度入った。それでもKEIKOから「格好良い」と褒められた時には「すごく助かったと思った」と振り返っている[5][1][3]
    6. 女神
      作詞・作曲・編曲:小室哲哉
      コンセプトは「男性が男性として発する言葉を女性が歌ったらどうなるかの実験」であった[5]
      KEIKO曰く「麻雀を半荘やるかやらないかの時間で歌詞と曲が完成していて、ビックリした」と語っている[5]
      KEIKOは独り言で手紙を読むような歌い方をした。その結果「可愛い曲になった」と語っている[3]
    7. try this shoot
      作詞:KEIKO 作曲・編曲:小室哲哉 Rap words:MARC
      花王ソフィーナ「AUBE」CMイメージソング
      表記は無いがアルバムバージョン。
    8. Stop! In the Name of Love
      written by E.Holland/L.dozier/B.Holland  Rap words:MARC 編曲:小室哲哉
      フジテレビドラマスタアの恋」主題歌
      表記は無いがアルバムバージョン。
    9. Lights brought the future
      作詞・作曲・編曲:小室哲哉 Rap words:MARC
      ピアノ一発録りであり、全くの即興である。小室は「9.11の直後に手が勝手に動いて、何も考えずに歌詞と曲ができた」と振り返っている[5]
      song+nation」収録バージョンと違いマークのラップが入っている。ラップは「globe special live -genesis of next-」開催直前に出来上がった[5]
      山中湖のスタジオで収録された[3]
    10. fade in2
      作曲・編曲:小室哲哉
      「Lights2」への前振りとして制作された。「アナログ盤でSIDE Aの続きがSIDE Bのでフェードインして始まる感じ」を目指した[5]

    Lights2[編集]

    11. fade in2 (part2)
    作曲・編曲:小室哲哉
    作品としての連続性を示すために「11」と表記している[4]
    12. TRANSCONTINENTAL WAY
    作曲・編曲:小室哲哉
    「録音はパリで行われて、仕上げは日本で行われたことでユーラシア大陸を越えた」という意味とスペルは違うけど「trance」をかけた[4]
    13. OVER THE RAINBOW
    作詞・作曲・編曲:小室哲哉 Rap words:MARC
    表記は無いがアルバムバージョン。
    14. Knockin'on the door of my heart
    作詞・作曲・編曲:小室哲哉 Rap words:MARC
    日本テレビ系「最強魂・K-1ジャパン」イメージソング
    15. STARTING FROM HERE
    作詞:KEIKO 作曲・編曲:小室哲哉 Rap words:MARC
    テレビ東京系アニメ「サイボーグ009」エンディングテーマ
    KEIKOは「『決意・覚悟・約束』の思いを詞にした」と語っている[2]
    16. ひとりごと
    作詞・作曲・編曲:小室哲哉 Rap words:MARC
    歌詞のテーマは「夜明けの光が教えてくれたこと」であった[4]
    NHK総合テレビ「ポップジャム」エンディングテーマ
    17. edge of darkness
    作詞:MARC 作曲:MARC&小室哲哉 編曲:小室哲哉
    本楽曲でのMARCの音色のチョイスのセンスについて、小室は「日本人には中々出来ない、良い意味で暗い音」と評した[4]
    18. INSPIRED FROM R&B
    作詞・作曲・編曲:小室哲哉 Rap words:MARC
    ポンピドーセンター&シャガール家秘蔵作品「マルク・シャガール展」イメージソング
    日本テレビ系「AX MUSIC TV」AX POWER PLAY #002
    19. US
    作詞・作曲・編曲:小室哲哉 Rap words:MARC
    歌詞のテーマは「ちょっと切ない男女の日常風景」である[4]
    20. liquid panorama
    作詞・作曲:MARC 編曲:小室哲哉
    MARCがフランスに行く2日前に作った。パリで小室が聞いたら即採用・収録が決定した[2]
    テーマは「涙いっぱいの景色」をイメージした[2]
    21. Many Classic Moments (epilogue)
    作詞・作曲・編曲:小室哲哉
    「この曲から全てが始まったので、この曲で締める」意味を込めて収録した[4]
    原曲と歌詞を少し書き換えているが、ライナーノーツには載せていない[4]

    出典[編集]

    1. ^ a b リットーミュージック刊『キーボード・マガジン』2002年7月号17P-18Pより。
    2. ^ a b c d 角川書店刊「CDでーた」2002年4月20日号98P-101Pより。
    3. ^ a b c d 角川書店刊「CDでーた」2002年2月5日号36Pより。
    4. ^ a b c d e f g h ソニー・マガジンズ刊『WHAT's IN?』2002年5月号88P-89Pより。
    5. ^ a b c d e f g ソニー・マガジンズ刊『WHAT's IN?』2002年3月号Special Fireより。