M202ロケットランチャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
M202 FLASH
M202 FLASH.jpg
M202A1.png
種類 多連装焼夷ロケットランチャー
原開発国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ
開発史
開発期間 1970年代
製造期間 1978年-現在
派生型 M202
M202A1
諸元
重量 空虚重量:5.22kg
満載重量:12.07kg
全長 収納時:686mm
展開時:883mm

弾丸 M235焼夷弾
口径 66mm
作動方式 単発
初速 114m/s
有効射程 最小:20m
最大射程 750m(範囲目標)
200m(単一目標)
装填方式 4 rocket clip[1][リンク切れ]
照準 Reflex
テンプレートを表示

M202 FLASH (Flame Assault Shoulder Weapon) は、第二次世界大戦以前の火炎放射器を代替する焼夷兵器として1960年代に開発されたアメリカ製の携行ロケットランチャーである。

ベトナム戦争で試験運用された試作のXM191 ナパームロケットランチャーを基として設計された。

概要[編集]

M202A1には、4つのチューブに66mmのM74焼夷ロケット弾が装填される。M74ロケット弾は、約0.61kgの燃焼剤が入ったM235弾頭を装備しており、この燃焼剤はナパームと誤解されるが、実際には増粘自然発火剤 (thickened pyrophoric agent, TPA) である。

このTPAは、トリエチルアルミニウム (TEA) をブチルゴムによって増粘させたものである。有機金属化合物であるTEAは自然発火性をもち、空気中に曝露すると1,200°Cの温度で燃え上がる。この燃焼はアルミニウムによる強い白色の光を発し、ガソリンやナパームより高温である。この光は非常に激しく、距離によっては直接火に晒されずとも熱放射だけで火傷を引き起こす。

ロケットの口径は同時代のM72 LAWと共通であり、焼夷弾ではなく成形炸薬弾を搭載した対戦車ロケット弾の発射も可能である(実際にXM191ではそうであった)が、結果的にそのような弾薬はM202には開発されなかった。

右肩に載せて発射する設計となっており、立射・膝射・伏射のどれも可能である。射撃後は4発まとめたロケットを装填することにより、再使用が可能となっている。

以下の表は目標に応じて5割の命中弾を期待できる距離である。

この5割の確率は、4発同時発射した場合という仮定のものである。

標準的には大隊司令部に9つが配備されていたが、一般的には必要に応じて小銃小隊につき1つ配備された。ほとんどの携行ロケットランチャーと同様に専門の射手は存在せず、小銃手が通常の装備に加えて携行する。これが代替したM2火炎放射器よりかなり軽量にはなったが、依然として大きくかさばり、弾薬も信頼性にかけていた。結局、ほとんど運用されることはなくなってしまったが、一応はアメリカ軍の装備品として残っている。

最近では米軍が焼夷弾だけでなくサーモバリック爆薬も用いるようになり、アフガニスタンへ派遣された米軍の棚卸物資にM202A1が記載されている。

運用国[編集]

登場作品[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ TC 23-2 66 mm Rocket Launcher M202A1. US Army Manual, April 1978 (via Scribd)

関連項目[編集]