MAMAMOO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
MAMAMOO
Mamamoo in 2016 Korea Sale Festa Opening Ceremony.jpg
左から ムンビョル 、ソラ、ファサ、フィイン
(2016年9月)
基本情報
出身地 大韓民国の旗 韓国
ジャンル K-POPR&B
活動期間 2014年 - 現在
レーベル CJ E&M
KakaoM
事務所 RBW
公式サイト 韓国語公式サイト
日本語公式サイト
メンバー ソラ
ムンビョル
フィイン
ファサ
MAMAMOO
各種表記
ハングル 마마무
発音: ママム
テンプレートを表示

MAMAMOO(마마무、ママム[1])は、韓国の女性音楽グループ。2014年にミニアルバム『Hello』でデビュー。

来歴[編集]

グループ結成[編集]

フィインとファサが最初に選ばれ、残りのメンバーが合流し、グループが結成された[2]。「Mamamoo」というグループ名は、元々はプロデューサーのキム・ドフンが作曲した楽曲[3]のタイトルであったが、メンバーたちがある機会にその曲を歌った際、良い名前だということでグループ名として使うこととなった。メンバーたちは「赤ん坊が最初に覚える『ママ』という言葉のように、原初的で本能的な音楽を歌う」という意味を込めている[4]。その他のグループ名の候補に、「中心になりなさい」という意味の「Balley Burton」、身長が160cmで同じということから「160」があった[5]。なお、このグループのファンは相棒という意味の「MUMURA」と呼ばれ、ファンクラブの名前は「ムム」(무무、MOOMOO)。ママムのム(무)が韓国語で大根という意味のため、応援グッズなど大根がモチーフに使われている。

2014年:デビュー、「Hello」と「PIANO MAN」[編集]

2014年1月、BUMKEYがフィーチャリングした楽曲「ヘンボカジマ(幸せにしないで)」を発表して注目を集め、2月にはフィインとK.Willによる楽曲「ソムナムソムニョ(気になる男、気になる女)」を発売、5月には同じ事務所のヒップホップデュオGeeksとコラボした「ヒヒハヘホ」を発表した。6月にはこれらの曲を含めたミニアルバム『Hello』を発売し、6月19日、Mnetの音楽番組「M! Countdown」にてアルバムのタイトル曲である「Mr.エメモホ(Mr. 曖昧模糊)」を披露して正式にデビューを果たした。その高い歌唱力と堂々としたパフォーマンスから「新人らしくない新人」などと報じられ、音楽ランキングでも上位にランクインした[4]。11月21日、EP「PIANO MAN」を発売。

2015年:「Pink Funky」と高まる人気[編集]

パフォーマンスを披露するMamamoo(2015年9月)

2015年4月2日、シンガーソングライターeSNaとコラボしたスペシャルアルバム『AHH OOP!』を発売し、2週間限定の活動を行う[6]。6月13日、モンゴルウランバートルで韓国大使館が主催する韓国とモンゴルの外交関係25周年を記念するイベントに出演し、パフォーマンスを行った。デビュー1周年を迎えた6月19日、アルバム『Pink Funky』をリリースし、タイトル曲「Um Oh Ah Yeh」の活動を行う[7]。この曲は商業的に成功を収め、ガオンチャートで最高3位を記録した。この曲の活動終了後、8月23日、ソウルオリンピック公園ウリ金融アートホールにて初のファンミーティング「1st MOO PARTY」を開催[8]。10月3日にはアメリカロサンゼルスで開催された第42回LAコリアンフェスティバルへ参加し、翌日にはフォンダ劇場にて初の海外ファンミーティングを開催した[9]

2016年 - 2017年:初の単独コンサート、「Memory」と「Purple」[編集]

8月13日、ソウル松坡(ソンパ) 区芳夷洞(バンイドン) のオリンピックホールで、MAMAMOOの初めての単独コンサート「2016 MAMAMOO CONCERT-moosical」を開催。同日、各音楽配信サイトを通じてユニットアルバム「Angel, DAB DAB」を公開。ボーカルメンバーのソラ&フィインの「Angel」とラッパーメンバーのムンビョル&ファサの「DAB DAB」の2曲がダブルタイトル曲として収録。 11月7日、EP「Memory」を発売。

2017年6月22日、「Yes I am(私と言えば)」をタイトル曲とした「Purple」を発売し、発売後すぐにMelonのリアルタイムチャートで1位に急上昇。さらに同楽曲で音楽番組1位を7回獲得した。

2018年 - 現在:「Yellow Flower」[編集]

2018年1月4日にシングルアルバム「Paint Me」を発売し、各メンバーが青(ソラ)、赤(ムンビョル)、白(フィイン)、黄色(ファサ)の衣装を着てMVに登場。今後、この4色を基調としたミニアルバムが展開される。3月7日に6枚目のミニアルバム「Yellow Flower」が発売された。7月16日に7枚目のミニアルバム「Red Moon」が発売された。

7月17日、日本公式サイトが開設。7月23日にはビクターエンタテインメントからの日本デビューが決定、それに伴いMAMAMOO JAPANコンサートツアーの開催も決定された。

メンバー[編集]

名前 プロフィール[10] [1]
ソラ
솔라、Solar)
  • 本名:キム・ヨンソン(김용선、金容仙、Kim Yong-Sun)
  • 生年月日: (1991-02-21) 1991年2月21日(28歳)
  • 血液型:B型
  • 身長:163cm
  • 体重:43kg
  • ポジション:リーダー、メインボーカル
  • 芸名は当初音楽的な名前を付けたくて「ドレミ」という名前を考えていたが、高音を担当することと、「太陽」という意味の「solar」に通じることから「ソラ」とした[11]
ムンビョル
문별、Moonbyul)
  • 本名: ムン・ビョリ(문별이、文星伊、Moon Byul-Yi)
  • 生年月日: (1992-12-22) 1992年12月22日(26歳)
  • 血液型:B型
  • 身長:165cm
  • 体重:45kg
  • ポジション:ラップ、パフォーマンス
  • 元々はボーカル担当だったが、今の事務所に入ってからポジションをラップに変えた。[12]
フィイン
휘인、Wheein)
  • 本名: チョン・フィイン(정휘인、丁輝人、Jeong Whee-In)
  • 生年月日: (1995-04-17) 1995年4月17日(24歳)
  • 血液型:B型
  • 身長:162cm
  • 体重:43kg
  • ポジション:ボーカル、パフォーマンス
  • ファサと同じ全州出身で、中学校1年生の時からの親友[11]。2人は足首に一生の友情のために、共鳴という意味を持つ「resonance」というタトゥーを入れている。[13]
ファサ
화사、Hwasa)
  • 本名:アン・へジン(안혜진、安恵真、Ahn Hye-Jin)
  • 生年月日: (1995-07-23) 1995年7月23日(23歳)
  • 血液型:A型
  • 身長:162cm
  • 体重:44kg
  • ポジション:ボーカル、ラップ
  • 1stアルバム『Hello』に収録された楽曲「ネマミヤ(私の気持ちよ)」はファサによる自作曲で、曲の途中でナレーションをしているのは彼女の父親である[14]

ディスコグラフィー(韓国)[編集]

フルアルバム[編集]

  • 2016年02月26日「Melting」 - 活動曲:넌 is 뭔들(You're the best)

ミニアルバム[編集]

  • 2014年06月18日「HELLO」 - 活動曲:Mr.애매모호(Mr.曖昧模糊)
  • 2015年06月19日「Pink Funky」 - 活動曲:Um Oh Ah Yeh [15]
  • 2016年11月07日「Memory」- 活動曲:Décalcomanie
  • 2017年06月22日「Purple」 - 活動曲:나로 말할 것 같으면 (私と言えば / Yes I am)
  • 2018年03月07日「Yellow Flower」- 活動曲:별이 빛나는 밤(星が降る夜/Starry Night)
  • 2018年07月16日「Red Moon」- 活動曲:너나 해 (あなたがやって/egotistic)
  • 2018年11月29日 「BLUE;S」-活動曲:Wind flower
  • 2019年03月14日 「White Wind」-活動曲:gogobebe

ユニットアルバム[編集]

  • 2016年08月31日「Angel, DABDAB」

デジタルシングル[編集]

  • 2014年01月09日「행복하지마(幸せにならないで) - with Bumkey」
  • 2014年02月11日「썸남썸녀(気になる男、気になる女) - with K.Will
  • 2014年05月30日「히히하헤호(ヒヒハヘホ)- with Geeks」
  • 2014年11月21日「Piano Man 」活動曲:Piano Man
  • 2015年04月02日「AHH OOP! - with eSNA」
  • 2016年01月29日「I Miss You」
  • 2016年02月12日「1cm의 자존심 (1cmの自尊心)」
  • 2016年09月21日「NEW YORK」
  • 2018年01月04日「Paint Me 」
  • 2018年03月30日「매일 봐요(毎日会おう)」
  • 2018年7月1日「장마 (Rainy Season)」

OST[編集]

  • 2014年07月20日 -「恋愛じゃなくて結婚」 - 「Love Lane(愛情レーン) OST Part 2」
  • 2014年09月18日 -「僕には可愛すぎる彼女」 - 「이 노래(この歌) OST Part 1」
  • 2015年02月16日 -「スパイ」 - 「My Everything (私 すべて) OST Code Part.4」
  • 2015年09月16日 -「モバイルゲーム」[イニシア・ネスト] - 「Girl Crush (女の子クラッシュ) OST Part.1」
  • 2015年10月02日 -「二度目の二十歳」 - 「별 (星) OST Part.6 - (ソラ) with 김민재」
  • 2016年04月04日 -「LG G5 & Friends」 - 「기대해도 좋은 날 (期待しても良い日) OST Part.1」
  • 2017年01月15日 -「トッケビ」 - 「LOVE OST Part.3」
  • 2017年03月24日 -「力持ちの女 トボンスン」 - 「Double Trouble Couple OST Part.5」
  • 2017年03月24日 -「マンツーマン」 - 「마음아 열려라 (心よ 開け) - OST Part.5」
  • 2017年06月14日 -「アイドルドラマ工作団」 - 「Deep Blue Eye (Prod By.JinYoung) OST Part.2 - (ムンビョル) with 슬기,디애나,김소희,유아,류수정,소미」
  • 2017年10月06日 -「Yellow」 - 「Shadow OST Part.1」(フィイン)
  • 2018年05月09日 -「You in My Dreams」- 「Suits OST Part.3」

ディスコグラフィー(日本)[編集]

シングル[編集]

  • 2018年10月03日「Décalcomanie -Japanese ver.-」
  • 2019年02月06日「Wind flower -Japanese ver.-」

受賞歴[編集]

年度行賞式典[編集]

年度 経歴
2014年
  • 第6回 Seoul Success Awards 2014 - 新人歌手賞
  • 第6回 Seoul Success Awards 2014 - スポーツ賞
2015年
2016年
2017年
2018年
  • 第27回ソウル歌謡大賞 - ダンスパフォーマンス賞
  • 第2回Soribada Best K-Music Award - 本賞
  • 第2回Soribada Best K-Music Award - 新韓流女性人気賞

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b プロフィール” (日本語). MAMAMOO JAPAN OFFICIAL FANCLUB「MOOMOO JAPAN」. 2019年6月7日閲覧。
  2. ^ Kstyle2016年04月09日
  3. ^ 後にデビュー曲となる「Mr.曖昧模糊」
  4. ^ a b kstyle 2014年7月16日
  5. ^ [1]
  6. ^ kstyle 2015年4月3日
  7. ^ kstyle 2015年6月19日
  8. ^ kstyle 2015年8月24日
  9. ^ kstyle 2015年10月1日
  10. ^ My Name, 마마무 (1)”. 2015年4月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月4日閲覧。
  11. ^ a b Kstyle2014年7月29日
  12. ^ MAMAMOO ムンビョル「覆面歌王」に登場…“元々はボーカル担当”” (日本語). Kstyle. 2019年6月7日閲覧。
  13. ^ WowKorea2018年7月2日
  14. ^ WowKorea2014年6月19日
  15. ^ 「Piano Man」を2nd Mini Albumとして「Pink Fanky」を3rd Mini Albumにするか曖昧になっている
  16. ^ http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2013018
  17. ^ HISTORY 2016 Winners” (韓国語). Asia Artist Awards組織委員会. 2017年10月23日閲覧。
  18. ^ http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2057266
  19. ^ 수상내역” (韓国語). Soribada. 2017年10月26日閲覧。