Love in Action

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Love in Action
放送方式 収録
放送期間 2009年10月 - 2011年6月 (第1期)
2011年10月 - 2017年12月 (第2期)
放送時間 放送時間・ネット局参照
制作 FM OSAKA
ネットワーク JFN
パーソナリティ 山本シュウ
森裕子(第1期)
小林麻耶(第2期)
川田裕美(第2期)
提供 日本赤十字社
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

Love in Action』(ラブ・イン・アクション)は、JFN系列で放送されていたFM OSAKA制作のラジオ番組である。2009年10月から2011年6月まで一度放送された後(第1期)、2011年10月から放送を再開していた(第2期)。

概要[編集]

若年層の献血者数が右肩下がりになる中、聴取者に献血の啓蒙活動を行っているミニ番組である。パーソナリティは、山本シュウと歴代の女性パートナーが務めている。番組タイトルは、スポンサーの日本赤十字社が行う献血キャンペーン(献血推進プロジェクト)の名称でもある。

2009年10月から2011年3月までは女性パートナーは無しで、山本1人によるワンマン進行形式だった。また、同年6月までは月曜日から金曜日までの帯番組で、朝のワイド番組に内包される形で放送されていた。初期にはFM OSAKAのキャンペーン「愛です」にかけて、オープニングで「献血は、愛のアクション Love in Action」とコールしていた。引き続き「献血は、愛のアクション」は当プロジェクトのキャッチフレーズとしても使用されている。

番組は東日本大震災発生直後の2011年3月14日から4月まで一旦放送休止となり、その間は同時間帯で震災関連の情報が放送されていた。4月からは森裕子をパートナーに迎え、ツインDJスタイルにした上で放送を再開したが、同年初夏に山本の公式サイト上で「FM OSAKAの編成から抜けた」との報告があり、土曜・日曜深夜にFM OSAKAで放送されていた番組とともに6月をもって一旦放送終了という形になった。

2011年10月、番組は小林麻耶をパートナーに迎えて放送を再開した。このリニューアルで番組の放送時間が朝から夕方に変更され、ネット局ごとにまちまちになった。また、各局ともに金曜日の放送が無くなった。2012年7月以降はパーソナリティはそのままに、放送時間が夕方から夜に変更されている。2017年12月28日をもって第2期の放送は終了する。

パーソナリティ[編集]

山本と森は、ともにFM OSAKAでレギュラー番組を持つDJである。小林はTBSアナウンサー時代、TBSラジオのレギュラーは在籍6年間で『ブジオ!』1本のみで、この『Love in Action』で通算2本目、かつフリー転向後初となった。また、小林の病気による休養期間中、同じセント・フォース所属の川田が代理として登場し、結局1年間出演した。

番組内容[編集]

「Love in Action」のCMの後に、テーマソングとともに山本の(太字強調箇所は小林とともに)「グドイブ!グドイブ!グッドイブニング!(「週末ぶりぶり」や「きのうぶりぶり」と発言する場合もある) 全国のWe are 親戚、笑(わろ)うてはりましたか?」というハイテンションな挨拶から始まる。

番組中盤では、リスナーに電話を繋ぐコーナー(水曜日の「献血Quiz“献Q(ケンキュー)”」など)がある。

エンディングでは、「明日まで(金曜日の放送が無くなった2011年10月以降は木曜日に「来週まで」)笑(わろ)うといてやぁ〜」(「笑顔でいてね~」の大阪弁)という挨拶で締める。

LOVE in Action Meeting(LIVE)[編集]

2011年から2018年まで毎年6月の世界献血者デーにあわせ、東京国際フォーラムホールC[1]で開催されていたライブイベント。イベントは全席無料招待制で1200人[2]動員する。イベントの模様は番組内でダイジェスト放送されていた。

放送時間・ネット局[編集]

2017年4月以降

放送対象地域 放送局名 放送時間 備考
大阪府 エフエム大阪(FM OH!) 17:36 - 17:46 製作局
広島県 広島エフエム放送(HFM) 17:45 - 17:55
愛知県 エフエム愛知(@FM) 19:20 - 19:30
兵庫県 兵庫エフエム放送(Kiss FM KOBE) 20:45 - 20:55
香川県 エフエム香川(FM香川)
徳島県 エフエム徳島(FM徳島)
高知県 エフエム高知(Hi-Six)
大分県 エフエム大分(Air-Radio FM88)
宮崎県 エフエム宮崎(JOY FM)
鹿児島県 エフエム鹿児島(μFM)
福岡県 エフエム福岡(FM FUKUOKA) 20:50 - 21:00
東京都 エフエム東京(TOKYO FM) 21:40 - 21:50
北海道 エフエム北海道(AIR-G') 21:45 - 21:55
青森県 エフエム青森(AFB)
秋田県 エフエム秋田(AFM)
宮城県 エフエム仙台(Date fm)
福島県 エフエム福島(ふくしまFM)
岩手県 エフエム岩手(FM IWATE)
山形県 エフエム山形(Rhythm Station)
群馬県 エフエム群馬(FMぐんま)
栃木県 エフエム栃木(RADIO BERRY)
長野県 長野エフエム放送(FM長野)
新潟県 エフエムラジオ新潟(FM-NIIGATA)
富山県 富山エフエム放送(FMとやま)
石川県 エフエム石川(HELLO FIVE)
福井県 福井エフエム放送(FM福井)
岐阜県 岐阜エフエム放送(FM GIFU)
三重県 三重エフエム放送(レディオキューブ FM三重)
滋賀県 エフエム滋賀(e-radio)
島根県鳥取県 エフエム山陰(V-air)
岡山県 岡山エフエム放送(FM OKAYAMA)
山口県 エフエム山口(FMY)
熊本県 エフエム熊本(FMK)
佐賀県 エフエム佐賀(FMS)
長崎県 エフエム長崎(FM Nagasaki)
沖縄県 エフエム沖縄(FM沖縄)
静岡県 静岡エフエム放送(K-mix) 21:50 - 22:00
愛媛県 エフエム愛媛(JOEU-FM)

ご当地版[編集]

2013年2月から3月にAir-G'にて『Love in Action』の北海道版『Love in Action Air-G'edition~はじめYO!けんけつ 北海道献血カレッジ~』を毎週月曜~木曜の『SCHOOL OF LOCK!』内で放送していた。

脚注[編集]

  1. ^ 2015年までは日本武道館
  2. ^ 2015年までは2日間開催され計16000人
  3. ^ 特に記述の無いものは『中西哲生のクロノス』に内包される形での放送で、後続の『コスモアースコンシャスアクト ずっと地球で暮らそう。』とともに14分間のネットワークゾーンが続いていた。
  4. ^ 2011年3月までは『MORNING GROOVE』に内包。
  5. ^ スカッシュ!』(2010年9月までは(月 - 木)『PEACE!〜KOJ愛です!〜』/(金)『PEACE!FRIDAY〜ウィークエンDo 愛です!〜』)に内包。
  6. ^ 6:25 - 6:35に『さわやか世の光』を放送するため。
  7. ^ 6:35からの5分間は『V-airツキ押しJ.P』。
  8. ^ (月 - 木)『STAND UP! MORNING ― スタモニ ―』/(金)『STAND UP! MORNING ― スタモニ・ウィークエンドエディション ―』に内包。
  9. ^ 前田敦子のHEART SONGS」があるため他局より5分早まる
  10. ^ 2012年7月2日-2013年3月28日。
  11. ^ 2013年4月1日-。
  12. ^ 2012年7月から同年9月までは17:33 - 17:43に放送。
  13. ^ 2013年8月29日まで
JFNFM OSAKA 月曜 - 金曜 6:30 - 6:40
前番組 番組名 次番組
クロノス・ヘッドラインニュースほかミニコーナー
(『中西哲生のクロノス』枠内)
Love in Action
(2009年10月 - 2011年6月)
クロノス 朝活ネットワーク
(『中西哲生のクロノス』枠内)
FM OSAKA 月曜 - 木曜 17:50 - 18:00
LOVE & HOPE 〜ヒューマン・ケア・プロジェクト〜
(『中西哲生のクロノス』枠内へ移動)
LOVE in Action
(2011年10月 - 2012年6月)
FM OSAKA 月曜 - 木曜 17:33 - 17:43
KAT-TUN 田口淳之介の TAG-TUNE DRIVING
(17:50枠へ移動)
LOVE in Action
(2012年7月 - 2012年9月)
Realize!
(放送枠10分拡大)
FM OSAKA 月曜 - 木曜 19:50 - 20:00
あつまれ!MUSIC COASTER
(放送枠10分縮小)
LOVE in Action
(2012年10月 - 2017年3月)