M7グレネードランチャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
M7グレネードランチャー
M1 Garand rifgren-shooting line.jpg
M7グレネードランチャーを装着したM1ガーランド小銃で発射姿勢を取るアメリカ兵訓練弾なので、ワイヤで繋がれている
種類 ソケット型小銃擲弾発射器
原開発国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ
運用史
配備期間 1943年-1957年
配備先 アメリカ合衆国
フィリピン・コモンウェルス1943年-1960年
関連戦争・紛争 第二次世界大戦
朝鮮戦争
フクバラハップの反乱

M7グレネードランチャー(M7 grenade launcher)は、M1ガーランド小銃用に開発された22mm ソケット型小銃擲弾発射器である。第二次世界大戦朝鮮戦争で広く使われた。制式名称はRifle Grenade Launcher, M7(M7小銃擲弾発射器)。発射には空包を用いる。通常の手榴弾投擲可能距離は30m程度だったが、M7発射器を使用した場合の射程は350m程度だったとされる。

開発[編集]

1941年アメリカ第二次世界大戦に参戦した時、アメリカ全軍においてマークII手榴弾が標準手榴弾として配備されていた。マークII手榴弾の投擲可能距離は最大でも32m程度で、その構造から装甲目標への有効な攻撃手段とは成り得なかった。さらに、投擲物として適正な重量に抑えるべく炸薬の量も限られており、炸裂時の致死半径は5.5m程度だったという。米軍では、こうした手榴弾の欠点を補うべく小銃擲弾発射器の開発を進め、M1903小銃向けのM1 グレネードランチャーとM1917小銃向けのM2 グレネードランチャーを開発した。1943年陸軍では全部隊の標準歩兵銃M1小銃に更新し、M1903小銃やM1917小銃はごく少数のみが残された。これを受けていくつかの改良を加え、より重い擲弾をより遠くへ飛ばせるように設計されたM1小銃向け小銃擲弾発射器がM7 グレネードランチャーである。M7 グレネードランチャー用擲弾の致死半径は10m程度であったとされる[1][2]。1943年に採用され生産が始まった[1]

構造・設計詳細[編集]

M7 グレネードランチャーは筒型の装置であり、一端をM1小銃銃口に取り付け、着剣装置を用いて固定する。そして、反対側に固定用クリップ付きの円筒形擲弾を差し込むが、この差込部に刻まれている溝は射程の目安を示しており、深く差し込むほど長射程が期待できる。発射には専用の高圧空包弾であるM3弾を使用する。M3弾は銃本体へのダメージが大きく、使用時にはM1小銃の半自動装填機能を無効化する必要があったため、M7 グレネードランチャー用の小銃は、他の小銃と区別されていた。ただし、緊急時には通常のM1小銃にM7 グレネードランチャーを装着して使用する事もあった。弾頭は通常の擲弾のほか、対装甲弾・発煙弾などいくつかのバリエーションがあり、また、通常の手榴弾に取り付けて擲弾の代用とするアダプターも存在する[1]。通常、1個小銃分隊あたり3つのM7 グレネードランチャーが配備されていた[3]。M7A1からM7A3までの改良型が存在する。

M7 グレネードランチャーには発射器本体の他にいくつかの付属品が存在する。M15補助照準器(M15 auxiliary sight)は銃床左側面に取り付け、曲射時の照準に用いる。台尻に取り付けるゴム製のクッションも存在する。

M1カービン用の小銃擲弾発射器、M8 グレネードランチャーはM7 グレネードランチャーとほぼ同一の構造を有している。発射にはM6擲弾用空包を用いる。

脚注[編集]

  1. ^ a b c Green, Micheal (2000). Weapons of Patton's Armies. Zenith Imprint. pp. 35–36. ISBN 0-7603-0821-7. 
  2. ^ Green, Micheal; Stewart, Greg (2004). Weapons of the Modern Marines. Zenith Imprint. pp. 25–26. ISBN 0-7603-1697-X. 
  3. ^ Sayen, John; Anderson, Duncan (2007). US Army Infantry Divisions 1944-45. Osprey Publishing. pp. 10. ISBN 1-84603-119-2.