MACO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
MACO
生誕 (1991-05-10) 1991年5月10日(28歳)
出身地 日本の旗 日本 北海道 函館市
ジャンル J-POP
R&B
職業 ミュージシャン
シンガーソングライター
担当楽器 ボーカル
活動期間 2014年 -
レーベル ユニバーサルミュージック
2014年 - )
事務所 ONEPEACE

MACO(マコ、本名非公開[1]1991年5月10日[2] - )は、日本の女性シンガーソングライター北海道函館市出身[3]

略歴[編集]

2014年

  • 2014年1月にはアリアナ・グランデの初来日公演でオープニングアクトを担当した[4]
  • 4月にはミニアルバム「22」をインディーズでリリース。配信チャートで総合1位を獲得した[3]
  • 7月にはユニバーサルミュージックからメジャーデビューミニアルバム「23」をリリースした[3]

2015年

  • 5月20日、1stシングル『LOVE』をリリース。
  • 11月4日、1枚目のオリジナルアルバム『FIRST KISS』をリリースし、アルバムをもとにしたワンマンライブも開催。

2016年

  • 2月3日、2ndシングル「恋心」をリリース。
  • 9月21日、2枚目のオリジナルアルバム『love letter』をリリース

人物[編集]

子どもの頃から家族の影響で洋楽を聞いていたとのこと。17歳より地元で音楽活動をしていたが後に上京[3]。当初はマライヤ・キャリーなどのメロディにオリジナルの歌詞を付けて歌っていたが、「自分の歌声を多くの人に聞いてもらいたい」という思いから[3]、洋楽を自身の解釈で訳し、曲調もバラードにして歌うことにしたという[4]。それらをYouTubeに公開していたが、その中の1曲テイラー・スウィフトの「私たちは絶対に絶対にヨリを戻したりしない」を2013年12月に公開したところネット上を中心に話題となり、2014年8月現在で再生回数は600万回以上に上った[3]。 楽曲「私たちは絶対に絶対にヨリを戻したりしない〜We Are Never Ever Getting Back Together (Japanese Ver.)」はゴールド認定。(シングルトラック、日本レコード協会[5]

E-girls鷲尾伶菜と仲が良く、2人のコンビは"わしまこ"と称される[6]

ウサギを飼っている。種類はネザーランド・ドワーフ。名前は、ドワフ。インスタグラムにたびたび登場する。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

配信シングル[編集]

発売日 タイトル
1st 2014年5月7日 We Are Never Ever Getting Back Together
~私たちは絶対に絶対にヨリを戻したりしない(Japanese Ver.)
2nd 2015年1月7日 幸せのはじまり
3rd 2015年8月14日 ふたりずっと
4th 2015年10月9日 Kiss
5th 2016年5月8日 24歳の私からママへ(Piano ver.)
6th 2016年6月10日 恋人同士
7th 2016年8月19日 love letter
8th 2016年9月2日 手紙
9th 2017年6月7日 恋の道

CDシングル[編集]

発売日 タイトル 規格品番 オリコン
1st 2015年5月20日 LOVE 通常盤(CD):UICV-5040
初回限定盤(CD+DVD):UICV-9101
20位
2nd 2016年2月3日 恋心 通常盤(CD):UICV-5048
初回限定盤(CD+DVD):UICV-9161
25位
3rd 2017年5月17日 恋するヒトミ 通常盤(CD):UICV-5062
初回限定盤(CD+DVD):UICV-9239
46位

アルバム[編集]

オリジナル・アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 備考
1st 2015年11月4日 FIRST KISS UICV-9143(初回限定盤)
UICV-1058(通常盤)
初のオリジナル・アルバム
オリコン最高5位、登場回数15回
2nd 2016年9月21日 love letter UICV-9209(初回限定盤)
UICV-1073(通常盤)
オリコン最高7位、登場回数6回
3rd 2017年11月15日 メトロノーム UICV-9266(初回限定盤)
UICV-1091(通常盤)
オリコン最高11位
4th 2018年12月5日 交換日記 PDCV-1030(ファンクラブ限定メリクリ盤)

UICV-1106(初回限定盤)

UICV-1106(通常盤)

ミニ・アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2014年4月2日 22 STBC-RE008 配信、ライブ会場、公式サイト通販限定
2nd 2014年7月23日 23 UICV-1036 オリコン最高10位、登場回数15回

デラックス・アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2014年11月26日 23 plus UICV-1041 メジャー初のフルアルバム
オリコン最高25位、登場回数13回

配信アルバム[編集]

  発売日 タイトル 備考
1st 2016年12月12日 My Acoustic

ベスト・アルバム[編集]

  発売日 タイトル 企画品番 備考
1st 2018年6月20日 BEST LOVE MACO PDCV-1011(完全数量限定版)

UICV-9283(初回限定版)

UICV-1096(通常版)

初のベストアルバム

収録曲の Dear My Friend は、

E-girls,Flowerの鷲尾伶菜とのコラボ曲

映像作品[編集]

  1. FIRST KISS TOUR 2016(2016年5月25日)
  2. あなたに初めて、手紙を書くよ。love letter Tour 2016 (2017年2月22日)

参加作品[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲
2014年03月26日 m-floFUTURE IS WOW RZCD-59572B
RZCD-59573B
RZCD-59574
16.FIND A WAY
2014年10月22日 SPICY CHOCOLATE渋谷純愛物語 UICV-1037
UICV-9063
2. うれし涙 feat. Che'Nelle & MACO[7](iTunes総合ソングウィークリーチャート1位を獲得[8])
2017年7月7日 V.A.『The best covers of DREAMS COME TRUE ドリウタVol.1』 UMCK-1571 7. 未来予想図II[9]
2017年7月12日 V.A.『サマー・ディズニー』 AVCW-63218 1. 星に願いを / Matt Cab × MACO × Celeina Ann
2. 美女と野獣 / Matt Cab × MACO
5. リフレクション[10]
2018年2月14日 V.A.『ドリーム2~ディズニー・グレイテスト・ソングス~邦楽盤』 AVCW-63258 14. リフレクション

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名
末吉ノブ LOVE
ありがとう
不明 私たちは絶対に絶対にヨリを戻したりしない〜We Are Never Ever Getting Back Together (Japanese Ver.)
不明 ふたりずっと
不明 Kiss
不明 恋心
不明 恋人同士
不明 love letter
不明 手紙

タイアップ[編集]

曲名 タイアップ
幸せのはじまり 「楽婚」CMソング
LOVE ANB系「お願い!ランキング」エンディングテーマ
kiss YouTubeドラマ『ラストキス』主題歌
日本テレビ系『バズリズム』10月エンディングテーマ
SHINY STARS NHK・民放連共同ラジオキャンペーン in 北海道 「キタラジ」キャンペーンソング
青春の翼 映画『エール!』主題歌日本語版
恋心 テレビ東京系ドラマ『東京センチメンタル』主題歌
札幌テレビ「熱烈!ホットサンド!」2月・3月度エンディングテーマ
日記 テレビ東京系ドラマ『東京センチメンタルSP〜千住の恋〜』主題歌
恋するヒトミ ジョンソン・エンド・ジョンソンアキュビュー」CMソング
君のシアワセ テレビ東京系ドラマ『東京センチメンタルSP〜御茶ノ水の恋〜』主題歌

主なライブ[編集]

単独ライブ[編集]

  • MACO 初ワンマンライブ(2015年06月14日)
  • MACO -FIRST KISS- TOUR 2016(2016年)
  • MACO -LOVE LETTER- TOUR 2016(2016年)
  • MACO -今日もあなたに恋してますTOUR2017 (2017年)
  • MACO ‐メトロノームTOUR2018 (2018年)
  • MACO -BEST LOVE MACO プレミアムワンマンライブ~好きになってくれてありがとう!~(2018年)

イベント[編集]

  • 2014年05月30日・06月13日・28日 - m-flo TOUR 2014 "FUTURE IS WOW"
  • 2014年07月20日 - 音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2014 「夏開き 2014!!」
  • 2014年08月08日 - MTV ZUSHI FES 14 supported by RIVIERA
  • 2014年08月20日 - a-nation island ~VERBAL Presents OTO_MATSURI 2014 × m-flo TOUR"FUTURE IS WOW" Special Final~
  • 2014年08月30日 - a-nation stadium fes.
  • 2014年09月14日 - 若草山 MUSIC FESTIVAL 2014
  • 2014年09月14日 - THE BIG PARADE 2014
  • 2014年10月25日・26日 - T-SPOOK TOKYO HALLOWEEN PARTY
  • 2015年02月14日 - 東京ランウェイ 2015 SPRING/SUMMER
  • 2015年02月15日 - Coming Next 2015
  • 2015年03月07日 - 神戸コレクション 2015 SPRING/SUMMER
  • 2015年03月26日 - WE DO MUSIC
  • 2015年07月11日 - FEVER -OSAKA-
  • 2015年07月19日 - 茨城県音楽祭vol.3
  • 2015年08月09日 - MTV ZUSHI FES 15 supported by RIVIERA
  • 2015年09月19日 - SHIZUOKA COLLECTION 2015 Autumn/Winter
  • 2016年07月10日 - MBS presents 私のドリカム THE LIVE in 万博公園
  • 2017年04月29日 - SAPPORO COLLECTION 2017

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “ラジオっ子MACO異例の抜てき、応援歌を歌う”. 日刊スポーツ. (2015年7月15日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1507252.html 2016年10月22日閲覧。 
  2. ^ オフィシャルブログより
  3. ^ a b c d e f “MACO『テラスハウス』主題歌の日本語カバーで話題☆SNSやYouTubeで注目の新世代歌姫に迫る”. ORICON STYLE. (2014年7月23日). http://www.oricon.co.jp/music/artistnews/page/1276/ 2014年9月2日閲覧。 
  4. ^ a b “2014年期待のシンガーソングライターMACOに注目”. BARKS音楽ニュース. (2013年12月26日). http://www.barks.jp/news/?id=1000097971 2014年9月2日閲覧。 
  5. ^ 2014年8月
  6. ^ MACOとFlower鷲尾伶菜の“わしまこ”が仲良く「さしめし」 音楽ナタリー (2017年4月24日) 2017年6月18日閲覧
  7. ^ “SPICY CHOCOLATE アルバム「渋谷純愛物語」発売決定、新曲で清水翔太をフィーチャリング”. MUSICMAN-NET. (2014年9月17日). http://www.musicman-net.com/artist/39560.html 2014年11月26日閲覧。 
  8. ^ “SPICY CHOCOLATE、最新アルバム発売記念“ペア限定”プレミアムイベント開催”. Musicman-NET. (2014年10月22日). http://www.musicman-net.com/artist/40862.html 2014年11月25日閲覧。 
  9. ^ “ドリカムカバー集に井上苑子、GACKT、Da-iCE、MACO参加&フェスにD-LITE出演”. 音楽ナタリー. (2017年5月31日). https://natalie.mu/music/news/234777 2018年2月9日閲覧。 
  10. ^ “MACO、マット・キャブ、セレイナ・アンら参加のディズニーソング常夏カバー集”. 音楽ナタリー. (2017年7月12日). https://natalie.mu/music/news/240564 2018年2月9日閲覧。