M-ATV

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
M-ATV
MRAP All Terrain Vehicle
USMC-110515-M-2678M-012.jpg
M-ATV, アメリカ海兵隊, 2011年
種類 4x4 MRAP
原開発国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
運用史
配備期間 2009年~
配備先 アメリカ軍、他
関連戦争・紛争 アフガニスタン紛争、他
開発史
開発者 オシュコシュ/プラサン
製造業者 オシュコシュ
製造期間 2009年~
製造数 約10,000両[1]
諸元
重量 12.5 t (車体重量)
14.7 t (全備重量)
全長 6.27 m
全幅 2.49 m
全高 2.70 m
要員数 5名(4名+銃手)

装甲 V字型車体
プラサン社製複合装甲
主兵装 M2重機関銃又はM240機関銃
OGPK又はM153 CROWS IIに搭載
エンジン キャタピラー C7 7,200cc 6気筒ターボチャージャー付きディーゼル
変速機 アリソン 3500SP 6速オートマチック
懸架・駆動 ダブルウィッシュボーン
4×4輪駆動
行動距離 510 km
速度 105km/h
テンプレートを表示

M-ATV(MRAP All Terrain Vehicle)は、アメリカ合衆国オシュコシュ社で開発された4×4輪駆動の耐地雷/伏撃防護装甲車(Mine Resistant Ambush Protected, MRAP)である。

従来の、大柄で重量のあるMRAPの車種と同等の防御力を持ちながら、より高い機動性を求めて計画された"MRAP All Terrain Vehicle"プログラムに応じて開発された車種で、M1114やM1151などの装甲型ハンヴィーの後継となる事が意図されている[2]。"MRAP All Terrain Vehicle"を日本語にすると、"耐地雷/伏撃防護,全地形対応車"というような意味になる。

概要[編集]

2008年夏頃、アメリカ国防総省アフガニスタンの厳しい地形に対応できる、より機動性を重視したMRAPの検討を始めた。開示された概略要求仕様に対し、提示期限の8月21日までに20社を超えるメーカーから提案が出された。2008年12月には正式な要求仕様が決定した。この当時のM-ATVプログラムの予定調達数は、最低372両から最大10,000両の間とされており、おそらく2,080両になるとの事であった[3]

2009年3月には5社から提案された6種類の車種から候補を絞り込むための2ヶ月に及ぶアメリカ陸軍での試験が開始された。この試験に持ち込まれた車種は

の6種類であった[4]

2009年5月にRG-31が脱落した後、残りの5種に対して3両ずつテスト用車両を納品するよう要求が出され、引き続き評価が行われた。そして2009年6月30日に、オシュコシュ社の提案した車両が選定されたと伝えられた[5][6][7]。MRAP計画を統括するアメリカ海兵隊のブロガン准将は、オシュコシュ製M-ATVが選定された理由として、生存性が最も高いと評価された事、オシュコシュ社の技術力と生産能力が評価された事、一方で車両単価は2番目に低価格だった事を挙げた[8][9][10]

初回の量産発注では、約10億USドルの予算で2,244両のM-ATVが注文された。その後調達数は5,244両にまで増やされた。内訳はアメリカ陸軍向けが2,598両、海兵隊向けが1,565両、特殊作戦軍(SOCOM)向け643両、空軍向け280両、海軍向け65両、そしてテスト用車両が93両であった[11]

2009年7月には最初の量産車46両がオシュコシュ社より納品され、10月には最初の車両がアフガニスタンに到着した。11月には納品数が1,000両以上となった。オシュコシュ社は国防総省との契約で月産1,000両の生産能力を要求されていたが、12月には本拠地であるウィスコンシン州オシュコシュと、ペンシルベニア州マッコネルズバーグでの分散生産体制により、その生産能力を獲得していた[12]。2010年3月には、オシュコシュ社から初回発注分が完納された。その後も追加調達が行われ、総計8,722両のM-ATVがアフガニスタンで活動する陸軍、海兵隊、SOCOM、空軍に供給された。

アフガニスタンでの大規模な作戦終了後、アメリカ政府は調達されたM-ATVの約8割、およそ7,000両を維持する事を決定した。約5,400両が陸軍、250両がSOCOM、1,350両が海兵隊その他の保有分となる。これらの車両の一部はオシュコシュ社によって改修を受ける事となり、2014年8月から順次改修が行われている。内容は、既生産車の最終量産バッチ相当への改修、車体下部追加装甲(Underbody Improvement Kit, UIK)の装着、改良された自動消火システム(Automatic Fire Extinguishing System, AFES)の搭載などである。

オシュコシュ社では2013年に、同社で開発した無人自動車"テラマックス"のシステムをM-ATVに搭載する計画も発表している。この改修によりM-ATVが無人地上車両(UGV)となり、工兵部隊での対IED任務や危険地域での移動経路確保任務などへ利用可能であると提案されている[13]

また2015年2月には、M-ATVにM230 30mm機関砲RWSを介して搭載し、射撃するデモンストレーションが行われた。

2015年8月25日には、アメリカ軍の進める次期軍用車両の調達・配備計画である"JLTV"(Joint Light Tactical Vehicle, 統合軽戦術車両)計画の車種に、オシュコシュ社のL-ATVが選定された。JLTVは現在アメリカ軍で広く使用されているハンヴィーシリーズ全体の後継車種になる事を目的としており、第一弾の契約では約67.5億ドルの予算で17,000両のL-ATVが導入される予定で、最終的には53,582両が総額535億ドルで調達される大型契約となる予定である[14][15]。このL-ATVは、M-ATVの実戦での運用評価に基づいて開発された兄弟車両で、重量はM-ATVの2/3程度と軽く、より機動性の高い汎用車両である。

バリエーション[編集]

アメリカ軍による形式分類[編集]

M1240
OGPK(装甲銃塔)を搭載した基本型。
M1240A1
M1240に車体下部追加装甲(Underbody Improvement Kit, UIK)を装着した車両。
M1277
M153 CROWS IIを搭載した発展型。
M1277A1
M1277にUIKを装着した車両。
M1245
アメリカ特殊作戦軍(SOCOM)向けの発展型。
M1245A1
M1245にUIKを装着した車両。

オシュコシュ社による形式分類[編集]

M-ATV スタンダード
標準型。
M-ATV SXB
基本型。
M-ATV SXU
アップグレード型。
M-ATV SXF
特殊作戦向けの車両。
M-ATV エクステンデッド
積載容量拡張型。
M-ATV EXI
積載容量拡張型の基本型。
M-ATV EXE
工兵隊向けの車両。
M-ATV EXC
指揮車両型。
M-ATV EXM
野戦救急車型[16]
M-ATV 6×6
6×6輪駆動の拡張型。2015年10月の展示会に出典されたデモ用車両。車体重量約19トンであるが、最高速度・最小旋回半径は4×4輪駆動型と変わっていない。

画像[編集]

採用国[編集]

M-ATV採用国(2015年月時点)

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

アメリカ陸軍海兵隊特殊作戦軍空軍海軍で運用。総数8,722両。

クロアチアの旗 クロアチア

162両を発注し[17]、2015年に15両が特殊部隊(SFCOM)、5両がサポートコマンド(SCOM)、2両が憲兵隊、78両が陸軍に部隊配備された。残り62両は2016年に配備予定[18]

 ハンガリー

アフガニスタンでの作戦向けに一時的に運用。

ポーランドの旗 ポーランド[19]

2015年に特殊部隊が45両を導入。

サウジアラビアの旗 サウジアラビア[20]

エクステンデッド型を含め、450両程度を調達予定[21][1]

アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦

2011年に55両、2012年に750両を発注し、2013年8月に完納された[22][23][24]。2014年に44両を追加発注[25]

 ウズベキスタン

2015年に308両のMRAP車両の調達を発表。M-ATVの他、マックスプロクーガーが含まれる[26]

イエメンの旗 イエメン

武装勢力フーシが、UAEから鹵獲したM-ATVを保有している[27]

アフリカ連合

2015年に20両のM-ATVがアフリカ連合のソマリアでの平和維持活動向けに導入された[28]キャスパー装甲兵員輸送車の代替となる予定である。

登場作品[編集]

漫画[編集]

ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり
漫画版において、アメリカから供与され自衛隊が特地に持ち込んだ装備の1つとして登場。

ゲーム[編集]

コール オブ デューティ ゴースト
M2重機関銃OGPKを搭載している車両と、両方搭載していない車両の2種が登場する。

脚注[編集]

  1. ^ a b AUSA 2014 IHS Jane's speaks to Oshkosh Defence about their new M-ATV extended wheel base Intervention variant vehicle”. IHS Jane's (2014年10月22日). 2015年4月9日閲覧。
  2. ^ Tegler, Eric. "Oshkosh M-ATV - Specialty File". Car and Driver magazine, January 2010.
  3. ^ MRAP All Terrain Vehicle (M-ATV)”. Olive-Drab.com. 2015年4月11日閲覧。
  4. ^ Keri Wagstaff-Smith (2008年11月19日). “Companies gear up to pitch for MRAP contracts”. Jane's Defence Industry. 2015年4月11日閲覧。
  5. ^ Ben Goodlad (2009年1月16日). “MRAP manufacturers rev up for M-ATV competition”. Jane's Defence Industry. 2015年4月11日閲覧。
  6. ^ Nick Brown (2009年3月13日). “RG-31 fails to reach next stage of M-ATV contest”. Jane's Defence Weekly. 2015年4月11日閲覧。
  7. ^ Daniel Wasserbly (2009年7月1日). “Oshkosh lands coveted M-ATV contract”. Jane's Defence Weekly. 2015年4月11日閲覧。
  8. ^ Oshkosh to make new M-ATV. armytimes.com, 1 July 2009
  9. ^ Delivering the most well-protected vehicle for the warfighter. defpro.com
  10. ^ Cole, August "Oshkosh Wins $1.06 Billion Job for Mine-Resistant Trucks". Wall Street Journal, 1 July 2009.
  11. ^ Pentagon increases M-ATV requirement”. Jane's Defence Weekly (2009年6月11日). 2015年4月16日閲覧。
  12. ^ Daniel Wasserbly (2009年8月4日). “Oshkosh lands follow-on M-ATV order”. Jane's Defence Weekly. 2015年4月11日閲覧。
  13. ^ "Oshkosh Defense Unmanned Ground Vehicle Technology Offers Safer Means for Conducting Route-Clearance Missions". Oshkosh Defense press release, 12 August 2013.
  14. ^ Capaccio, Anthony (2015年8月25日). “Oshkosh Wins $30 Billion U.S. Army Contract to Build Humvee Replacement”. Bloomberg. http://www.bloomberg.com/news/articles/2015-08-25/oshkosh-wins-u-s-army-contract-on-30-billion-vehicle-program 
  15. ^ Oshkosh Beats Lockheed, AM General For Historic JLTV Win”. Breaking Defense. 2015年8月26日閲覧。
  16. ^ Oshkosh Defense Debuts M-ATV Tactical Ambulance at IDEX 2015”. Oshkosh Defense. 2015年3月3日閲覧。
  17. ^ "Croatia takes delivery of 30 MRAP MaxxPro armoured donated by the United States Government". Armyrecognition.com, 10 April 2014.
  18. ^ Croatia displays new AFV fleets”. Jane's Defence Weekly (2015年3月25日). 2015年4月10日閲覧。
  19. ^ MRAP-y dla komandosów. M-ATV dla Jednostki NIL - TVN24”. tvn24.pl. 2015年9月5日閲覧。
  20. ^ Oshkosh Defense Introduces New M-ATV Variants at SOFEX 2014 - Yahoo Finance UK”. web.archive.org. 2015年9月5日閲覧。
  21. ^ Saudi Arabia; Army negotiating MRAP buy - Dmilt.com, 27 September 2013.
  22. ^ "UAE orders 750 M-ATVs". armyrecognition.com
  23. ^ "Oshkosh Delivers M-ATVs to UAE". Defensenews.com, 24 September 2013.
  24. ^ SOFEX 2014: Oshkosh expands M-ATV range”. Jane's Defence Weekly (2014年5月7日). 2015年3月26日閲覧。
  25. ^ "United States approved major contract of MRAP vehicles for UAE". Armyrecognition.com, 27 September 2014.
  26. ^ US donates MRAPs to Uzbekistan”. Jane's Defence Weekly (2015年1月23日). 2015年3月5日閲覧。
  27. ^ Reuters Editorial. “Houthi attack sets refinery ablaze in Yemeni city Aden | Reuters”. reuters.com. 2015年9月5日閲覧。
  28. ^ MRAPs for Somalia”. strategypage.com. 2015年3月5日閲覧。

関連項目[編集]