Linuxディストリビューション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

LinuxディストリビューションLinuxカーネルとその他ソフトウェア群を1つにまとめ、利用者が容易にインストール・利用できるようにしたものである。

概要[編集]

Linuxカーネルプロセスソケット通信などの機能を提供する。これらは様々なソフトウェアを動作させるうえで基礎となる重要な機能であるが、ユーザーが利用する機能としては非常にプリミティブである。例えばカーネルそのものにはOS起動時のデーモン自動起動機能は存在しないし、Bashのようなインタラクティブコンソール機能も存在しない。これらの機能はすべてLinuxカーネルを利用するGNUなどによって作られた個別のソフトウェアによって実現されている。

ユーザーの利便性を高めるためにLinuxカーネルとこれらソフトウェア群を1つのパッケージにしたものがLinuxディストリビューションである。無償・有償様々なdistribution=配布・流通・頒布形態が存在し、各ディストリビューションはその理念・目的によって派生し、それぞれ異なるソフトウェアをパッケージに含んでいる。ユーザーはLinuxディストリビューションをインストールするだけでシェル機能やパッケージ管理機能、デスクトップ環境などを利用することができる。

コンポーネント[編集]

GNU/Linux Distro Timeline, 様々に派生したLinuxディストリビューションのタイムライン。

カーネルの他、基本的なUNIXのツールやユーティリティ、その他サーバ向けやデスクトップ環境向けのソフトウェアを集め、ビルドしてバイナリパッケージを作成し提供している。その他、最初のインストールの際に必要なインストーラ等といった補助的なシステムが付属する。バイナリパッケージを利用するという形態のために、rpmやdebなど、何らかのバイナリパッケージシステムの採用がほぼ必須であり、どのシステムを採用しているかがディストリビューションの主要な特徴のひとつとなる。aptやyumなどより上位のパッケージ管理システムも、現代ではほぼ必須である。

これらはソフトウェア構成の例であり、他にも様々なソフトウェアをインストールできる。

配布方法[編集]

ディストリビューションは、自由に配布、利用の出来るソフトウェア(フリーソフトウェア)だけを集め、無料で提供されるものと、利用に料金を払う必要のある商用ソフトウェアや企業によるサポートを受けられる権利を含んだ有料のものに分けられる。大抵の場合、前者はFTPなどで公開されており、Torrentを利用した配布をするディストリビューション[1]も存在する。後者はユーザー数などに制限のあるライセンス契約によって提供される。どちらの場合も、CD-ROM等によって入手することができる。GNU/Linuxディストリビューターによっては両方を用意している場合や、サポートのみ有償で受けられる場合もある。

Debian系[編集]

Debian GNU/Linux 7.5
(GNOMEデスクトップ)
Ubuntu Desktop 15.10
Kubuntu 13.10
Xubuntu 14.04 LTS

パッケージ管理システムにdeb形式を使っている。主要なものは以下の通り。

開発停止[編集]

  • aptosid : Debian sidベースでCDブート/HDDインストール共可能。旧称はsidux。
  • BackTrack : Debianベースであり、Kali Linuxの前身。ペネトレーションテスト目的に特化していることが特徴だった。
  • CrunchBang Linux : ウィンドウマネージャとしてOpenboxを採用している軽量ディストリビューション。
  • Corel Linux英語版
    • Xandros : Corel Linuxの後継。Eee PCに搭載されていた。
  • Ecolinux : デスクトップ環境としてXfceを採用した日本発のディストリビューション。
  • Freespire英語版 : Linspireの無料版。CDブート/HDDインストール共可能。
  • gOS : Googleが提供するWebアプリケーションを活用できるように設定されている。
  • Damn Small Linux : KNOPPIXベース、軽量。
  • Xenoppix : KNOPPIXにXenを搭載した日本のディストリビューション。
  • Regret : KNOPPIXベースの日本のディストリビューション。
  • Linspire : Windowsのような使い勝手を実現。旧称はLindows。
  • MEPIS : 主にデスクトップ向け。CDブート/HDDインストール共可能。
  • Progeny Debian : Red HatのAnacondaインストーラを移植したGNU/Linux。
  • Fluxbuntu : Ubuntuベース。ウィンドウマネージャとしてFluxboxを採用している。
  • UserLinux : Debianベースの企業向けデスクトップ用GNU/Linux。
  • 巫女 GNYO/Linux : openMosixSCoreを利用したPCクラスタが構築可能。CDブート/HDDインストール共可能。

Red Hat系[編集]

Vine Linux 6.1

パッケージ管理システムとしてRPMを使っている。主要なものは以下の通り。

  • Fedora : Red Hat Linux 後継のコミュニティによる実験要素が強い。
    • Red Hat Enterprise Linux : コミュニティによるテスト済みのFedoraをベースにして安定させた。商用。
      • Asianux : アジア5ヵ国の企業が共同開発。Red Hat Enterprise Linuxベース。
      • CentOS : Red Hat Enterprise Linuxのクローン。
      • Scientific Linux(旧 Fermi Linux) : Red Hat Enterprise Linuxのクローン。
    • Berry Linux : 日本人の中田裕一朗がFedoraをベースに開発。
  • Mageia : Mandriva Linuxをベースに開発。オープンソース。
  • PCLinuxOS : Mandriva Linuxをベースに開発。デスクトップ指向。
  • Vine Linux : 日本国産のLinuxディストリビューション。
  • RedHawk Linux : RHELのカーネルをリアルタイムLinuxカーネルに置き換えた。商用。
  • Oracle Linux: OracleがOracle製品に最適化したUnbreakable Enterprise Kernel(UEK)を採用。

開発停止[編集]

Slackware系[編集]

  • Slackware : Linux普及初期は有名だったディストリビューション。
    • Dragora GNU/Linux-Libre : 完全に自由ソフトウェアのみで構成される独自のGNU/Linuxディストリビューション。シンプルであることをコンセプトとしている。
    • Plamo Linux : Slackwareを日本語化し、プラモデルのようにいじれることを念頭に置いて開発されている。Version3.3まではPC-9800シリーズに対応した。
    • Puppy Linux : Live CD、HDインストールも可。日本語化も可能[15][16]。debパッケージ利用可。
      • Lxpup[17] : Puppy Linuxを基盤に、デスクトップ環境をLXDEに置き換えたもの。
      • Yara OSX[18][19] : Puppy Linux派生。Xfceを採用したMacOS風の画面。
  • openSUSE : ドイツで開発されていたため、ヨーロッパで強い。SUSEノベルに買収されたことに伴い、SUSE Linuxから改名。

開発停止[編集]

  • United Linux : SUSE LinuxをベースにTurboLinux、SUSE(現:Novell)、Caldera(現:SCO)、Connectiva(現:Mandriva)の4社にて共同開発。
  • Wolvix英語版[20] : ウィンドウマネージャとしてXfceを採用している。
  • Slamd64 : x64版Slackwareである。

独立系[編集]


開発停止[編集]

  • Foresight Linux : Conaryと呼ばれる次世代パッケージ管理システムを採用。
  • iPodLinux : iPod用にµClinuxをカーネルとしたもの。
  • IPnuts : ルータ・ファイアウォール構築に使用。
  • MkLinux : PowerPC搭載機専用、Machベース。
  • Nature's Linux : 無料の開発版とOS監視サポート付きの有料版がある。FreeBSDのjailに似た仮想ファイルシステム、jailを利用したバックアップとリカバリ機能、ファイル改竄検出機能などを持つ。
  • SLS : GNU/Linuxで最も初期のディストリビューション。
  • Stataboware : Slackwareに似た構造で、Alpha搭載機専用。
  • Splashtop : 起動速度を重視して開発されたOS。
  • Turbolinux : パッケージ管理システムとしてRPMを使っている。
  • Yggdrasil Linux: Linuxディストリビューション初のLive CD 1992.8-1995

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 例えばUbuntuなど。
  2. ^ www.astralinux.ru
  3. ^ Elementary OS
  4. ^ The Register: Google at work on desktop Linux”. 2006年4月25日閲覧。
  5. ^ Slashdot: Google working on Desktop Linux”. 2006年4月25日閲覧。
  6. ^ Pear Linux
  7. ^ ChaletOS - Google Sites
  8. ^ ChaletOS - DistroWatch.com
  9. ^ ChaletOS download | SourceForge.net
  10. ^ Live Voyager
  11. ^ DistroWatch.com: Voyager Live
  12. ^ Voyager 日本語情報トップページ - OSDN
  13. ^ Windows 10に最適化されたLinuxディストロ「WLinux」が爆誕 - 期間限定の50%オフでセール中
  14. ^ Windows 10 now has its own exclusive Linux distro -- WLinux
  15. ^ 日本語サポートパッケージ - sakurapup.browserloadofcoolness.com
  16. ^ 日本語化ファイル入手先
  17. ^ LxPup - Puppy Linux + LXDE 日本語情報トップページ - OSDN
  18. ^ Yara OSX - Home
  19. ^ Puppy Linux Discussion Forum :: View topic - Yara OSX 3
  20. ^ Linton, Susan (2007年3月). “A New Open Source Model?”. DistroWatch. http://distrowatch.com/weekly.php?issue=20070319 2010年12月11日閲覧。 
  21. ^ AudioPhile Linux | Quality audio on Linux

関連項目[編集]

DistroWatch.com - GNU/Linux及びFreeBSDディストリビューションの情報サイト