lynch.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
lynch.
出身地 日本の旗 日本愛知県名古屋市
ジャンル ラウドロック
オルタナティヴ・ロック[1][2]
メタルコア[1][2][3]
ハードコア・パンク[2]
スクリーモ
オルタナティヴ・メタル[2]
活動期間 2004年 -
レーベル marginal works(2005年 - 2010年)
キングレコード(2011年 - 現在)
事務所 Bellwood Records(2010年 - 現在)
公式サイト lynch.official web site
メンバー 葉月ボーカル
玲央ギター
悠介ギター
明徳ベース
晁直ドラムス

lynch.(リンチ)は、愛知県名古屋市を拠点に始動した5人組のロックバンド2004年8月結成。

概要[編集]

  • バンド名は玲央が考えた[4]。また、名前の最後に「.(ピリオド)」が付くが、これは葉月曰く「文字に書いたとき、点がついてた方が締まってカッコいいなと。ただそれだけです。モーニング娘。の「。」と一緒」とのこと。ただ、葉月自身はピリオドを忘れて表記してしまうこともよくあるそう[4]
  • 音源のリリースよりもライブへ重点を置くライブバンドであり、インディーズ初期にはライブでのノリを重視した曲が多く製作された。
  • 名古屋系バンドと称され、同じカテゴリに属する先達に当たる黒夢を初めLaputaROUAGEなどの影響を受けている。
  • 玲央は当時の名古屋で名の知れた人物であった故、音楽で売れたかったとのことで、元○○のメンバーがやっているバンドと見られたくなかったために、悠介が加入するまではメディア露出を全て断っていた。ライブ活動にて知名度を広げていきライブバンドとしての礎を築いた。
  • 作詞・作曲は、結成〜メジャー2作目までの全てを葉月1人で制作。以降、少しずつ、メンバーが参加している。葉月は歌詞に対し、"メッセージを込めずあくまでも曲を活かす、抽象画のようなもの"というスタンスで作詞をしていた。メジャー2作目のシングル「LIGHTNING」以降、コンセプトを持った作詞にも励んでいる。
  • メタルやハードコアなどのヘヴィでアグレッシブな音楽をベースにしているがキャッチーさにも拘りがあり、リフやリズム、メロディーはキャッチーで頭に残るものを意識している。
  • 結成当時、ラウドロックという前提はありつつも、明確なlynch.像というものを持っておらず、ただ好きな曲をやっていたと言うが、2ndアルバム収録の「I'm sick,b'cuz luv u.」でlynch.らしさを認識した。結成した2004年当時は、もうラウドやヘヴィロックはダサいと言われていたが辞めなくてよかったと語っている。
  • 現在は、ジャンルの垣根を壊していくとのことで、自身たちのことを「V系ともラウド系とも思っていない。僕が憧れている先人達は、死んでも自分たちの事を◯◯系だなんて括ったりしなかった。やはり僕もそうでありたい。それでもジャンルの問題はどこまでも付きまとう。僕らで新しいなにかを打ち立てたい。」と葉月がTwitterで発言している。
  • 公式ファンクラブは「SHADOWS」である。

メンバー[編集]

  • Vocal:葉月(はづき)
    • (1982-12-10) 1982年12月10日(38歳)生まれ、B型
    • lynch.のほぼ全ての作詞・作曲を担当している。
  • Bass:明徳(あきのり)
    • (1986-11-17) 1986年11月17日(34歳)生まれ
    • ラストインディーズツアーからサポートベースを務める。ツアーファイナルで正式にlynch.に加入する。シャウトコーラスも主に担当。
  • Drums:晁直(あさなお)
    • 1981年7月12日(39歳)生まれ
    • 愛称は「あさぬ」。

メンバーのうち、葉月、晁直、明徳の3人は釣りが趣味で、内外出版社発刊の釣り雑誌「Lure Magazine」に載るほどの釣り好き。この3人を合わせて「釣リンチ」と呼ぶ。また、明徳の前任ベーシストである淳児も釣り好きだった。

ライブサポートメンバー[編集]

旧サポートメンバー[編集]

来歴[編集]

2004年8月、GULLETを脱退した玲央が、葉月と晁直に声をかけて結成。同年12月27日に初ライブを敢行。

2006年2月に新メンバーを探すために活動休止。同年7月に悠介を迎えツインギター態勢で再開。悠介は当初、ベースで加入するつもりだったと語る。結果的に、結成当初からインディーズ終了までその状態は続いた。レコーディングでは『greedy dead souls』のみ、当時のサポートだった、ゆきの(天野攸紀)、それ以外のインディーズ作品は葉月が担当。

2010年7月19日の名古屋ダイアモンドホール公演にて、ラストインディーズツアーの開催を発表。

2010年9月22日にラストインディーズシングル「JUDGEMENT」をリリース。

2010年9月19日からLAST INDIES TOUR『THE JUDGEMENT DAYS』を敢行。同年9月10日にサポートを終えた淳児に変わり、当時同じ名古屋で活動していた後輩バンド"meth."のベース明徳がサポートとして加入。ツアー中の11月、葉月が急性咽頭喉頭炎及び声帯浮腫を発症し一部の公演に出演できなくなる事態が起こった。

2010年12月19日、Shibuya O-EASTで行われたツアーファイナルにて、明徳が正式に加入。[5]

2010年12月26日の名古屋ダイアモンドホール公演が実質のインディーズラストワンマンライブとなった。

2011年6月、アルバム『I BELIEVE IN ME』のリリースをもって、キングレコードよりメジャーデビュー

2013年12月、東名阪にて初のZeppライブツアーを敢行。

2014年2月、オフィシャルファンクラブ「SHADOWS」が正式に発足。

2015年10月、アルバム『D.A.R.K. -in the name of evil-』より全欧デビューを果たす。

2016年9月、メジャーデビュー5周年を記念して東名阪(豊洲PIT、Zepp名古屋、なんばhatch)にて完全無料ライブを開催。

2016年10月14日、X JAPAN主催のVISUAL JAPAN SUMMIT 2016に出演。

2016年11月22日、明徳が愛知県警に大麻所持で逮捕。[6]これにより活動自粛、出演予定だったイベント及びライブは全てキャンセルとなった[6]

2017年2月10日、4人体制で活動再開[7]。それに伴い、ワンマンライブ「THE JUDGEMENT DAY」を4月18日より、新木場STUDIO COASTにて開催する[7]

2017年12月31日、翌年3月の幕張メッセ公演にて、明徳がlynch.に復帰することを発表[8]

2018年3月11日、バンド史上最大規模となる幕張メッセでのワンマンライブ『Xlll -GALLOWS-』を開催。約1年ぶりに明徳が復帰[9]

2018年7月18日、13枚目のアルバム『Xlll』が、初動売り上げ6,257枚を記録し、週間チャートで8位を記録[10]。キャリア初となる週間チャートでのトップ10入りを果たす。

2020年4月22日、新型コロナウイルスの影響で経営不振に陥っているライブハウスを支援するため、新曲2曲と「A GLEAM IN EYE」の再録バージョンの、計3曲を収録したシングル「OVERCOME THE VIRUS」を、同月28日より公式サイトにて発売。5月13日にはダウンロード形式での販売も開始。制作費を差し引いた売上利益は全国148カ所のライブハウスに分配して寄付されるとのこと[11][12]

2020年10月26日、デビュー15周年を記念して、キャリア初となる日本武道館での単独公演『15TH ANNIVERSARY THE FATAL HOUR HAS COME AT 日本武道館』を、2021年2月3日に開催することを発表[13]

2021年1月8日緊急事態宣言が再発出されたことを受け、2月3日に公演を予定していた日本武道館での公演を中止[14]

2021年2月3日、中止となった武道館公演の代わりに、Youtubeの公式チャンネルにて無料ライブ配信「THE RESISTANCE」を行う[15]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

タイトル 発売日 品番 収録曲 最高位 備考
2006年7月20日 a grateful shit MWRE-003 ライブ会場限定販売
現在、入手困難
2006年11月15日 roaring in the dark MWRE-004 103位 3ヵ月連続マキシシングルリリース第一弾
2006年12月13日 enemy MWRE-005 127位 3ヵ月連続マキシシングルリリース第二弾

2タイプ同時リリース
初回盤のみボーナストラック1曲追加

2007年1月17日 forgiven MWRE-006 78位 3ヵ月連続マキシシングルリリース第三弾
2008年4月8日 Adore MWRE-009(初回盤) 54位 2タイプ同時リリース
「初回限定盤」にはDVD(PV「Adore」+メイキング映像)付属
MWRE-009B(通常盤)
2008年10月15日 Ambivalent Ideal MWRE-010(初回盤) 45位 2タイプ同時リリース
「初回限定盤」にはDVD(PV「Ambivalent Ideal」)付属
MWRE-010B(通常盤)
2010年4月28日 A GLEAM IN EYE MWRE-012 53位
2010年9月22日 JUDGEMENT MWRE-013(初回盤) 33位 2タイプ同時リリース
「初回限定盤」にはDVD(PV「JUDGEMENT」「A GLEAM IN EYE」)付属
インディーズラストシングル
MWRE-013B(通常盤)
2011年11月9日 MIRRORS KICM-91368 全3曲 20位
2012年10月24日 LIGHTNING KICM-1423 全2曲 32位
2013年2月20日 BALLAD KICM-1433 全2曲 32位
2013年6月14日 ANATHEMA BZCM-9001 TOUR'13「THE NITE BEFORE EXODUS」会場限定販売シングル
2015年8月5日 EVOKE KICM-1613 全3曲 37位 3ヵ月連続リリース第一弾
2015年9月2日 ETERNITY KICM-1614 全3曲 39位 3ヵ月連続リリース第二弾
2017年11月8日 BLØOD THIRSTY CREATURE KICM-91812(数量限定生産盤)
KICM-91813(初回限定盤)
KICM-1812(通常盤)
全3曲 25位
2020年4月28日 OVERCOME THE VIRUS BZCM 9003 ライブハウス救済企画CD
公式サイト限定販売だが会員以外でも購入可能
配信版は5月13日より
2020年12月23日 ALLIVE 配信限定シングル

アルバム[編集]

タイトル 発売日 品番 収録曲 最高位 備考
2005年4月20日 greedy dead souls MWRE-001 167位 現在、入手困難
2005年11月16日 underneath the skin MWRE-002 225位 現在、入手困難
2007年4月25日 THE AVOIDED SUN MWRE-007 159位 2タイプ同時リリース
2007年11月7日 THE BURIED MWRE-008(初回限定盤)
MWRE-008(通常盤)
120位 2タイプ同時リリース
「初回限定盤」にはDVD(live digest「TOWARD THE AVOIDED SUNRISE」TOUR FINAL 07.02 Shibuya O-WEST)付属
2009年7月8日 SHADOWS MWRE-011(初回限定盤)
MWRE-011B(通常盤)
57位 2タイプ同時リリース
「初回限定盤」にはDVD(「SHADOWZ」PV+MAKING)付属
2011年6月1日 I BELIEVE IN ME KICS-91666(初回限定盤)
KICS-1666(通常盤)
全12曲 18位 メジャーデビューアルバム
2012年6月27日 INFERIORITY COMPLEX KICS-91770(初回限定盤)
全10曲 29位
2013年8月14日 EXODUS-EP KICS-91926(初回盤)
KICS-1926(通常盤)
全6曲 19位
2014年4月9日 GALLOWS KIZC-249/250 全13曲 14位
2015年3月11日 10th ANNIVERSARY 2004-2014 THE BEST KICS-93170〜1(初回完全生産限定盤)
KICS-3170〜1(通常盤)
[Disk 1]全18曲、[Disk 2]全18曲 14位 既存曲の再録を含む2枚組初ベストアルバム
2015年10月7日 D.A.R.K. -In the name of evil- KICS-93256(初回限定盤)
KICS-3256(通常盤)
全13曲 11位 シングルEVOKE、ETERNITYに続き3ヵ月連続リリース第三弾
2016年9月14日 AVANTGARDE KICS-93415(初回限定盤)
KICS-3415(通常盤)
全12曲 13位
2017年5月31日 SINNERS-EP KICS-93497(初回限定盤)
KICS-3497(通常盤)
全6曲 14位
2018年4月25日 SINNERS -no one can fake my bløod- KICS-3707 全9曲 26位
2018年7月11日 Xlll KICS-93733(数量限定豪華盤)
KICS-93735(初回限定盤)
KICS-3733(通常盤)
全13曲 8位
2020年3月18日 ULTIMA KICS-93904(数量限定豪華盤)
KICS-93906(初回限定盤)
KICS-3904(通常盤)
全12曲 22位

映像作品[編集]

発売日 タイトル 品番 収録曲 備考
2008年3月 OFFICIAL BOOTLEG -TOUR'07 「TOWARD THE AVOIDED SUNRISE」 FINAL 2007.07.02 SHIBUYA O-WEST- MWDV-001 通信販売・会場販売限定
2009年3月 OFFICIAL BOOTLEG 2 -TOUR'08「THE DIFFUSING IDEAL」2008.10.24LIQUIDROOM- MWDV-004 通信販売・会場販売限定
2009年12月2日 THE SHADOW IMPULSE FINAL 2009.09.06 at AKASAKA BLITZ MWDV-006,007 DVD2枚組
2012年2月8日 TOUR'11「THE BELIEF IN MYSELF」FINAL 〜il inferno〜 09.04 AKASAKA BLITZ KIBM-299 29位
2014年9月10日 TOUR'14「TO THE GALLOWS」-ABSOLUTE XANADU- 04.23 SHIBUYA-AX KIBM-90452(初回盤)
KIBM-454(通常盤
11位
2016年6月15日 IMMORTALITY KIXM-237(Blu-ray)
KIBM-578~9(DVD)
2018年8月8日 13th ANNIVERSARY -Xlll GALLOWS- [THE FIVE BLACKEST CROWS] 18.03.11 MAKUHARI MESSE KIXM-331(Blu-ray)
KIBM-734(DVD)
2019年9月18日 HALL TOUR’ 19「Xlll-THE LEAVE SCARS ON FILM-」 KIXM-390(Blu-ray)
KIBM-812〜3(DVD)

客演作品[編集]

アルバム[編集]

アーティスト タイトル 発売日 参加曲 備考
大佑と黒の隠者達 漆黒の光 2011年4月20日 M-2「嫌」 玲央のみ
Pay money To my Pain gene 2013年11月13日 M-8「Resurrection」 葉月のみ
MEPHISTOPHELES Hide and seek 2018年9月26日 M-7「Dictator ship」 葉月のみ
彼女 IN THE DISPLAY WILD ONES NEVER DIE 2019年9月4日 M-3「FAST feat.HAZUKI lynch.」 葉月のみ
MUCC 2020年6月10日 M-9「目眩 feat. 葉月(lynch.)」 葉月のみ

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名
奥和義 「PHOENIX from『TOUR'14「TO THE GALLOWS」-ABSOLUTE XANADU-04.23 SHIBUYA-AX』」
丹修一 BALLAD」「DEVIL」「TRIGGER feat. J
平田真市郎 「Adore」
マサオ A FLARE」「FROZEN」「I BELIEVE IN ME」「INFERIORITY COMPLEX」「LIGHTNING」「MIRRORS」「NIGHT」「F.A.K.E.
新宮良平 EVOKE
瀬里義治 ETERNITY
大喜多正毅 CREATURE」「JØKER
不明 BEAST

タイアップ[編集]

曲名 タイアップ先
2012年 A FLARE PCゲーム『セブンコア』テーマソング[16]
FROZEN テレビ東京系JAPAN COUNTDOWN』6月度エンディングテーマ
INFERIORITY COMPLEX Music B.B.』エンディングテーマ[17]
LIGHTNING TBS系ランク王国』10・11月度オープニングテーマ
2013年 BALLAD テレビ朝日Break Out』エンディングテーマ[18]
2015年 EVOKE テレビ東京系『JAPAN COUNTDOWN』8月度エンディングテーマ
ETERNITY THKオトナ養成所 バナナスクール』エンディングテーマ[19]
BEAST 映画『復讐したい』主題歌[20]
2017年 TRIGGER feat. J 『ニコびじゅ』5月度オープニングテーマ[21]
2018年 SORROW 日本テレビ「MIDNITEテレビシリーズ
『アンフォゲッタブル2 完全記憶捜査』」エンディングテーマ[22][23]
JØKER

ライブ[編集]

ワンマンツアー[編集]

タイトル 備考
2005年5月16日〜6月17日 「greedy dead souls」発売記念ツアー 『grade of greed』
2005年12月10日〜12月15日 東名阪ワンマンツアー『underneath above ground』
  • ファイナル:目黒鹿鳴館、全4公演
  • 追加公演:2006年1月28日
2006年7月20日 restarting oneman live 『REUNION the 4 STARZ』
2006年9月20日 ONEMAN LIVE in TOKYO 『STARZ in the REJECT』
2006年10月1日〜10月29日 『THE SCREAMING GROUND』
  • ファイナル:大阪MUSE
  • 全3公演
2006年11月13日〜12月21日 TOUR'06 『march on the blinds』
  • ファイナル:名古屋ell.FITS ALL
  • 全13公演
2007年4月6日〜4月17日 Short Tour'07 『a calm before a storm』
  • ファイナル:新宿LOFT
  • 全5公演
2007年4月24日〜7月2日 TOUR'07 『TOWARD THE AVOIDED SUNRISE』
  • ファイナル:渋谷O-WEST
  • 全21公演
2008年4月10日〜4月25日 1st ONEMAN TOUR『URGE to DROWN』
  • ファイナル:恵比寿リキッドルーム
  • 全6公演
2008年10月24日〜11月25日 ONEMAN TOUR'08『THE DIFFUSING IDEAL』
  • ファイナル:松山SALON KITTY
  • 全12公演
2009年7月25日〜9月6日 TOUR'09 『THE SHADOW IMPULSE』
  • ファイナル:赤坂BLITZ
  • 全15公演
2009年11月12日〜12月23日 THE SHADOW IMPULSE encore tour -INFILTRATION-
  • ファイナル:福岡DRUM SON
  • 全15公演
2009年12月27日 5th Anniversary Premium Live 「THE IDEAL」
2010年3月30日〜4月8日 TOUR'10 『QUATTRO 3 NITES』
  • ファイナル:渋谷QLUB QUATTRO
  • 全3公演
2010年7月19日 A GLEAM IN NITE
2010年9月19日〜12月19日 LAST INDIES TOUR『THE JUDGEMENT DAYS』
  • ファイナル:新宿O-EAST
  • 全33公演
2011年2月23日、25日 『THE JUDGEMENT DAYS』- compensation –
2011年3月5日〜3月9日 SHADOWS ONLY Vol.1
  • ファイナル:西九条BRAND NEW、全3公演
2011年5月11日 I BELIEVE IN ME
2011年6月1日〜9月4日 TOUR'11『THE BELIEF IN MYSELF』
  • ファイナル:赤坂BLITZ
  • 全24公演
2011年11月12日〜12月30日 TOUR'11『THE TRUTH IN A MIRROR』
  • ファイナル:SHIBUYA-AX
  • 全7公演
2011年12月14日〜12月27日 7th Anniversary Premium Live『THE IDEAL』-SHADOWS ONLY-
  • ファイナル:名古屋Electric Lady Land
  • 全3公演
2012年3月3日 THE LAST NITE
2012年5月15日〜5月29日 SHADOWS ONLY Vol.3
  • ファイナル:高田馬場CLUB PHASE
  • 全3公演
2012年7月6日〜9月23日 『THE FATAL EXPERIENCE』
  • ファイナル:高知X-pt
  • 全28公演
2012年10月29日〜2013年3月2日 『THE FATAL EXPERIENCE #2』-SEIZE THE MOMENT-
  • ファイナル:Zepp Diver City TOKYO
  • 全8公演
2012年10月30日〜12月6日 SHADOWS ONLY Vol.4
  • ファイナル:渋谷CHELSEA HOTEL
  • 全7公演
2013年6月3日〜6月18日 TOUR'13「LIMITED 3 DAYS」
  • ファイナル:高田馬場CLUB PHASE
  • 全9公演
2013年7月13日〜8月24日 TOUR'13「THE NITE BEFORE EXODUS」
  • ファイナル:SHIBUYA-AX
  • 全9公演
2013年12月1日〜12月14日 TOUR'13「THE BLACKEST NIGHTMARE」
  • ファイナル:Zepp Nagoya
  • 全3公演
2014年2月15日〜3月19日 TOUR'14「LIMITED 3 DAYS」
  • ファイナル:心斎橋VARON
  • 全9公演
2014年4月23日 TO THE GALLOWS -ABSOLUTE XANADU
2014年5月8日〜8月3日 TOUR'14「TO THE GALLOWS」
  • ファイナル:目黒鹿鳴館
  • 全34公演
2014年9月27日〜11月22日 TOUR'14「TO THE GALLOWS」#2-SHOUT AT THE DEVIL-
  • ファイナル:桜坂セントラル
  • 全8公演
2014年12月27日 THE 10th BIRTHDAY 『2004-2014』 at STUDIO COAST
2014年12月29日 lynch. SHADOWS ONLY 10th Anniversary Premium Live「THE IDEAL」
2015年1月23日〜2月8日 TOUR'15「LIMITED 3 DAYS」
  • ファイナル:心斎橋VARON
  • 全9公演
2015年3月11日〜4月9日 TOUR'15「GAZE ME GATHER ME」
  • ファイナル:札幌KRAPS HALL
  • 全12公演
2015年5月3日〜5月8日 HALL TOUR'15「THE DECADE OF GREED」
  • ファイナル:渋谷公会堂
  • 全3公演
2015年7月4日〜7月21日) SHADOWS ONLY Vol.8 TOUR'15「QUATTRO lll NITES」
  • ファイナル:渋谷クラブクアトロ
  • 全3公演
2015年10月11日〜11月22日 TOUR'15「DARK DARKER DARKNESS」
  • ファイナル:TOKYO DOME CITY HALL
  • 全17公演
  • 2015年12月19日 追加公演
2016年1月31日〜2月16日 lynch. Member Produce 5 Days
2016年3月8日〜5月8日 TOUR'16「DARK DARKER DARKNESS」#2 -My name is evil-
  • ファイナル:新木場STUDIO COAST
  • 全21公演
2016年9月14日〜9月20日 MAJOR DEBUT 5TH ANNIVERSARY 「THE RECKLESS MANEUVER」 -完全無料東名阪-
  • ファイナル:豊洲PIT
  • 全3公演
2016年10月12日 SHADOWS ONLY『THE BEGINING OF AVANTGARDE』"INTRODUCTION"
2016年10月16日〜11月17日 TOUR'16「THE NITES OF AVANTGARDE」
  • ファイナル:名古屋クラブクアトロ
  • 全14公演
2017年4月18日 THE JUDGEMENT DAY
2017年5月4日〜5月12日 TOUR'17「DEADLY DEEP KISSES」-SHADOWS ONLY-
  • ファイナル:梅田TRAD
  • 全3公演
2017年6月9日〜8月11日 TOUR'17「THE SINNER STRIKES BACK」
  • ファイナル:日比谷野外大音楽堂
  • 全27公演
2017年10月20日〜12月16日 TOUR'17「THE BLØODTHIRSTY CREATURES」
  • ファイナル:札幌PENNY LANE 24
  • 全10公演
2017年12月31日〜2018年1月1日 COUNTDOWN LIVE 「2017-2018」
2018年3月11日 lynch.13th ANNIVERSARY-Xlll GALLOWS- [THE FIVE BLACKEST CROWS]
2018年4月30日〜5月11日 TOUR'18「THE NITES OF AVANTGARDE #2」"A BLØODY REVENGE"
  • ファイナル:Zepp Tokyo
  • 全3公演
2020年2月7日 [XV]act:3 -WOMEN’S ONLY-
  • 新宿BLAZE
2020年2月8日 [XV]act:3 -MEN’S ONLY-
  • 新宿BLAZE
2020年3月7日~3月13日 [XV]act:4 PREMIUM EXHIBITION“ULTIMA”-SHADOWS ONLY-
  • 3月7日:[大阪]BIGCAT
  • 3月11日:[東京]TSUTAYA O-EAST
  • 3月13日:[名古屋]DIAMOND HALL

新型コロナウイルス感染症対策本部にて政府より要請された方針に従い公演中止

2020年4月18日~7月26日 [XV]act:5 TOUR’20 -ULTIMA-
  • 4月18日:岐阜club-G
  • 4月19日:静岡SOUND SHOWER ark
  • 4月25日:熊本B.9 V1
  • 4月26日:鹿児島CAPARVO HALL
  • 4月29日:福岡DRUM LOGOS
  • 5月8日:高崎club FLEEZ
  • 5月10日:KT Zepp Yokohama
  • 5月14日:仙台RENSA
  • 5月16日:青森Quarter
  • 5月17日:秋田Club SWINDLE
  • 5月23日:山口RISING HALL
  • 5月24日:岡山CRAZYMAMA KINGDOM
  • 5月30日:和歌山SHELTER
  • 5月31日:奈良EVANS KINGDOM CASTLE HALL
  • 6月6日:新潟LOTS
  • 6月7日:富山MAIRO
  • 6月13日:帯広MEGA STONE
  • 6月14日:北見 オニオンホール
  • 6月16日:札幌PENNY LANE24
  • 6月27日:高松 オリーブホール
  • 6月28日:松山WStudioRED
  • 7月4日:沖縄 桜坂セントラル
  • 7月5日:沖縄 桜坂セントラル
  • 7月12日:Zepp Nagoya
  • 7月18日:なんばHatch
  • 7月26日:TACHIKAWA STAGE GARDEN

対バン・イベント公演[編集]

  • deadman+lynch. coupling tour 『デビッドリンチ』(2005年11月15日〜12月4日)
    • ファイナル:横浜CLUB24、全8公演
    • 追加公演:2006年1月9日〜1月13日
  • lynch.+girugämeshサディ coupling tour 『NATURAL BONE KILLERS』(2007年3月19日〜3月24日)
    • ファイナル:金沢AZ、全7公演
  • TOUR'07 『TOWARD THE AVOIDED SUNRISE』encore tour『involve the universe』(2007年10月2日〜11月20日)
    • ファイナル:代官山UNIT、全17公演(一部ワンマン公演有)
  • C4 Presents『-black:shaft-』(2009年5月29日:SHIBUYA-AX)
  • COUNTER CULTURE 2010(2010年2月5日〜2月26日)
    • ファイナル:SHIBUYA-AX、全9公演
  • V-Rock Fes.(2011年10月23日)
  • MERRY×lynch. Presents『Freaks Addict Tour』(2012年1月25日〜2月14日)
    • ファイナル:名古屋Electric Lady Land、全9公演
  • cali≠gari Presents『名古屋地下室-地下一階-』(2012年3月20日)
  • defspiral Presents『"Beauty and Beast" Vol.3』(2012年4月14日)
  • BULL ZEICHEN 88 Presents『lynch88.』(2012年6月16日)
  • Angelo Presents『THE INTERSECTION OF DOGMA』(2012年8月17日)
  • OSAKA MUSE Presents 『Lucky Members!!』1st Anniversary(2013年5月29日)
  • HEAD BANGING Vol.4(2013年6月1日)
  • -Angelo Presents-「THE INTERSECTION OF DOGMA」(2013年8月16日)
  • MERRY×lynch. Presents-「Freaks Addict Tour Beyond」(2013年10月2日〜11月15日)
    • ファイナル:SHIBUYA-AX、全14公演
  • SiM「PANDORA TOUR 2013-2014」(2013年11月29日)
  • Over the Edge'13(2013年12月31日)
  • MOSH presents "TOKYO MOSH PIT vol.2"(2014年1月4日)
  • The beginning of the feast of the devil and the beast(2014年1月18日、25日)
  • STUDIO COAST presents「MONSTER BOX Vol.00」(2014年2月2日)
  • lynch.Presents「NAGOYA SURVIVORS」(2014年3月25日)
  • NoGoD DANCHO PRESENTS BIG MOUTH ROCK FESTIVAL -2014-(2014年6月14日)
  • HEAVEN'S ROCK Utsunomiya 15th Anniversary -Beyond Borders-(2015年6月25日)
  • UCHUSENTAI:NOIZ Presents RAVE UP BIG BOMBER CAMP2015(2015年7月14日)
  • -Angelo Presents-「THE INTERSECTION OF DOGMA」(2015年8月5日)
  • MARCH ON THE DARKNESS(2015年8月31日〜9月21日)
    • ファイナル:福岡DRUM LOGOS、全3公演
  • lynch. presents 「THE VERSUS」feat. sads(2015年9月30日)
  • MERRY主催「NOnsenSe MARkeT 3F -ラムフェス-」(2015年11月5日)
  • 姫路Beta20周年記念スペシャル「VERSUS III」(2015年11月27日)
  • 〜BRAND NEW 20th ANNIVERSARY SPECIAL〜「Destruction for the truth」(2015年11月28日)
  • MARCH ON THE DARKNESS追加公演(2015年12月8日)
  • Crossfaith 「XENO WORLD TOUR 2016」(2016年2月5日)
  • B.O.T presents The Next Big Thing(2016年2月11日)
  • 原田祭(2016年2月13日)
  • PS COMPANY PRESENTS BORN 2MAN LIVE『2016 DIE or DIE CLIMAX 7DAYS VS lynch.』(2016年5月17日)
  • LIPHLICH主催公演『DOUBLE FUTURE』(2016年5月19日)
  • lynch.×SuG×vistlip 3マン「LSV」(2016年7月17日〜8月30日)
    • ファイナル:東京TSUTAYA O-EAST、全7公演
  • CHAIN THE ROCK FESTIVAL(2016年8月27日)
  • Plastic Tree秋ツアー2016『Black Silent/White Noise』(2016年10月2日)
  • J 2016 Live <10 days of GLORY -10 Counts for Destruction>(2016年10月8日)
  • GENESIS(2016年10月10日)
  • 『VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powered by Rakuten』'(2016年10月14日)
  • COMMUNE Vol.2(2016年11月25日、26日)
    • 明徳の逮捕により、出演キャンセル[6]
  • D'ERLANGER presents ABSTINENCE'S DOOR #009(2017年9月16日)
  • MUCC トリビュートアルバム対バンツアー「えん7」(2017年12月18日)
  • ポルノ超特急2017(2017年12月24日)
  • 20TH ANNIVERSARY MUCC祭『えん7 FINAL』in 武道館(2017年12月27日)
  • COUNTDOWN JAPAN 18/19 (2018年12月29日)
  • A.V.E.S.T. project vol.13 (2019年3月3日)
  • BLARE DOWN BARRIERS 2019 (2019年3月23日)
  • ROCK IN JAPAN 2019 (2019年8月10日)
  • Survive Said The Prophet『Made In Asia Tour』 (2019年9月16日)
  • HOSTED BY coldrain BLARE FEST.2020 (2020年2月2日)

出演[編集]

  • THE BLACK TRIANGLE(ニコニコ生放送、2014年1月10日〜2016年11月2日)
  • 週刊lynch.(FM Nack5、2012年10月1日〜2013年3月25日)

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b lynch. reviews, music, news”. sputnikmusic. Sputnikmusic.com. 2016年7月28日閲覧。
  2. ^ a b c d Lynch - discography”. オールミュージック. All Media Guide. 2016年7月28日閲覧。
  3. ^ lynch|Biography”. Spirit of Metal. 2016年7月28日閲覧。
  4. ^ a b バンド史上最大のピンチを華麗な復活劇に変えたlynch.、普通じゃない“普通”の発想を探る。”. ディスクガレージ (2017年5月31日). 2020年4月4日閲覧。
  5. ^ lynch.にベーシストの明徳が正式メンバーとして加入”. TOWER RECORDS. 2019年1月25日閲覧。
  6. ^ a b c “lynch.明徳が逮捕 バンド活動自粛 レコード会社謝罪「反社会的な行為には厳しく対応」”. ORICON STYLE (オリコン). (2016年11月24日). http://www.oricon.co.jp/news/2081973/full/ 2016年11月24日閲覧。 
  7. ^ a b “lynch.が活動再開「今のlynch.は完全ではありません」”. ナタリー. (2017年2月10日). http://natalie.mu/music/news/220287 2017年2月15日閲覧。 
  8. ^ lynch.を応援してくださる皆様へ”. lynch. Official Web Site. 2019年1月25日閲覧。
  9. ^ 【lynch. ライヴレポート】「13th ANNIVERSARY -XIII GALLOWS-【THE FIVE BLACKEST CROWS】」2018年3月11日 at 幕張メッセ国際展示場”. okmusic.jp. 2019年1月25日閲覧。
  10. ^ 週間 アルバムランキング 2018年07月23日付”. Oricon. 2018年7月18日閲覧。
  11. ^ “lynch.ライブハウス支援企画シングル詳細発表「OVERCOME THE VIRUS」”. 音楽ナタリー. (2020年4月22日). https://natalie.mu/music/news/376477 2020年4月29日閲覧。 
  12. ^ OVERCOME THE VIRUS”. SHADOWS lynch. OFFICIAL FAN CLUB. 2020年4月29日閲覧。
  13. ^ “lynch.来年2月に初の日本武道館ライブ「THE FATAL HOUR HAS COME」”. 音楽ナタリー. (2020年10月26日). https://natalie.mu/music/news/402163 2020年10月26日閲覧。 
  14. ^ “lynch.結成15周年記念の日本武道館ライブを中止”. 音楽ナタリー. (2021年1月8日). https://natalie.mu/music/news/411843 2021年1月21日閲覧。 
  15. ^ 「STREAMING LIVE “THE RESISTANCE”」
  16. ^ “SEVENCORE x lynch.タイアップ(2012年6月15日時点でのアーカイブ)”. gPotato. https://web.archive.org/web/20120615233424/http://sevencore.gpotato.jp/Teaser/lynch.aspx 2020年5月22日閲覧。 
  17. ^ INFERIORITY COMPLEX(初回限定盤)”. レコチョク. 2020年5月22日閲覧。
  18. ^ lynch.「BALLAD」の楽曲ページ”. レコチョク. 2020年5月22日閲覧。
  19. ^ ETERNITY(着信★うた)”. KONAMI. 2020年5月22日閲覧。
  20. ^ 山田悠介原作「復讐したい」“ダブル主題歌”は、ROTTENGRAFFTYとlynch.!”. 映画.com (2015年9月8日). 2015年9月8日閲覧。
  21. ^ “lynch.、新作『SINNERS-EP』全曲試聴動画解禁!”. Vif. (2017年5月10日). http://vif-music.com/2017/05/10/lynch-4/ 2020年5月22日閲覧。 
  22. ^ “lynch.、海外ドラマ・タイアップ決定!楽曲「SORROW」が日本テレビ"MIDNITEテレビシリーズ"EDテーマに!”. 激ロック. (2018年5月16日). https://gekirock.com/news/2018/05/lynch_sorrow_ending_theme.php 2020年5月22日閲覧。 
  23. ^ “lynch.サーカスがモチーフの「JOKER」MV公開”. spice. (2018年6月16日). https://spice.eplus.jp/articles/193736 2020年5月22日閲覧。