M325 (軍用車両)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
M325 ヌンヌン
Yad-Mordechai-Nun-Nun-1.jpg
IDF M325 ヌンヌン コマンドカー 初期型
基礎データ
全長 5.073m
全幅 2.080m
全高 2.370m
重量 2,600kg
乗員数 14名
乗員配置 キャブ2名、後部座席12名
装甲・武装
機動力
速度 100km/h
エンジン 6気筒 クライスラー227 3,700cc
100hp/74kW
懸架・駆動 リーフスプリング式四輪駆動
テンプレートを表示

M325 ヌンヌン コマンドカー(M325 Nun-Nun Command Car)は、イスラエルで開発、運用された軍用車両である。

概要[編集]

M325は、イスラエルオートモーティブ・インダストリーズ・リミテッド社(AIL社)によって、ダッジ パワーワゴンをベースに開発された四輪駆動の中型軍用車である。1970年-1993年まで、イスラエル国防軍(IDF)によって使用された。イスラエル軍では以前から、ダッジ ウェポンキャリア、およびダッジ パワーワゴンを使用しており、これらの後継車両として開発されたものである。ヘブライ語で"ウェポンキャリア"を表す言葉の頭文字から、"ヌンヌン"(Nun-Nun)というニックネームが付けられている。

AIL社では、M325を開発する前から、ダッジ M601 パワーワゴンのライセンス生産を手掛けており、イスラエル軍に車両を供給していた。1970年に、これまで使用していたダッジ パワーワゴン、ダッジ ウェポンキャリアを更新するため、M325が開発された。この車両は、ダッジ M601のシャーシクライスラーエンジンを搭載し、AIL社製の車体を載せたものであった。初期に生産されたモデルは、フロントグリルの格子が縦方向で、円形のヘッドランプを持っており、後期に生産されたモデルでは、フロントグリルの格子が横方向になり、ヘッドランプは長方形の形状になっている。また、後期モデルでは、ディスクブレーキパワーステアリングウインチの追加装備などのアップグレードが行われている。

戦歴[編集]

M325 ヌンヌンは、1970年からイスラエル軍への装備が開始されたため、1973年第四次中東戦争、および1970年代-80年代に掛けてのレバノン南部を舞台にした紛争で使用されている。また、M325は、レバノン内戦時のイスラエルの友好勢力である南レバノン軍にも供与されており、2000年に同軍が崩壊した後は装備を接収したレバノン国軍が使用している。

M325は1993年に前線装備から外され、後継として同じAIL社製の、M462 Abir が配備され、使用されている。ただし、イスラエル軍でM325と同年代に使用されていた小型軍用車M151が、それよりやや大型のハンヴィーに更新されたため、従来のM325の役割の一部は、ハンヴィーにも引き継がれていると考えられる。

退役したM325は民間に払い下げられ、現在もイスラエル国内などでその姿を見る事ができる。また、M325は、南米アフリカなどの数ヶ国に輸出され、軍用車両として使用されている。

使用国[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]